WOWOW×東海テレビ 共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察2 #03[字][解]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

WOWOW×東海テレビ 共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察2 #03[字][解]

百物語に参加し行方が分からなくなった小春(田辺桃子)の捜索依頼を受けた高槻(伊野尾慧)たち。やがてたどり着いた「開けてはいけない箱」の怪とは…?

番組内容
「君が手伝ってくれるなら高槻先生のことは諦める」。
尚哉(神宮寺勇太)に接触し、そう告げる寺内(小池徹平)。その声は歪んでおらず寺内の真意を図りかね困惑する尚哉。

一方、百物語に参加し行方が分からなくなった学食の栄養士・小春(田辺桃子)を探してほしいと依頼を受けていた高槻(伊野尾慧)たちは、岐阜県に伝わる「開けてはいけない箱」の伝承に辿り着く。
番組内容2
とある神社に祀られた箱を開ければ不幸が訪れるというのだ。調べていく中で小春の家の近くにある神社でも同様の伝承が残されていたことが分かる。箱の怪異が小春失踪に関係しているのか?小春の母・聡子(宮地雅子)の声が歪んだことにヒントがあるのではと悩む高槻だったが――。

そんな中、過去に尚哉と同じ怪異を体験して人の嘘が分かる能力を持つ千葉県警の遠山宏孝(今井朋彦)が高槻の研究室にやってくる。
番組内容3
県警の管轄内で4歳の女の子・千里(永尾柚乃)が行方不明になっているという。“八幡の藪知らず”という禁足地が関わる怪異ではないのか、と高槻に相談する遠山。禁忌を犯した人間が次々と失踪している事態。その陰に寺内の存在があるのではと高槻は考え始めるが――。
出演者
伊野尾慧(Hey! Say! JUMP) 
神宮寺勇太(King & Prince) 
岡田結実 
須賀健太 
高橋ひとみ 
吉沢悠 
小池徹平
スタッフ
【原作】
澤村御影「准教授・高槻彰良の推察シリーズ」(角川文庫刊) 

【脚本】
藤井清美 

【音楽】
信澤宣明 

【主題歌】
Hey! Say! JUMP「Break The Wall」(ジェイ・ストーム) 

【監督】
村上牧人 

【制作協力】
テレパック 

【製作】
WOWOW/東海テレビ
ご案内
【公式サイト】
https://www.junkyoju-takatsuki.com/  

【公式ツイッター】
https://twitter.com/tokaitv_dodra  

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/ 

【公式TikTok】
https://www.tiktok.com/@dodra_tokaitv

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 小春
  2. 高槻
  3. 寺内
  4. 神隠
  5. 千里
  6. 聡子
  7. 遠山
  8. リポーター
  9. 尚哉
  10. 遠助
  11. 先生
  12. ウソ
  13. 禁忌
  14. 女性
  15. バス
  16. 栗本小春
  17. 行方
  18. 子供
  19. 自分
  20. 失踪

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(高槻)栗本小春さんが
失踪したらしい。 神隠しみたいに。

(邦明)小春を最後に見た
という人が現れまして。

(聡子)どうしているのか
「見当もつかない」。

(高槻)小春さんが話した
話の原形は

岐阜県の
紀 遠助の話だと思うんだ。

(一)あなたは
ただの人間じゃない。 使命がある。

(千里)ごめんなさい。
(健司)寺内が彰良に

何かをするんじゃないかって
心配なんだ。

(一)お母さんに会ったよ。

心から 「君に会いたいって」。

この大学で 臨時の事務員として
働くことになったんで。

どうぞ よろしく。

♬~

(足音)

話したいことがある。

ご用でしたら
順番に お願いします。

大学の先生は 人使いが荒くって
大変なんですよ。

君が神隠しに遭ったのは いつだ?

13歳の誕生日。

警察には その記録がない。

そのころ 親が借金を抱えて
一家で逃げ回ってたんですよ。

刑事の お友達は
そのくらい調べてくれたんでしょ。

当時 ご両親が離婚前

君は鈴木 一だった。

それを聞いて 思い出した。

僕は 母が

鈴木さんの奥さんと息子さんと
呼ぶ2人に

会ったことがある 一度だけ。

たった一度でも

あの日のことは忘れない。

(婦人)天狗様 この前
ご相談した 両親の件なんですが

あれから すぐに解決したんです

ホントに
ありがとうございました

(婦人)天狗様 この間は
本当に助かりました

(婦人)私も天狗様の おかげで

子供が お受験に合格しました

♬~

あなたは輝いてた。

♬~

あの日 君は聞いたね。

♬~

(一)どうしたら
あなたみたいになれますか?

♬~

あなたみたいに 神隠しに遭えば

僕も 大人に振り回されずに
生きられると思ったんですよ。

♬~

でも 違った。

♬~

君は 本当に…。

♬~

あの時 僕は言ったはずだ。

♬~

僕みたいに
ならない方が幸せだよ

♬~

もうひとつ 言っておく。

深町君には近づくな。

(一)いいですよ。

やっぱり 僕に必要なのは
先生みたいだから。

(一)そうだ。

神隠しといえば
最近も起こってるみたいですね。

(一)小春さん
早く見つかるといいですね。

♬~

この前は ごめんね。
深町君を巻き込んでしまって。

(尚哉)気にしないでください。
あの程度で びっくりしてたら

先生の助手はできません。
たくましくなったんだね。

≪(ノック)
どうぞ。

(瑠衣子)先生。
(高槻)その様子だと

何か見つけたんだね。
はい 先生が おっしゃるとおり

紀 遠助の話は
『今昔物語集』にありました。

で 更に調べると

千葉県内にも似てる話が
伝わってるらしくて。

小春さんの家の近くの 鏡川神社。

そこにも 開けるなという箱が
祭られてるそうです。

すばらしい。
フフッ。

(尚哉)あの 俺…

紀 遠助の話 知らないです。

話は 遠助が 京から美濃国

今の岐阜県の南部に
向かう途中で

出会った女から 箱を届けてくれと
頼まれるところから始まる。

(小春)男は道で 見知らぬ女から
声をかけられました

「この箱を持っていって

私の知り合いに
渡してほしいんです」

小春さんの話と同じですね。

遠助は 女に聞いた。

「どういう人に
渡せばいいんですか?」。

女は答えた。
「相手は さる女性です。

あなたが 橋のたもとにいれば
向こうから現れます。

ただ この箱は
決して開けてはいけません」。

(尚哉)そこも同じですね。
そこから先が違うんだよ。

小春さんの話では
自分で箱を開けていたけど

遠助は 自分で箱を開けてない。

えっ?
嫉妬深い奥さんが

「さては 誰か他の女に
贈るつもりだな」。

疑って 箱を開けてしまったの。

(尚哉)中には くりぬいた目玉…。

(高槻)そして

切り取られた男性器が
入っていた。

えっ!?

で 遠助は 慌てて

すぐに 箱を閉じて
橋に持っていったの。

すると 女が現れて

「箱を開けましたね」と見抜いた。

♬~

(嵯峨)栗本小春さんという方が
お話しになったのは

この神社に伝わる話とは
違いますね。

この神社に伝わっているのは
紀 遠助の話を そのまま

登場人物の名前を
宗衛門と入れ替えた話です。

(嵯峨)こちらが 宗衛門が
預かったという箱です。

すばらしい!
入らないで!

僕は 罰が当たるとかは
気にしないので。

むしろ 怪異が体験できるなら
開けてみたいと…。

入らない! ちょっと…。
あぁ 開けないです 開けないです。

えっ?
(尚哉)あぁ~ すみません。

どうして?
はいはい はい そちらです はい。

あぁ~ すみません あの…
近くで見るだけでも ダメですか?

ええ。 ちょっと
いろいろ あったあとですので。

いろいろとは?

実は 少し前に
盗まれてしまいまして。

まぁ 戻ってはきたんですが
誰かが開けてしまったようで

箱を包む布の結び目が
変わっていました。

♬~

開けてはいけない箱を

開けた人間がいる
ということですか。

♬~

(高槻)百物語の時
難波君と谷村さんが それぞれ

やってはいけないことをやって
人が消えた話をしたよね。

あっ はい。

(難波)男の子が1人
消えてしまいました

(愛美)近くに住む人が
消えちゃった

禁忌を破った人間がいて
そのあと 人が消える。

何か 関係があるかもしれないね。

(難波)これが
しめ縄が切られてる写真で…。

(愛美)こっちが
神社の落書きです。

(高槻)これをやった人は
分かったの?

(難波)いいえ。
普通に考えれば

悪いことをした人に
罰が当たるんだけど…。

(難波)でも
いなくなった中学生は

悪ふざけとか
するタイプじゃなくて

真面目な子だったって。
(愛美)私の方も。

こういうこと しそうにないって。

(一)神隠しといえば
最近も起こってるみたいですね

♬~

人間を超えた存在として
迷う人たちを救ったり

道を踏み外した人を
罰したりしなきゃ

僕は もう 始めていますよ
高槻先生

♬~

何を?

♬~

♬~

(尚哉)遠山さん!

(遠山)あぁ。
久しぶりだね 元気そうだ。

それなりに
大学生活も楽しんでます。

あっ… ウソじゃありません。

そのようだね。
一切 声がゆがまない。

驚いたな。

私と同じ能力を持っていて
楽しく暮らせているのか。

まぁ それなりにですけど。

(高槻)八幡の藪知らず。

有名な禁足地ですね。

昔から 立ち入ると
神隠しに遭うといわれていて

現在でも このように
柵が設けられている。

(遠山)長谷部千里ちゃんといって
4歳の女の子です。

この子が 現在
行方不明になっています。

♬~

両親によれば…。

♬~

(麗子)千里 アイス溶けちゃうから
先に入るよ

♬~

(遠山)買い物から帰ったあと

少し 目を離した隙に
いなくなったそうです。

♬~

近所の人が 警察に通報し

現在 マスコミとは 報道協定を結び

警察が 行方を捜しています。

この子が いなくなったことと

八幡の藪知らずが
どう関係するんです?

♬~

あくまで ネットのうわさですが…。

♬~

(男性)
もし 女の子がいなくなったら

八幡の藪知らずに入ったことと
関係している。

禁忌を犯したら 神隠しに遭う。

それが おきてだ。

♬~

遠山さんには

この声が ゆがまずに
聞こえるわけですね。

ええ この男は
ウソをついていない。

♬~

これは 本当に
神隠しだと思いますか?

♬~

今は まだ分かりません。

でも…。

♬~

必ず まとめて解決します。

♬~

♬~

(高槻)小春さんを この橋の上で
ご覧になったんですよね。

(女性)ええ
あの たもとの辺りでね。

橋の真ん中で うつむいて
いたんじゃないんですか?

ご家族は 川に
飛び込んだんじゃないかって

心配していましたよ。
あぁ~…。

落ち込んだ様子で
うつむいてたのは ホントです。

話しかけなかったんですか?

(女性)目が合ったら
話したんでしょうけど。

背中から見ただけだから。

♬~

(高槻)こんな感じですか?

(女性)そう そんな感じ。

♬~

♬~

開けてはいけない箱を
開けたのは 栗本小春さんだ。

恐らく 他の失踪者も
自分で 禁忌を犯したんだと思う。

何のために そんなことを?

(健司)何のためかは知らないが

関係あるかも
しれないことならある。

どういうこと?
少し前から

全国で いくつか
失踪事件が起きていて

そのうちの何人かが
鞍馬で見つかってる。

そこが気になって調べていたら
ネットで こんなものを見つけた。

(キーボードを打つ音)

(尚哉)「失踪した人は、

やってはいけないことを
やったってほんとですか?」。

(瑠衣子)でも
失踪しても戻ってくるって

禁忌を犯した罰としては
中途半端じゃありませんか?

もちろん 発見された場所が
アキラ先生と同じ

鞍馬だっていうのは
気になりますけど。

瑠衣子君。

僕が 鞍馬で見つかったって
どうして知ってるの?

あっ…
「たまたま 新聞記事で見つけて」。

たまたま?

俺が教えた。

健ちゃんが?

(健司)寺内 一のことが
どうも気になってな。

怪異の どうのこうのいうのは
俺には分かんないから

協力してもらってる。

(高槻)深町君も一緒に?

そっか 僕のためなんだね。

(高槻)ありがとう。
やめろ。

(尚哉)すみません 行きます。
すみません。

ちょっと 逃がさないよ。

ほら。
あっ! ちょっ…。

ちょっと ちょっと 先生 先生。

(アナウンサー)
たった今 入ってきたニュースです。

千葉県で 4歳の女の子の行方が
分からなくなっています。

行方が
分からなくなっているのは

千葉県市川市に住む
長谷部千里ちゃん 4歳です。

千里ちゃんは 今月1日

家族で買い物に行った帰り

自宅前で 両親が見たのを最後に

行方が分からなくなっています。

千里ちゃんの
失踪当時の服装です。

千里ちゃんは みかん色の

ジャンパースカートを着ていました。

(アナウンサー)警察は 千里ちゃんが

事件に巻き込まれた可能性も
あるとみて…。

これで 目撃情報が出てくるかな。

(アナウンサー)
千葉県警では 広く情報を求め

千里ちゃんの行方を捜しています。

(男性)はい 千里ちゃん行方不明
捜査本部です。

僕 誘拐された女の子を
バスの中で見ました。

♬~

ええ もちろん。

いくらでも 捜査に協力します。

♬~

(男性)禁忌を犯したら
神隠しに遭う。

それが おきてだ。

(瑠衣子)これ 寺内 一に似てる。

♬~

恐らく つながっているんだよ。

♬~

全てがね。

♬~

♬~

(尚哉)こんなにですか。

(健司)行方不明者っていうのは
全国に たくさん いるんだが

俺が 関係あると
にらんだのは 23件。

うち7件で 失踪者が戻ってきた。

場所は 必ず 鞍馬なんだが

戻ってくるまでの期間は
まちまちだ。

見つかった時に 記憶は?

全員 ないと答えてる。

でも 記憶以外は正常で

洋服も 失踪時と同じものだけど
清潔だし

健康状態も良かった。

難波君の言っていた男の子が
これ。

谷村さんが言っていたのが
この人。

(尚哉)多分…。

♬~

少なくとも いなくなる法則は
分かったかもしれない。

SNSに 禁忌が行われた投稿が
あったあと

大体 10日後ぐらいに
失踪が起きている。

ホントか。

他の件も調べてみます。

♬~

(宮田)バスで ご覧になったのは
この子で間違いないですか?

(一)多分。

ここには みかん色の
ジャンパースカートとありますが

裾だけ 赤いチェックの布が
付いてたような。

(永谷)失踪した時の服装と
一致してます。

(宮田)寺内さんは
記憶力がいいですね。

ぜひ 詳しく お聞かせください。

(一)もちろんです。 僕も
「千里ちゃんが心配ですから」。

♬~

(一)僕は 5時ごろ
千葉駅行きのバスに乗りました。

そのバスに 女の子が一人で
乗っていたので気になって。

そうしたら その子は

蔵山公園ってバス停で
降りていってしまったんです。

一人で平気かなぁって
窓から見ていると

お母さんっぽい 若い女性が
駆け寄ったので

それ以上は よく見ていません。

白い帽子をかぶっていました。

茶色い髪で 長さは これくらい。

色の白い きれいな女性でした。

♬~

(一)それから そうだな…。

♬~

首元に ほくろがあった。

♬~

(永谷)失礼します。

♬~

(永谷)あぁ 俺だ。

千里ちゃんの母親が怪しい。
調べてくれ。

(宮田)今日は もう 結構です。

また
お話を伺うかもしれませんが。

(一)いつでも 呼んでください。

千里ちゃんが見つかって
ご両親のところに戻るのが

「僕の願いですから」。

♬~

(遠山)寺内 一というのは
そういう人物でしたか。

やはり 寺内は

千里ちゃんの神隠しに
関わっていそうですね。

(遠山)ただ 寺内の証言は

全てが ウソ
というわけではないんです。

これから
お見せするものに関しては

どうか ご内密に。

分かりました。

(遠山)寺内 一の証言どおり
2人は 同じバスに乗っています。

(遠山)
蔵山公園というバス停の前で

サラリーマンが 降車ボタンを押し…。

(遠山)これも証言どおり

千里ちゃんは 一人で降り
バスは発車します。

(遠山)寺内は この7つ先の
バス停で降りるのが

映像で確認できますし

その後のアリバイもある。

寺内が 千里ちゃんを誘拐するのは
無理だということですか。

♬~

♬~

(尚哉)寺内は 俺が
ウソが分かるって 気付いてます。

遠山さんも 気をつけてください。

ありがとう。 君も気をつけろ。

♬~

寺内みたいに ならないように。

♬~

特別な力は 人を闇に落とす。

(高槻)考えたくもないけど

寺内には 神隠しを起こす能力が
あるのかもしれない。

それが自分にもあるのかも
って言いたいのか?

もし そうなら ぞっとする。

母も 寺内も

特別だってことを
僕に押しつけるけど。

僕は嫌だ。

押しつけられるほど

子供の頃の
あの窮屈さを思い出して。

ん?

「窮屈」 それかも。

♬~

(ノック)

送ってきました。

何かに気付いたらしい。

出ますか? 「残念だけど」。

岐阜県には
ゆかりはありますか?

小春さんの行き先に
心当たりは?

(聡子)

(高槻)深町君は あの お母さんの
ウソに気付いていたのに

僕は見逃していたんだよ。

小春さんは みんなが言うように
幸せだと思い込んで。

何のことか 分かりませんけど…。

♬~

「残念だけど」?

♬~

瑠衣子君に電話しないと。

(バイブ音)

はい?

岐阜で調査?

ええ できますけど。

あっ ちょっと待ってください。
メモします。

(瑠衣子)分かりました。
失礼します。

♬~

(梅沢)やっぱ王道だわ~
(缶を開ける音)プシュ!

(大久保)何をごちゃごちゃと…
(缶を開ける音)プシュ!

(グラスの音)カチン!
<サントリー「こだわり酒場のレモンサワー」>

(香川)おっ!
「パーフェクトサントリービール」?
(堺)です
パーフェクト!!!

糖質ゼロがホントにうまいか
想定内か さて

んー!!!
断然うまい!!

<新「パーフェクトサントリービール」誕生>
圧倒 的

(ドアが開く音)
(邦明)あっ…。

(邦明)幹夫さんは
もうすぐ 戻りますので。

いいえ お二人と
お話しできれば 十分です。

お孫さんに

お母さんは 鬼にさらわれたと
話す件について 考えました。

(聡子)やって頂けますか。

子供には それが一番です。

(高槻)本当に
子供たちのためでしょうか。

小春さんが 鬼にさらわれたと
思いたいのは

あなた自身じゃありませんか?

自分の娘が 子育てを
放棄したわけではないと

信じたいんですね。

(高槻)小春さんは

開けてはいけない箱の
話をする時 言いました。

紀 遠助の話を変えて
小春さんに話したのは

あなたですね。

♬~

(高槻)最近では 桃太郎が
鬼退治に行ったあと

鬼は謝って 村人と仲良く暮らす
という結末で語られたりします。

残酷な描写を
子供に教えるべきではない

という考え方が

このような変更を
加えさせるのですね。

これと同じように 伝承は

語る人の意図で
変化することがある。

小春さんが語った話は
残酷な部分

男女の性や
嫉妬を感じさせる部分が

全て消されていた。

これは あなたが 小春さんを
そういったものから

遠ざけたかったからでは
ありませんか?

♬~

(高槻)あなたは

僕が 「岐阜県に ゆかりが
ありますか?」と聞いた時

ないと答えた。

あれは ウソですね。

♬~

(瑠衣子)聡子さんは 一時期

岐阜で
男性と暮らしてましたよね。

お子さんも産んだ。

でも その子を置いて
家を飛び出してしまった。

♬~

あなたが
小春さんに教えたくなかった

痴情のもつれが原因で。

♬~

(邦明)もう 隠せないよ。
言いなさい。

♬~

(聡子)おっしゃるとおりです。

(聡子)この人と結婚する前

私の人生には
いろいろ ありました。

♬~

(聡子)相手を疑って 嫉妬して。

♬~

(聡子)子供を放り出したことは

今でも やましく思っています。

♬~

(聡子)だから…。

(邦明)

(聡子)

あなたは これから
この子のためだけに

生きなきゃね

その言葉が 小春さんの人生を

母親であることだけに

窮屈に縛りつけて
しまったんじゃありませんか?

(聡子)そうなんでしょうか。

(聡子)
2人目の娘が産まれてから

小春は
つらいと言うようになりました。

(聡子)

(小春)

(小春)幹夫さんにも話したら
「ふ~ん」って

(小春)夫婦なんだから

ちゃんと 目を見て

優しくしてくれたって
いいじゃない…

(聡子)

そんな 女みたいなこと言って
はしたない

母親は母親
女でも人間でもないの

♬~

♬~

疲れているなら
仕事を辞めなさい

母親以上に 大切な仕事なんて
ないんだから

♬~

(幹夫)先生!

ハァ ハァ ハァ…。

妻のことで
何か分かったんでしょうか?

あなたは 小春さんに
戻ってほしいと思っていますか?

もちろんです。

(高槻)それなら どうして

今日も この前も
約束の時間に 仕事に出かけて

人任せにしたんです?

小春さんの ご両親に
頼るのは やめて

しばらく 仕事を減らして

あなた自身が 小春さんの悩みと
向き合うべきじゃありませんか?

小春さん
そうしてほしいんだと思います。

そもそも どうして 僕に

小春さん捜しを
依頼しようと思ったんです?

それは…
百物語の責任者だと聞いて。

「聞いて」?

誰に聞いたんです?

言葉のあやです。
「誰にも聞いてません」。

もしかして 寺内 一ですか?

それなら 寺内に

これからの 小春さんとの生活を
どうしていくか 話すんです。

そうすれば
恐らく 彼女は戻ってくる。

♬~

ホントですか?

どうしてですか?

♬~

残念だけど

そう簡単に 本物の怪異とは
出合えないからだよ。

(キャスター)続いてのニュースです。
行方が分からなくなっていた

千葉県の栗本小春さんが

見つかりました。

栗本小春さんは 先月…。

(高槻)これで はっきりした。

寺内 一は
自分の人生に疲れた人に

神隠しという形で 人生から
逃げ出すチャンスを与えている。

そして 問題が解決した人から
こうやって 戻ってくるんだ。

人助けをしてるってことですか?

♬~

迷う人たちを救ったり

道を踏み外した人を
罰したりしなきゃ

♬~

それだけなら
問題ないんだけどね。

(リポーター)
犬の散歩をしていた男性が

倒れている女性を…。
(リポーター)来ました!

(リポーター)たった今 小春さんが
乗ったと思われる車両が

到着しました。
(リポーター)栗本小春さんが

自宅に
帰っていらっしゃったもようです。

(リポーター)お話を。
何があったんですか?

(リポーター)何があったんですか?

(リポーター)何か ひと言
お願いします。

(リポーター)お体は
もう 大丈夫ですか?

(リポーター)ひと言 お願いします。

(リポーター)
失踪していた間の記憶は?

(小春)記憶は 「ありません」。

(リポーター)待っていた旦那さんや
娘さん ご家族は

皆さん 心配されていましたよ。

小春さんは ウソをついてます。

記憶はあるんだ。

少し 謎が解けてきた気がするよ。

すみません…。

あの これ
外に落ちてたんですけど。

♬~

♬~

また バイトを頼んでもいいかな?

はい。

ただ 依頼するのは僕で
断ってくれてもいい。

♬~

聞きます。

♬~

寺内がやっていることを
暴くには

これについて はっきりさせる
必要があると思う。

♬~

♬~

(高槻)神隠しに遭う直前
家族で 旅行に行ったんだ。

♬~

その時 僕は 禁足地

人が入ってはいけない場所に
入ってしまった。

♬~

つまり 僕も 禁忌を犯したんだよ。

♬~

僕が 12歳の時に起きたことと
向き合いたいって言ったら

手伝ってくれる?

もちろんです。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

新しい神隠しを作り上げた。
そこからが分からないんだよ。

すぐに 自由に飛べる。
先生が

どこかへ 行ってしまうとしても
俺が止める!