「ケイ×ヤク-あぶない相棒-」#3【鈴木伸之×犬飼貴丈×栗山千明】[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

「ケイ×ヤク-あぶない相棒-」#3【鈴木伸之×犬飼貴丈×栗山千明】[字][デ]

公安捜査官×ヤクザが禁断のバディに!闇に葬られた失踪事件を追う秘密捜査は、次第に巨大な陰謀へ…契約で結ばれた2人が挑む“あぶないサスペンス”!

出演者
国下一狼…鈴木伸之

英獅郎…犬飼貴丈

田口晶…徳井義実(チュートリアル)
葉月千夏…萩原みのり
中村雄司…松本利夫(EXILE)
大須匡…吉村界人


央莉音…栗山千明(特別出演)


野々村和彦…眞島秀和
     

大須公昭…板尾創路
番組内容
一狼(鈴木伸之)と獅郎(犬飼貴丈)は、莉音(栗山千明)の事件を追うため、同居生活を始めることに。一狼は、莉音が追っていた政治家4人の子どもたちの情報を探るため、協力者“S”を同窓会に潜入させる。一方、獅郎は大須総理(板尾創路)と密会し、息子・匡(吉村界人)のことを聞き出そうとする。莉音失踪の手がかりを手繰る2人だったが、2人の動きを嗅ぎつけた何者かが刺客を差し向け、一狼が襲撃を受ける―!
監督・演出
【監督】
白石達也
原作・脚本
【原作】
『ケイ×ヤク -あぶない相棒-』薫原好江(講談社「Palcy」連載中)
【脚本】
三浦駿斗
音楽
ノグチリョウ
【主題歌】
OCTPATH
【音楽プロデューサー】
茂木英興
制作
【チーフプロデューサー】
岡本浩一
【プロデューサー】
小島祥子
斎木綾乃
中曽根広樹
齋藤大輔
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/keiyaku/
番組公式SNS
【Twitter】
@keiyaku_drama
【Instagram】
@keiyaku_drama
【LINE ID】
https://lin.ee/UkRdLb9

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. イヤホン
  2. 姉貴
  3. 大須
  4. 久保田
  5. 事件
  6. 幸子
  7. 関係
  8. 今日
  9. 誕生日
  10. 田口
  11. 年前
  12. 連絡
  13. 一狼
  14. 音楽祭
  15. 獅郎
  16. 情報
  17. 両親
  18. 澤口
  19. ICレコーダー
  20. バイブ音

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(一狼)俺と手を組まないか?
2人で

先輩の事件の真相を
突き止めないか。

(獅郎)
姉貴は一体 何を調べてたんだ。

わからない。公安は すべての
情報を共有するわけじゃない。

姉貴は 殺されてンだぞ!

(莉音)ちょっと今
難しいことになってる。

先輩は俺に
何か言おうとしてたんです。

死亡確定なんて 納得いきません!

姉貴が遺した手帳だ。

事件に関係あんじゃねぇか
っていうメモがあった。

全員 政治家だな…。

捜査に政治的な圧力があっても
おかしくないな。

東永大附属中学?

4人の政治家の子どもたちが
そこの同級生だった。

共通点は子どもか。

大須総理の長男 大須 匡。

皆民党代表 森川将太の次男
森川大貴。

無所属議員の
澤口幹彦の三男 澤口 実。

そこの系列病院に
明光党の代議士

東 高茂の長女が入院してる。

東 幸子か。病室発見。

了解。
先輩は 行方不明になる少し前

この病院を訪ねた可能性がある。

(幸子)ああ!
ああ!はぁ はぁ…。

大丈夫か。

学校 行ってた時に
何か あったのかもな。

彼女を苦しめてる
20年前の出来事について

調べてみる価値はある。

姉貴…手掛かりが掴めてきたよ。

(澤口)
ああ 俺だ。昨日は清掃員が
入るはずじゃなかった。

それなのに…
幸子に接触した人間がいる。

♬~

(蒼井)お疲れさまです!
おう。

(蒼井)
頭 例の物 ご用意できました。

あ…サンクス。

(赤松)何すか 今の?
(蒼井)合鍵。

作っておくよう 言われてたんだ。

おい!

離れろ。おまえに荷物だ。

あ これ…。

助かる。

え どういう事っすか!?
やめなさいよ あんた。

俺の里親。縁切ったのに
毎年 送ってくんだよ。

そういえば
もうすぐ誕生日だったよな。

何か欲しい物があるなら
用意するぞ。
はあ?

しばらく世話になるんだ。
それぐらい礼儀だ。

い~よ んなもん。
本当の誕生日かも わかんねえし。

♬~

♬~

また そんな甘ったるいもん
食べてるのか。

もう少し
健康に気をつかった方がいい。

うるせえな
押しかけてきたクセに。

♬~

いただきます。

♬~

♬~

おまえの方こそ
よく朝から自炊なんて出来るよな。

これで1日の生活リズムを整える。
マインドフルネスだ。

フッ…。

今日だったな。

呼び出しだ
呼び出し?

峰上組に入って
唯一の成果だよ。

あの4人の
政治家のうちのひとり

連絡を取り合ってるのか。
相手は誰だ

大須公昭。
総理大臣の大須公昭だよ

さっき 俺のSから連絡があった。

今夜 東永大附属中の
創立記念パーティーがあるらしい。

卒業生が集まるっていうわけか。

Sには
潜入してもらうことにした。

東 幸子たちの関係性を
聞き出してもらう。

東 幸子の中学時代に
何があったのか…。

学校とか嫌いだったんで。

中学ん時には
行くの やめちゃって。

お姉さんは どうでした?学校…

あ…あっ!

あの…

ああ!ああ!はぁ はぁ…

ああ ごめんなさい!
ごめんなさい!

俺は パーティーが終わり次第

会話を録音したICレコーダーを
受け取りに行く。

あとで聞かせろ。
総理の方も 遅くはなんねえ。

無理はすんなよ。

そっちこそ。

♬~

(ピッ!)
(イヤホン:Sの声)はじめまして。

フリーランスで エンジニアを
やってる 川崎と言います。

卒業してから 誰とも
連絡取ってなかったんですけど

今日は ビジネスの人脈作りの為に
来ました。よろしくお願いします。

(イヤホン:男女の声)よろしくね。

♬~

♬~

会いたかった。

♬~

(イヤホン:Sの声)
2002年卒業?じゃあ もしかして
このテーブルの皆さんは

大須総理の息子さんと
同期ですか?

(イヤホン:男の声)そうそう 大須 匡。

(イヤホン:Sの声)
皆さん 仲が良かったんですか?

(イヤホン:男の声)
ん~ あいつが つるんでたのは
別の奴らだったなあ。

(イヤホン:女の声)
親が みんな政治家で…。

(イヤホン:男の声)
澤口 森川…東でしょ?

(イヤホン:女の声)それ!
(イヤホン:男の声)けど あいつらさ

突然 学校来なくなったよな?

(イヤホン:男の声)あ~ そういえば
そうだった。
(イヤホン:女の声)確かに。

♬~

(ピッ!)

(イヤホン:男の声)
確か 中2の
音楽祭の日からだったな…。

(イヤホン:女の声)
なんで 来なくなったんだっけ?

(イヤホン:男の声)
あの頃 あいつら何か コソコソ
盛り上がってなかったっけ?

(イヤホン:女の声)東 幸子 そのあと
学校辞めたよね?

(イヤホン:男の声)
で しばらくして
他の奴らが 復帰したと思ったら

一緒にいるところ
全然 見かけなくなってさあ…。

(イヤホン:女の声)
何かあったんだろうなって
噂になったよね!

(イヤホン:男の声)
そんなことより
ほらほら 飲もうぜ!ほら。

(イヤホン:男女の声)かんぱ~い!

(バイクのエンジン音)

もう 1年になるね。

初めて会ったのは もっと前。

親父に頼まれて

会員制の店の前に
迎えの車を出した時

当時 官房長官だったあなたと
偶然 鉢合わせて…。

思わず見入ったの
今でも思い出す。

目が合ったとき
すっごく ゾクゾクしました。

相変わらず 冷たいね。

(大須公昭)冷たい?私が?

俺 あなたのこと
何にも知らないよ。

それがお互いのためだ。

怖い?俺に秘密 握られるの。

俺はうれしいよ。
あなたの秘密になれて…。

♬~

知れば知るほど…

俺は あなたの傍にいられる。

♬~

(バイクのエンジン音)

(大須)
正直 おまえの親父が羨ましいよ。

うちの息子にも おまえほどの
クレバーさが あればな。

匡先生?

(大須)いつまで経っても
独り立ちの出来ん男だ。

あいつには まだ
地盤は継がせられない。

それって

いつかは 継がせようとしてるって
ことでしょ?

(大須)
子どもの頃から傍若無人で

せめて あいつの問題に
もう少し早く気付いていればな。

何をしたの 匡先生は?

すまん。もう時間だ。

♬~

はあ…。

(ドアの開閉音)

はあ…はあ…。

一狼。

はあ…はあ…。

何があった?

襲われた。

はあ…狙いは
ICレコーダーだったから

潜入させていたのが
バレていたようだ。

黒幕までは確認できなかった。

すまない。

でも 襲われたってことは

俺たちの読みが間違ってなかった
ってことじゃね~の?

ああ…。

(ICレコーダー:男の声)
澤口 森川…東でしょ?

(ICレコーダー:男の声)
けど あいつらさ
突然 学校来なくなったよな?

(ICレコーダー:男の声)
確か 中2の
音楽祭の日からだったな…。

(ICレコーダー:女の声)
なんで 来なくなったんだっけ?

(ピッ!)

中2の音楽祭か…。

総理が言ってた大須 匡の問題とも
関係ありそうだな。

俺たちが マークされたとしたら

東 幸子の病院に
行ったときだろうな。

じゃあ 俺がいたことも
バレてるってことか。

やはり 東 幸子以外の
3人にも話を聞きたいんだが。

Sと連絡が付かないんだ。

(男)久保田どうしたんだよ。

(杉本)すいません!
(男)うざいんだよ!

申し訳ありません。ですが

潜入していた男の方は
捕まえました。

(女)奴のスマホです。

あいつらを 誘き出せるかと。

(男)
だったら さっさと捕まえろよ。

いいか?必ず正体を突き止めろ。

はい…。
(男)ああ?

はい!

♬~

(大須 匡)クソがっ…。

(爆発音)
(耳鳴り)

(耳鳴り)

はあ…はあ…。

(携帯のバイブ音)

♬~

Sから連絡があった。

ずいぶん早いな。

おそらく 俺たちを
誘き出すための罠だろうな。

また待ち伏せされてるかも
しれないって訳か。

却って好都合だ。

♪~

しかし 妙だな
こんなところに呼び出すなんて。

誰もいないな。

♪~

♪~

いるか?
見当たらない。

ってことは どっかで
狙ってるはずだよな。

俺たちのこと。

♪~

♪~

誰かいる。

♪~

♬~

♬~

♬~

物騒なもん持ってんなあ。

誰の指示で動いてる?

(久保田)うるせえな。

おらっ!おらっ!
うっ!

(久保田)ああっ…くそお…。

ああ…。
うっ!うっ!

全部 吐け。

うっ!うっ!

答えろ!

わかってるのか?

仮に 主人のとこに
帰れたとしても

おまえに価値なんてない。

だったら取引しないか?
(久保田)取引?

おまえが貰ってる額の
3倍の額を払う。

(久保田)3倍?

♬~

3年前 この女性を拉致したのも
おまえか?

おまえが彼女を殺して
この動画を バラ撒いたのか?

(久保田)はあ…はあ…。

♬~

もう一度 聞く。

このまま死にに帰るのか?

そんな動画は知らねえよ。

んな言い訳 通るわけねえだろ!
(久保田)うっ…

俺は金で雇われただけだ。

誰に雇われた?
はっ…はっ…。

おまえに指示したのは誰だ!?

そんな怒んなよ。ハッハッハ…。

はあ…はあ…

自政党の…

大須まさ…。

(久保田)あっ!

♬~

おい!

(久保田)うわっ!

♬~

こいつが姉貴を…。

黒幕は大須 匡で間違いない。
だが…。

どうして姉貴は襲われたのか。

大須 匡たちが
学校に来なくなったという

音楽祭の日にち
覚えがあるんだ。

覚えてるか?20年前

東京テトラビルで起きた
爆破事件だ。

ああ。

単独犯の一般人男性が

興味本位で仕掛けた
手製爆弾によって

多数の死傷者を出す
大惨事となったテロ事件…。

あれは
音楽祭と同じ日に起きてる。

でも それが姉貴の事件と
どう関係あるっていうんだよ。

姉貴は20年前の事件を
調べてたのか?

わからない。

ただの偶然かもしれないが。

大須 匡は そん時は
まだ中学生だよな?
ああ。

中学生が あんな事件と
関係があったのかどうか…。

(耳鳴り)

すまん…。

爆破事件については
俺の方で調べてみたい。

当時 捜査を担当した
刑事に当たってみる。

わかった…。

(携帯のバイブ音)

は?自殺?

上着のポケットに遺書らしき
メモが残されていたらしい…。

情報が
操作されたかもしれないな。

はっ そりゃそうか。

背後に大須 匡がいるなんてことが
公になったら

日本中 大騒ぎだもんな。

どうなってんだよ。

俺らを嗅ぎ回ってる奴の
情報は得られないまま

雇った野良犬は
この有様か。ん?

(森川)どうせ
寝返りそうになったから

始末されたんだろう あの人に。

(澤口)警察やマスコミへの情報を
操作してくれてるんだ。

文句は言えないだろ!

おまえらさ
本当にそのままでいいのか?

いつまで
言いなりになってるつもりだよ。

(森川)
だからって逆らえないだろ?

あの人には あの時のこと
全部 知られてるんだ…。

(ドアの開閉音)

あ こんにちは。
こんにちは。

ご挨拶して ご挨拶。

お名前は何ていうんですか?
マルっていいます。

以上が 英 獅郎の監視に関する
現状報告です。

(田口)この短期間で
そこまで関係を築くとは

流石だな。

恐縮です。

(田口)
では 引き続き宜しく頼む。

部長…。

少し 気になることがあるんです。

昨日 豊洲で起きた自殺事件
ご存じですか?

(田口)それがどうした?

実は
英 獅郎の行動確認をする中で

偶然 近くにいたんです。

現場の雰囲気を見る限り
ただの自殺とは思えませんでした。

何が言いたい?

警察やマスコミに対し

どこからか圧力があったのでは
ありませんか?

それを君が気にする
必要があるのか?

いえ。ただ

そうして
事実が歪められている事例が

過去にも
あったのだとしたら…。

田口部長!
どうした

央先輩 急な任務にでも
入ったんでしょうか

3日前から連絡が取れなくて

部長?

先輩の件は
どうなったんですか?

央 莉音は死んだ。
それが上の決定だ

だとしたら 何だ?

失礼しました。

自分が知る必要のない
質問をしてしまいました。

また連絡する。

♬~

♬~

国下 公安部にようこそ。

央 莉音だ

納得いかない
仕方ないですよ。
上の命令は絶対です

へえ~。最近の若いもんは
物わかりが いいねえ~

へへへ…おほほ…
ちょっと ちょっと
こぼれますって!

忠実なだけじゃダメだぞ
国下…

おまえは真面目過ぎるんだよ
もっと ずるくなれ

はい

国下は
ちゃんと賢いんだから…

いつか 一人で迷った時は
自分の直感を信じろ

(刑事)東京テトラビル爆破事件?
どうして今さら…。

すいません 詳しいことは。

(刑事)
それなら課長に
聞いてもらった方がいいですね。

私は まだ新人だったので。

そうですか…では。

(追悼式典のアナウンス)

(時報)

黙祷。

(千夏)
ありがとうございました。

うぃっす~!
(千夏)あ 英さん。

お持ち帰りで いくつかケーキ
用意してもらいたくって。

おっ!?それって
もしかして もしか?

フッ 何やってんだろ 俺…。

(ドアの開閉音)

なんだよ 何やってんだよ。

あっ いや これは…。

誕生日ケーキの
代わりにしようと思ってな。

誕生日ケーキ?

俺も ちゃんと祝うつもりなんて
なかったんだが…。

祖母が昔 ケーキを
作ってくれたのを思い出して…。

その時 ありがとうって
言ってくれたんだ。

ありがとう?

どうして感謝されるのか
俺も当時は疑問だった。

でも 今なら何となくわかる…。

自分のせいで 誰かが傷つくのは
しんどいな…

無理はすんなよ
そっちこそ

でも 襲われたってことは

俺たちの読みが間違ってなかった
ってことじゃね~の?

こんな関係だけど
礼を伝えたいと思ったんだ。

何だよ それ。

別に俺 礼を言われるような
できた人間じゃね~ぞ。

少なくとも
俺は おまえに感謝してる。

ちょっと待ってろ。
もう出来るから。

いや 二人でやった方が早いだろ。

あっ そういえば
千夏ちゃんに聞いたぞ。

え?

まさか同じ日だったなんてな。

それって
もしかして もしか?

あれ?言ってないのかな。

今日 実は一狼の誕生日!

黙ってるなんて 水臭えぞ…

おめでとう 相棒。

♬~

♬~

久しぶりだな こうして
誰かの誕生日を祝うのも

祝われるのも。

獅郎。

おまえに聞いておいて
ほしいことがあるんだ。

何だよ。

今日は 20年前…

東京テトラビル爆破事件が
起きた

まさに その日だ。

だから 俺は…
誕生日が ずっと嫌いだった。

どういう意味だ?

俺の両親が死んだのは…
あの事件でなんだ。

え…。

あの日は 休日だったから

共働きだった両親も
仕事が休みで

一緒にプレゼントを
買いに行ったんだ。

はしゃぎ過ぎたんだろうな。

プレゼントを
見て回っているうちに

俺の方が疲れてしまって…。

両親は あのビルにあった
カフェで休憩することにした。

だけど 俺は…席を立って

風船を貰いに行ったんだ。

そして 風船を手に

両親のもとへ戻ろうとしたら…。

(爆発音)

♬~

お母さん…
あっ…お父さん…

♬~

それは別に おまえのせいじゃ…。

あの日…もしも 俺が

プレゼント
欲しがらなければ…。

あの日…もしも 俺が

疲れるほど
はしゃがなければ…。

あの時…もしも 俺が

風船を貰いに行かなければ。

一狼…。

わかってる…わかってるんだ。

(野々村)獅郎!ホットケーキ
焼けたよ!

やった~!

ハハッ…
君の誕生日ケーキだね~

いただきま~す!
よ~し

いただきます!
はい はい 食って 食って

(野々村)どうだ?
おいしい!

(野々村)
おいしい?ハハハッ…
アハハッ…

ハハッ…よかった よかった

♬~

(キャスター)速報です。
今月27日に起きた

東京テトラビル爆破事件で
警察は今日

都内に住む無職・野々村和彦
容疑者を逮捕しました。

野々村容疑者は
今日 自ら警察署に出頭し

警察が野々村容疑者の自宅を
調べたところ 爆弾の材料と…

♬~

一狼 俺…。

どうした?

いや…。

(ため息)

すまなかった。こんな話。

おまえの誕生日であることには
変わりないのに。

(携帯のバイブ音)

千夏からだ。
毎年 送ってくれるんだ。

♬~

(通知音)

冷えてきたな そろそろ戻るか。

ああ…。
(携帯のバイブ音)

所轄の刑事からだ。

爆破事件の情報か?

どうした?
何か わかったのか?

それが 事件について
知りたいなら

直接 上司に話した方が早い
と言われた。

上司?

当時 管理官として
現場に入っていたのは

俺の今の上司である
田口部長だったらしい。

♬~

田口って…俺の監視を命令した?

ああ…。

♬~

(田口)ああ…。

(田口)さすがに…

気付き始めたらしいな
国下たちも。

担当だったんなら…

おまえの両親が
そん時に亡くなったことも

知ってたんじゃねぇか?

部長とは 普段から
最小限の話しかしない。

そいつ…
姉貴の上司だったんだろ?

だったら
姉貴が20年前の事件を

調べ直してることも
知ってたはずだ。

なのに…姉貴が消えても
おまえに何も教えなかった。

教えたら 姉貴が
知ろうとしたことを

おまえも
調べると考えたからだ。

何が言いたいんだ?

そいつは
まだ 何か隠してる…

違うか?

♬~

♬~

♬~

<このドラマを もう一度
ご覧になりたい方は TVerへ>

言っとくけど おまえの
寝床なんて 用意しねぇからな。

問題ない。
任務中の雑魚寝には慣れてる。

家賃 光熱費 その他もろもろ
しっかり払ってもらう。

これも任務の一環だ。
全て経費で賄える。

国民の血税を
なんだと思ってんだ。

おまえが いらないと
言えばいい話だろ。

いるに決まってんだろ!
チッ…くそっ!

なんだ…包丁も
フライパンも ないのか?

冷蔵庫の中も
ほとんど 空だったぞ。

うるせぇな~。
自炊なんてしねぇんだよ!

全て 揃えておく。

安心しろ!
こっちは俺の財布から出す。

おい!ウロウロすんな!

包丁 フライパン…。
おい!…おい!

鍋 ボウル…。
おい!

おい!
すり鉢も いるな。

クゥ~っ!

今週も ご覧いただき
ありがとうございました。

このドラマの原作
『ケイ×ヤク‐あぶない相棒‐』の

コミックスを抽選で
20名様にプレゼントします。

今月発売の第7巻を含む
全巻のセットです!

ぜひ コミックスとドラマ両方で

僕たちのバディな活躍を
お楽しみください。

詳しくは
番組ホームページまで。

次回の『ケイ×ヤク』も…。
(2人)お楽しみに!