【よるドラ】恋せぬふたり(2)[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【よるドラ】恋せぬふたり(2)[解][字]

恋愛もセックスも分からずとまどってきた女性に訪れた恋愛もセックスもしたくない男性との出会い。この社会に生きる全ての人がきっと笑顔になれるラブではないコメディー。

番組内容
「家族になりませんか?」という咲子(岸井ゆきの)の同居提案に首をかしげる高橋(高橋一生)だったが最近悩まされているお節介なご近所さん対策になると思い直し受け入れる。咲子は高橋の役に立とうと懸命に頑張るが空回り気味で同僚のカズ(濱正悟)もその様子が気になりだす。そんな矢先母さくら(西田尚美)に同居の件がバレ、二人は恋人のフリをして母と父博実(小市慢太郎)たちの待つ咲子の実家へ向かうことに…。
出演者
【出演】岸井ゆきの,高橋一生,濱正悟,小島藤子,北香那,アベラ ヒデノブ,西田尚美,小市慢太郎
原作・脚本
【作】吉田恵里香
音楽
【音楽】阿部海太郎

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 咲子
  2. 高橋
  3. 家族
  4. 大輔
  5. 頑張
  6. 自分
  7. 祖母
  8. 彼氏
  9. カニ
  10. 一緒
  11. 味方
  12. セックス
  13. ハハハ
  14. モヤモヤ
  15. ルームシェア
  16. 結婚
  17. 言葉
  18. 全然
  19. 普通
  20. 部屋

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
宝島社
¥1,210 (2022/11/27 21:45:36時点 Amazon調べ-詳細)

最も典型的な事例なんですよね。

(咲子)私と恋愛感情抜きで
家族になりませんか?

(高橋)僕のことを… 舐めてます?

え!?

今の話の流れで なぜ その…

プロポーズまがいの発言が
飛び出してくるんでしょう?

プロポーズ!? 違います!

お話ししてて思ったんです!
私たちなら 恋愛とかなくても

家族みたいな
そんな感じになれるのかなって。

咲子さんも。
あっ はい。

確かに 僕も今
一人が寂しいとは言いましたけど

別に それを咲子さんに埋めてもらおうと
意図して発言したわけでは…。

分かってます!

ただ 私たちなら
解消できるんじゃないかなって。

一人での寂しさとか いろいろ。

僕が珍しいセクシュアリティー…
だからですか?

いや 珍しいとかじゃなくて その…。

じゃあ
ルームシェアができなくなったから

住む場所を探してる。

それも正直あります。
でも それだけじゃないです!

私 高橋さんの言葉に
ガ~ンってなったんです。

私 周りに合わせなきゃって思ってると

何て言うんですかね
こう… モヤモヤっとしてるんです。

モヤモヤ。
それが 高橋さんのおかげで

ちょっとずつ晴れていく感じがする
というか

こう… こうして知り合えたことに
奇跡的な何かを感じてるといいますか。

奇跡…。
だって… だって初めてだったんです。

モヤモヤ 一切しない
そのままの自分でいられたの。

「こんなふうにいられる人がいたんだ」
ってなって

嬉しくて嬉しくて。

いや~ 何回「嬉しい」って言うんだって
感じですよね。 ハハ。

せっかくいれてもらったのに
冷めちゃいましたね。

う~ん まあ でも 確かにお互いにとって
メリットはあるかもしれませんね。

ん? メリット?
ええ。

祖母が亡くなってから すごいんです
ご近所のお節介が。

はぁ。

夕飯の差し入れとかと共に
いろいろ持ってこられるんです。

姪っ子の写真とか
結婚相談所のパンフレット。

うわぁ。
咲子さんがいたら

それも なくなるかもしれませんね。

あんなブログを読んでくれてるなんて
咲子さん きっと いい人なんでしょうし。

お困りのようですし。

その困った顔を見てると
僕も困りますし。

僕も 1人暮らしには
飽きていたところなので。

例えば お試しで この家で
共に暮らしてみるっていう手も…。

是非!

お試し お願いします!

♬~

(チャイム)

やっぱり 正直うまくいかない気が…。

大丈夫です 私 頑張るので。

頑張る…。
はい!

祖母が使っていた部屋です。

おばあ様 お洒落だったんですね。

部屋の中のものは
自由に動かしてくださって結構です。

僕の部屋は 2階になりますので
何かあれば。 はい!

ありがとうございます。

♬~

(カズくん)
うまくいってないんだ? 新生活。

え?
あれ? 図星? 近いって。

何これ?
うるさいな~。

お~ ちょい ちょい ちょい~。 ハハハ。

ルームシェア始めて どんくらいだっけ?
もうすぐ1週間。

住んで即行 喧嘩したとか?
全然。

じゃあ 何よ?

むしろ 静かすぎて
ちょっと気まずいくらい。

何だ それ? じゃあ
家事の負担が めっちゃ多いとか?

ううん。

これは?
洗っておきました。

これが終わったら食事を。
庭掃除は

燃えるゴミの日の火曜か金曜にするのが
効率的でいいと思ってます。

あと 洗濯物は それぞれ
触られたくないものもあるでしょうし

各自で。
はい。

ごはん作りますので ご自身の支度を。
はい。

いろいろ気ぃ遣ってくれて
全部 私より完璧って感じで。

そいつ 最高じゃん。

じゃあ 何か 変な趣味があったとか?

変っていうか
まあ 割と珍しい趣味はあるけど…。

えっ 何してるんですか?

うどんです。
えっ?

じゃあ 昨日の朝の
キャベツが入った うどんも?

はい。 今日は きのこうどんです。

え~っ 楽しみ~!

割と 私も楽しんじゃってるっていうか。
お~ おっ じゃ いいじゃん。

分かった。
家賃とか生活費を多く払わされ…。

そういう話は また おいおいで。
でも お金のことは きちんとしないと。

今一番重要なのは そこじゃないですよね。
えっ?

一緒にいて不快か快適か
そもそも 一緒にいる意味はあるのか。

そういう感覚の確かめ合いというか。

じゃあ せめて 家のことは
もっと私にやらせてください。

私 頑張るので!
「頑張る」って何でしょう?

一緒にいて頑張るのは違うと思います。

いろいろあって 今は
いったん あっちが負担してくれてて…。

そいつ 最強最高じゃん!
俺が一緒に住みたいんだけど。

だよね~。
おう。

ん? えっ じゃあ じゃあ じゃあ
何で そんな顔してるの?

だって 何か 私ばっかりじゃない?
おっ 何が?

本当は 私がもっと頑張って
最高って思わせなきゃいけないのに。

なっ てか そいつ 男?
えっ?

いや 女友達と住むっての あれ嘘?
あっ 嘘じゃないんだけど

いろいろあって 実は…。
ルームシェアやめて

男んところ転がり込んだ?
新しい彼氏?

違うって。
いや 正直言ってみ~。 俺 口堅いから。

しつこいな~。
ハハ…。

とにかく 彼氏とかじゃないから!
何 怒ってんの?

怒ってないから! 電話だし!

なあ 怒んなって。
怒ってないから!

もしもし。
(さくら)届いたよ。

えっ?
カニ。

えっ?

カニ! 千鶴ちゃんから。

えっ?

手紙に「ルームシェアできなくて
ごめん」ってあるけど?

ねえ ちょっと勝手に読まないでよ。

あんた 今どこに住んでるの?
あっ えっと…。

誰か友達の家? 自分で部屋 借りたの?
あっ じゃなくて えっと…。

もしかして… 男の人と住んでるの?
あっ いや…。

「あっ いや…」って 何?
はっきり言いなさい!

高橋さん ごめんなさい。
どうしました?

うちの母が全然 話聞いてくれなくて

高橋さんのこと
完全に彼氏だと思ってて…。

あぁ。

うちの親って 絶対自分が正しいって
思ってるっていうか。

彼氏つくって 結婚して 子ども産んで
それで一人前とか言ってきて…。

とにかく困った感じで。

なら 放っておいてあげれば
いいんじゃないですかね。

えっ?
何をするにも

いちいち親に許可を取る必要なんて
ないですし

嫌なら距離を置くとか
連絡を無視してみるとか

とにかく咲子さんが自分を殺さないで済む
方法を探るべきだと思います。

あ~ でも 心配かけたくないとか
あるじゃないですか。

僕はないですね そういうの。

親がどうなろうと
知ったこっちゃないです。

疑問なんですけど 家庭を持って一人前
子どもを持って一人前って

何を根拠に言うんですかね?
あっ えっ?

子離れできずに
子どもを縛りつけるのが 親?

自分の価値観を押しつけるのが 家族?
あほらしい!

あの… 高橋さん?
僕たちみたいな存在を理解するどころか

認知もせずに 多数の意見を正しいと
押しつけてくる 家族最高信者や

恋愛至上主義や
私の言うことは絶対っていう親も

全部ポイッです! ポイッ!

すいません。 取り乱しました。

あっ いえ…。

あくまで個人の価値観なので
もちろん 咲子さんは ご自由に。

…はい。

いや~ でも焦りました。

母が「高橋さんとカニ食べに来い」って
しつこくて。

別に… いいですよ 食事くらい。
えっ いいんですか!? はい。

僕 カニ好きです。

えっ カニ!? はい。
えっ!?

つまり 僕が咲子さんの恋人のふりをする
ということです。

いや~ でも やめといた方が…。
絶対面倒なことになるし。

僕は 咲子さんのおかげで
近所のお節介がなくなった。

そのお礼と言ってはなんですけど
必要なら してもいいですよ。

恋人に擬態。

僕らの出会いは?
去年の会社の飲み会!

おつきあいは? 半年前。 千鶴との
ルームシェアがなくなったことを

きっかけに 高橋さんから結婚を前提に
同棲しないかと お誘いを受けた。

「高橋」ではなく 「羽さん」で。
はい。

あ~ あとカップルって何するんだろう?

手つないだりとか
腕に手を回したりとか?

咲子さん 人から触られることに抵抗は?
あっ 手ぐらいは。

あっ でも ベタベタ ジト~ッと
触られるのは ちょっと…。

高橋さんは不快ですか?
不快というより 苦痛ですね。

苦痛。

以前 職場のパートさんがやめる際に
抱きつかれたことがあります。

その時 そのパートさん 胸にハムスターの
プリントのついたトレーナーを着てて。

だから 今でもハムスターを見ると…。

ごめんなさい。 その時のこと思い出し…。
(みのり)お姉ちゃん!

あっ みのり!
わあ~!

え~っ! えっ 何 その人 彼氏さん?

え~ はじめまして。
(大輔)どうも。

妹のみのりと大輔さんです。

てか 何 2人
そんな間空けて歩いちゃって。

何 喧嘩中?
(大輔)ちょっと…。

ほれほれ くっついて くっついて。
ハハハ… すいません。

(みのり)ほらほら 手つないで。

えっ 高橋さん!?
擬態… 擬態のためです。

あっ ごめんなさい。 やっぱり駄目です。
あっ いえ 全然 私も ごめんなさい。

ほら。 ごめんなさいってことは
喧嘩中だったんでしょ?

はい 仲直り。
ギュ~でも チュ~でもして。

(大輔)妹の前で そんな ねえ
ベタベタしないって。 何 そういうもん?

(大輔)かっこいいですね。

(大輔)いや~ お姉さんに彼氏さんが
いたなんて 全然気付かなかった。

隠すの お上手ですね。 ハハハ…。

そうですかね ハハハ…。
はい どうぞ どうぞ。

はあ~ おっととと…。

あの 僕も何かお手伝いを…。
あ~ いやいやいや

羽さん もうゆっくり休んでて。
こんな高級なお酒まで頂いたんだし。

えっ でも…。
あの 何かあったら みのりを呼ぶから。

はあ? 妊婦コキ使う気?
あのね

男の人は
台所 うろうろしない方がいいの!

ちょっ お母さん それ 今 学校で言ったら
一発アウト。 職員会議ものですよ。

(さくら)でもね
世間一般的には そういうもんなの!

ふ~ん。 ねえ 今日 摩耶は?
あ~ 今日預けてきた。

あっちのじいじとばあばに。 何で?
え~ だって いろいろ話聞きたいじゃん。

はあ?
ねえ お父さん。 何か質問ないの?

(博実)いや そんなの別に…。
じゃあ 質問。

お兄さんは 何型 何年ですか?
(みのり)何だよ その質問?

O型 戌です。
えっ 一回り違うんだ~。

何か エロ~!
みのり!

大丈夫… ですか?
いいですね にぎやかで。

結婚は いつごろとか決めてるんですか?
ちょっと やめてよ。

高… 羽さん 困ってるから!
えっ じゃあさ

お姉ちゃんのお遊戯会のビデオ 見る?
見ない! お願いだから 迷惑かけないで。

(みのり)何で? 座って。
えっ? 座って。

じゃあ OK OK。 何?
はい。 じゃあ本題。

(大輔)はい。
お二人のなれ初めは?

(大輔)よっ!

えっと それは…。
やだ ポン酢 切らしてた。

あっ 僕買ってきますよ。
(さくら)あ~ だから くつろいでてね。

羽さん ゆっくりくつろいでて。
ほら 咲子 行こう!

えっ 私?
(さくら)ほらほら早く もう…。

お兄さん。 こちら どうぞ。
(さくら)行くよ 行くよ。

乾杯してないからさ ねえ。 はい。

ポン酢だけなら 私一人で行ったのに~。

よさそうな人じゃない?

電話で聞いた時 驚いたけど
でも よかった。

ずっと心配してたから あなたのこと。

まっ 心配しすぎだったか。
恋しない人なんて いないわけだし。

咲子が いい奥さんになるかどうか
分からないけど

でも 楽しい奥さんには絶対なる!
お母さん それは保証するから。

何かあれば サポートするし。
うん。

それだけ言いたかったの。
うん。

(大輔)じゃあ ご両親は 今どちらに?
いないんです。

(みのり)あっ あっ …っていうのは?
(大輔)あっ すいません。

あっ お亡くなりに…。

どこかで
まだ生きてるんじゃないでしょうか。

(みのり)
「じゃないでしょうか」っていう…。

分からないんです
縁を切ってしまっていて。

あ~…。

ただいま! ごはんにしよう!

あ… あの… あの…
それって どういう…。

幼い頃 両親は 僕のことを捨てたんです。

なので 僕も捨てました。

それは じゃあ 大変なご苦労を… ね。
大丈夫です。 苦労はないです。

僕は 祖母の愛情を
一身に受けて育ちました。

はい この話は終わり! ごはんにしよう!
カニ カニ! うん。

じゃあ 羽さんにも手伝ってもらおうかな。
はい 何でも。

これを。
はい。

まあ じゃあ あれだね。

これから お姉ちゃんと
普通に幸せになればいいんだ。

(大輔)うん それがいい!

2人で普通の家庭つくってさ そうやって
幸せになる運命だったんっすよ。

ですね。

(大輔)よし 食べよう。
(みのり)食べよう。

咲子さん 僕は何を手伝えば?

「普通の幸せ」って 何?

えっ?

ねえ 「普通の家庭」って 何?

どうしたの? 急に。

何で そんなに
失礼なことばっかり言えるの?

咲子さん。
ごめんなさい 高橋さん。

せっかく
恋人のふりまでしてもらったのに。

えっ ふりって何…?

あのね 私 最近分かったんだけど
多分…

アロマンティックで アセクシュアルなの。

えっ? えっ?
えっ 何 何? あっ アロマ?

あっ いい匂いするやつだ。

私 昔から全然分かんないの!
恋愛とか キスとか セックスとか!

セッ…!? セッて… 何言ってんのよ!
えっ 何で?

何で 子ども早くつくれとか言うのに
セックスって言ったら怒るの?

え~ ちょっと待って待って。
意味が分かんないんだけど。

いや だから言ってるでしょ!

私たち 別につきあってないし
恋愛感情とか一切ないの!

咲子さん 一度に全部理解してもらうのは
難しい話かと。

あれ? あの… LGBT的な?

あの… 授業で生徒に教えてますけど…
お姉さん あれですか?

えっ あれって何?

あれだったら 何か悪いの?
(大輔)あっ いや…。

もう 私やっぱ無理!

家族の前で嘘ついて
高橋さんにも嘘つかせて…。

大切な人の前でモヤモヤするのは
もうヤダ!

ねえ 何で みんな黙ってるの?

急にそんなこと言われたら困るでしょ。
お父さん フリーズしちゃってるよ。

あの 高橋さん。
はい。

あなたも この子と同じ ア… ア…。
アロマンティック・アセクシュアル。 はい。

その場合 試しに
一度おつきあいとかしてみるのは…。

ねえねえ お母さん
今の私の話 聞いてた?

だって
一緒に住もうとは思えたんでしょ?

なら いつか
恋が芽生えるかもしれないじゃない。

だから 私たちは そういうのはなくて…。

だってさ だって… だって…

恋愛感情のない男女が
家族になる理由ある?

お母さん
全然そういうの納得できないもん!

なら 納得も理解もしなくて
いいんじゃないですかね。

ただ 何で こういう時って

「こういう人間もいる」
「こういうこともある」って

話終わらないんですかね。

僕たちは 僕たちなりに

幸せな家族というものをつくれるかどうか
試してるんです。

(さくら)だ… で… だ… だけどさ…。

無理に…
無理に恋だの結婚だの しなくていい。

お父さん…。

お前が何者でも 俺の娘には変わりない。
とにかく うちに帰ってこい。

帰りましょう 高橋さん。

♬~

どうしました?

あの… さっきは すいませんでした。

咲子さんが謝ることはないです。

家族に あんなに怒るつもりなかったのに。

自分が どうありたいか
分からなくなるよりは

よかったんじゃないですかね。

何も言い返せませんでした。
「家族になる理由がない」って言われて…。

私 ずっと空回ってましたよね。

「頑張るのは違う」って
言ってもらったのに。

死んだ祖母は 朝 ごはん派でした。
えっ?

でも 僕はずっと
パンがいいなぁと思っていて…。

祖母が死んだあと
朝 パンにしてみたんですけど

なかなか しっくりこなくて

いろいろ試した結果
たどりついたのが 手打ちうどんです。

でも 朝 一人だと
手打ちをする気にはなれなくて…。

咲子さんがいたら
朝 おいしい手打ちうどんが食べられる。

ですから 僕にもメリットがあります。

え… 家族って そんなんでいいんですか?
家族を美化しすぎだと思いますよ。

でも 僕たちの関係を表す言葉が
ほかに見当たらないですし…。

確かに。

強いて言えば… 味方かなと。

味方。

咲子さんが 今日怒ってくれた時
申し訳ないなと思いつつ

何となく僕が思ってる
味方っぽさを感じました。

誰かに守られる感覚を忘れてました。

咲子さん ちょっとかっこよかったです。

えっ 私がですか?

それに 僕は 祖母に自分が何者であるか
言えませんでしたから。

まあ カミングアウトしなければいけない
ってことはないんですけど。

あっ それで言うと
私 あれ嬉しかったです。

「幸せな家族になる」って言ってもらえて。
ああ あれは…

はじめましての人に言う言葉じゃ
なかった。

じゃあ 僕たちのことを もう一歩
踏み込んで考えてみましょうか。

じゃあ 早速。

私たちのことを説明する時は
「家族」じゃなくて「味方」って言いますか。

あ~ 言ってみたものの
言葉にされると気恥ずかしいので 却下で。

はい 分かりました。
そしたら 高橋さんが「家族」って言う時

脳内で「味方」に変換しておきます。
はい お願いします。

あと 生活費のことなんですが…。

それを話すには お互いの年収を
提示しなければなりませんね。

あっ そうでした。
私たち順番が逆でしたね。

じゃあ それは置いといて
料理は僕が作ります。

おはようございます。
ごめんなさい 寝坊しました。

おはようございます。
昨日遅くまで話しすぎましたかね。

うどん買ってきました。
私が作るより絶対おいしいと思ったので。

おばあさんの分も
ミニサイズ買ってきました。

ありがとうございます。 頂きます。

じゃあ お湯入れますね。
お願いします。

あっ そうだ!
これ お手すきの時に ご記入願います。

高橋さん これは…?
アンケートです。

アンケート?
お互い 嫌な気持ちにならないために

必要だと思いまして。
はぁ。

ちなみに これは僕の回答です。

僕に気を遣って回答を合わせたりせず
ご自身のことを書いてください。

はい。

♬~

何これ?
ちょっと!

「性的な意味で魅力的」。
「性的な話を聞くことに嫌悪感」?

やめてってば!
これ 今の男が書けって?

いい加減にして!
今つきあってる奴 ヤバくないか?

だから… つきあっては…。
っていうか カズくんに関係ないよね!?

関係あんだろ!

は?

だって… 俺の女だから 咲子。

♬~

最悪だ。
だって 俺ら ギリつきあってんじゃん。

ちょっと カズくん 落ち着いて。
愛のないセックスは理解できても

セックスのない愛は
理解できないんですか?

しかたないじゃん 好きなんだから。
ごめんなさい!

ここを出て暮らした方が
咲子さんのためになるかもしれませんし。