真夜中にハロー! 第2話[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真夜中にハロー! 第2話[字]

ハロプロメンバーが出演&パフォーマンス披露!憧れの職場に転職したものの、中々馴染めずにいるゆうはにマリコは「扉を開ける」と言い、ある曲を流すと…。

詳細情報
番組内容①
ある日、ゲストハウス「サンプラザ朝沼」にご飯のテイクアウトはできるかとゆうは(岡本玲)が訪ねてくる。オーナー・マリコ(菊池桃子)とその娘・ミサキ(大原優乃)が詳しく話を聞くと、転職先の職場で行われるパーティでテイクアウトを用意する担当に選ばれたが、何を頼めばいいか悩み、以前サンプラザ朝沼で食べたカレーが思い浮かび訪ねてきたと言う。
番組内容②
新しい職場の文化にも中々馴染めていないゆうはに、マリコは「扉を開ける」と言い、ある曲を流すのだった…。
出演者
朝沼マリコ…菊池桃子
朝沼ミサキ…大原優乃

三田村ゆうは…岡本玲
企画
【企画・プロデュース】北野篤
原作脚本
【脚本】大歳倫弘
監督・演出
【監督】原廣利
音楽
【オープニングテーマ】OCHA NORMA「恋のクラウチングスタート」(アップフロントワークス)

【エンディングテーマ】モーニング娘。’22「I WISH」(アップフロントワークス)
関連情報
【公式HP】
https://www.tv-tokyo.co.jp/mayonaka_hello/

【公式Twitter】
@mayonaka_hello

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. GO
  2. YEAH
  3. 努力
  4. BEAUTIFUL
  5. STAR
  6. 会社
  7. 今日
  8. BOOM
  9. 三田村
  10. 松居
  11. 大丈夫
  12. 一度
  13. 奥村
  14. 仕事
  15. 場所
  16. 人間
  17. お願い
  18. ミドリ
  19. ALIVE
  20. FUNKY

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





created by Rinker
ポニーキャニオン

《人生って すばらしい。

そんな言葉を
よく 耳にするけれど

本当に そうだろうか?

うまくいかないことのほうが
はるかに多い人生で

私たちは いつ
どんな出会いがあれば

その 最高の瞬間に
巡り合えるのだろう?》

『ザ ピ~ス!』

うぅ… めんどくさ~い…。

ごはん?

うん。
それなら…。

いっちゃおっか?

今日 お客さん いないことだし
ラッキー!

それは アンラッキーなの!

なによ
アンラッキーを ラッキーと思うことが

人生 すばらしく生きるコツでしょ?

真っ昼間から 名言ぽい感じ
やめてよ もう 胃もたれする。

厳しいな~。

これ おいしそう!

高い!
ホントだ。

ウソ…。

それは お金持ちのお客さんが
頼むやつだから

庶民は… こっち。

う~ん…。
(玄関チャイム)

きた!
えっ?
ウソ 出前?

まだ 頼んでないじゃん。

ご予約ですかね?

あっ いや… あの ここって

ごはんだけのテークアウトとか
やってないですよね?

ですね~ ゲストハウスなんで…。

ですよね…。

すみません 失礼します。
あれ?

たしか
以前も 来てくれた方ですよね?

あっ はい。
LINEも 一度 交換して。

そうだ 覚えてるよ~
一緒に お祝いしたもんね

新しい仕事先 決まった とか。

あっ はい そうなんです…。

よかったら どうぞ。

事情も ありそうだし。

あっ はい ありがとうございます。

ありがとうございます。

ちょっと 話 聞くんでしょ?
聞かせるターンじゃないから。

そうだっけ?

続けてください。
はい…。

あっ それで
新しく入った職場なんですけど

独特なカルチャーが ありまして

月末の金曜の仕事が終わったあと
オフィスで パーティーが始まるんです。

終わりました~!
(終業ベル)

今月も お疲れ!
ウィー!

ゆうはも お疲れ。
お疲れさまです。

じゃあ… 始めますか~?

はい…。
ウィー ウィー…。

行こう 行こう…!

(社員たちの しゃべり声)

お疲れした~。
あっ お疲れした~。

お疲れ~。
はい はい はい はい…。

お疲れさまで~す。

行くよ。
あぁ…。

どんなんだろう?
中華に 1票。

中華… 中華いいよね。
いいね~。
なんだろう?

はいは~い
皆さん こちらです~!

アハハハ…。
ビールも 用意してます。

お~!
うぉ~!

えっ?
これ lotta love buonoのテークアウト?

わかる? あそこ

俺の友達の後輩が
始めた お店なんだけどさぁ

ぜ~んぶ オーガニックなの使ってて

最近
すごい人気 出てきちゃって

店舗も 増えてんだよ。

最近の トレンド交える感じ いいね~。
食べよ~。

あっ はい。
ありがとう。

それ言ったら 俺の友達も

今度 自分で新しく
創作和食の店 やるんだけど

今度 みんなで行こうよ!

(3人)いいね~!
(笑い声)

(ゆうは)忘年会を もじって

忘月会
っていうらしいんですけど

その月の仕事を
ねぎらうパーティーで

ずっと続いてる
カルチャーらしいんです。

そのイタリアンって
すごい高いとこですよね?

ですかね?
そういうのが わからなくて…。

ほら さっき言ってたとこ。
えっ? いいな~!

えっ よかったじゃない
楽しそうなとこ行けて。

だと思ったんです…。

でも 私 やっぱ
ついてけないっていうか…。

松居:あ~ おいしかった~。

ごちそうさまで~す!
どうも。
ごちそうさまで~す。

よきよき よき…。
あっ! 次の当番 どうする?

お~っ。
ここは

三田村さんってのは どう?
えっ?

(奥村)
俺らにはない センスってことで。

いやいや いや 私 こういうの
全然 詳しくないですし…。

ゆうは こうやって
いっつも ハードル下げてからの

ドン! っていうやつなんで。
出た そういうパターンね。

めっちゃ 楽しみにしてま~す!
(笑い声)

よっ!
マジで 楽しみにしてます。
よっ!

はい…。
(笑い声)

イエーイ!

そもそも
そういう雰囲気 苦手だし

私 これまで
仕事場と家の 往復だけで

そういうの 何も知らないんです。

持ち帰りも チェーン店ばっかだし…。

十分 おいしいじゃん。
いや そうなんです!

あっ でも… なんていうか
そうじゃないんですよね。

味より 情報が大事っていうか…。

そしたら なおさら
なんで うちなんですかね?

えっ だって カレー おいしいし…。
いやいや いや!

あんな高いイタリアンとは
太刀打ちできませんよ…。

やっぱ 無理ですか…。

まっ
うちが できることといったら

扉を開けることくらいですかね。

扉?
そう。

困ったときに
あなたを支えてくれる

と び ら。

扉って 開けるものですよね?

なんか…
こういうこと言うんです この人。

決まりました!

これが
私と みんなからのエールです。

まあ 5分くらい
つきあってくれたまえ。

はい。

はい。

大丈夫かな~ あの人。

あの人 いっつも 同じ顔してるよ。

前 来たときも
同じようなことで悩んでた。

会社のこと?
そう。

職場に なじめなくって
転職しようとして

で ここで 履歴書 書いてた。

やっぱ なんか作ってあげたほうが
よかったかな~。

う~ん どうかな~。

んっ?

なんか
あるもんで 少し やってみる。

ああいう お客さん

常連になってもらわないと
いけないし

うちは 訪れる人たちの
都会のオアシスなんだから。

大丈夫だと思うけどな~。

なに その自信…。

彼女には もう
頼もしい味方を つけてあるから。

う~ん…。

お疲れさまです。

な なんですか?

いや~ 今日 松居の
誕生日なんだよな~。
はぁ~。

それで ミドリちゃんと三田村さんに
ケンカしてもらうから。

なんでですか?
ドッキリじゃん。

うちの部署で
誕生日の恒例行事になってんの。

大丈夫 大丈夫 私がリードするから。

いや… 聞いてません…。

(奥村)来た来た 来た来た!

うん さっきの資料 見せて。
ああ…。

ちょっと!
はい。

この仕様書 どうなってんの?
全然 やる気 感じないんだけど。

あっ ごめんなさい…。

もう 私に 恥かかせないでよ!

いっつも 仕事も
後手後手の受け身ばっかでさぁ…。

なんのために うちに来たの?

ねぇ 答えなよ。

ねぇって!

それでは 志望動機を
お伺いしてもいいですか?
はい。

私 大学のころから

ずっと
この会社の作るものが 大好きで

だから
新卒でチャレンジして でも だめで

他の会社に 行きました。

だけど
ずっと 諦めきれなかったんです。

やっぱり
憧れの この場所で勝負したくて。

だから リベンジしにきたんです!

(ミドリ)なんで 何も言わないの?

だけど こんなだとは
思ってなかったんです…。

違う違う 怒り返して。

ごめんなさい!

お~い アハハハ…!

もう 何?
もう いいって そういうの。

もう
ちょっと なに やってんの~?

すみません…。
ミドリちゃんの芝居 怖っ!

私だけ 悪者じゃ~ん。
(笑い声)

ごめんなさい あの…
ホント あっ 私 なんも…。

やっぱ
三田村さんは まだ 無理か~。

三田村さんさぁ
その感じも わかるけど

そろそろ
うちのカルチャーにも慣れてよ。

逆に やりにくいから。 ハハッ…。
そうだ!

今日 あれの当番じゃん。

それで取り返そう ねっ。
お~。

はい…。

(奥村)楽しみ~。
(笑い声)

あっ すみません。

あの 今日って
そちらのお店って お持ち帰り…。

あっ だめですよね…
そうですよね~。

はい はい 失礼しま~す。

あぁ…。

ヤバい ヤバい…。

んっ?

(松居の声)「そろそろ 18時です。

今日 当番の方
ご準備 大丈夫でしょうか?

ってか 誰だっけ?」。
(奥村の声)「三田村さん」。

(松居の声)「三田村さん
よろしくお願いします」。

(ミドリの声)
「よろしくお願いします」。

「よろしくお願いします」。
「よろしくお願いしま~す」。

え~。

はぁ~。

んっ?

何これ? どういう意味?

開いた 扉?

おっ!
(扉が開く音)

何?

えっ?

いや… えっ?

扉…。

困ったときに
あなたを支えてくれる

と び ら

扉…。

えっ?

えっ? 何 これ?

ようこそ。
ハッ?

あっ えっ? えっ?
これって なんで?

ここは 楽屋。
楽屋?

えっ? どういう状況ですか?
あなたが

次のステージに向かうための
準備をするところ。

わかるわ。

誰だって 違う場所に溶け込むには
時間が かかるもんね。

でも もう 大丈夫。

んっ? えっ あっ あの あの…。
(扉が開く音)

あの… えっ? 誰?

ここにいる みんなは

ハロプロ研修生って手順を
飛び越えて

一般オーディションから 慣れない場所に
飛び込んでいったのよ。

研修って なんですか?

ゆうはも 今
わからないことだらけだよね?

なんで 私の名前 知ってるの?
私は 逆に

思い切って やるだけだって思って
切り替えたよ。

そこは 無視なの?

リハーサルの段取りなんか
全然 知らないもん。

右も左も わかんないし
周りは エリートばっかだし。

皆さんは どういう…。
えっ ちょっと!

アンジュルムとBEYOOOOONDSの
オーディション組じゃない。

ごめんなさい ちょっと意味が…。
要は 中途入社みたいなもんだよ。

じゃあ 時間だよ 行こ!

えっ? どこに?
ステージじゃん!

えっ あっ お~っ!

おっ あっ うわぁ~ うおっ!

何? えっ? どこ 行くの?
おっと おっ?

えっ? えっ?
えっ? これ どこ行くの?

ねぇ 待って… ハッ… えっ?

フフフフ…。
おっとっとっとっ…!

えっ? えっ?

あの… えっ…。

あっ… すみません…。

いえ あの あぁ… ここって…。

なんで?

「努力 未来 A BEAUTIFUL STAR」
あの ちょっ…。

「努力 Ah Ha A BEAUTIFUL STAR」
はぁ? 何?

「努力 前進 A BEAUTIFUL STAR」

あっ 何?
「努力 平和 A BEAUTIFUL STAR」

あの ちょっと
ここ どこか わかってんの?

大事な場所なんだよ。
知ってるよ。

だから 大事なことをしてんの。
えっ?

「COME ON!」
「ドッキドッキしてみたいな」

「DANCIN’THROUGH THE NIGHT」

「FUNKY FUNKY してみたいな」

「FUNKY! DISCOTHEQUE」

「We’re ALIVE SO 生きている」

「THE 人間 そう そう 人間」

「COME ON!」
確かに逃げるのも 必要だと思う。

だけど
努力してからでも 遅くなくない?

「BOOM BOOM BOOM BOOM」

「BOOM BOOM PUMP IT UP」

諦めるには まだ早い。

人間 誰だって悩んでるんだよ。
「YEAH YEAH YEAH YEAH」

「YEAH YEAH YEAH YEAH」

「YEAH YEAH PUMP IT UP」

「We’re ALIVE だって 悩んでる」

「THE 人間 YEAH YEAH 人間」

「アイドル リーマン ギャル子 ギャル男君」

「父ちゃんも母ちゃんも
みんなみんな」

「オギャーっと
この世に生まれた時は」

「丸裸さ GO! GO! GO! GO!」

えっ? 終わった?

こんな急に!?

どうぞ おかけください。

私?

はい。

実際 働いてみて 今 どうですか?

あのときの 面接の続きです。

もう一度 君の意思を
聞きたいと思っています。

あっ… 正直

今でも この会社への憧れは
持っています。

自分が作ったゲームの最初に
この会社のロゴが 出るとき

自分が 本当に
この場所に こられたんだって

じっくり 眺めてしまうくらい…。

でも… いつも 思ってしまいます。

この会社の人なら
どう考えるんだろう?

この会社らしさって
なんなんだろう? って…。

力なんか
少しも 発揮できてないんです。

たぶん… 私 まだ
この会社に 入れてもない…。

では もう一度 聞きますが

どうしますか? これから。

これから…。

素直に もう一度 書いてみたら?

そのままでもいいし
もう一度 心に聞いてみるの。

じゃあ いきま~す!

「HEY! GO! GO! GO! GO!」

「幸せになりたい
あなたを守ってあげたい」

「平凡な私にだって出来るはず」

「GO! GO! GO! GO!」

「幸せになりたい
愛情で包んであげたい」

「いくつになっても
WOW 青春だよ」

「GO! GO! GO! GO!」

「We’re ALIVE」

「努力 未来 A BEAUTIFUL STAR」

「努力 Ah Ha A BEAUTIFUL STAR」

「努力 前進 A BEAUTIFUL STAR」

「努力 平和 A BEAUTIFUL STAR」

(拍手)

This is the Hello!
えっ?

Hello?

あっ Hello…。

これから よろしくね!

えっ そう うん わかった。

うん じゃあね。

ハッハッハッハッ…!

もう いいみたいよ 心配しなくて。
なんで?

なんとかするんだって。
えぇ~!?

ハッハッハッハッ…!

一応 聞くけど これって…。

牛丼です。

あぁ…。

なんか あの
フリ的な あれなのかな?

あぁ…。
これが私の 勝負飯なんです。

大きな仕事 終わったあとや
ここぞ っていうときに

これを食べるって決めてるんです。

まぁ その

勝負 挑まれても… ねっ。

まあ おいしいけど… ねっ。

でも わかるわ~。

俺も 若いころ メッチャ 食べてたし。

そう 残業のあととか食うと
うまいんだよね~。

で メチャクチャ 仕事した~
って気になるんだよ。

(松居)あ~ わかる~!
あっ はい!

久々に見たら

なんか 普通に うまそうじゃん。

悪くないんだよね 結局。

はい どうぞ。 はい どうぞ。

(松居)じゃあ いただきます。
はいはい…。

よいしょ…。
うまっ あれ?

こんなに おいしかったっけ?

皆さんが 食べてない間に
おいしくなったんです!

う~ん 知らなかったな~。
う~ん!

今日 ビールどうする?
牛丼に合うか?

今日は いいだろ。
(奥村)いっか…。

(笑い声)

最高ですね!
(笑い声)

いいのよ いいのよ!
ねぇ!

あっ こっちは グループ違うから。
うん。

アンジュルムとBEYOOOOONDS。
どっちのグループも いいのよね~。

どっちも 最高です!
ありがとう!

知ってる曲 ある?
えっと これだけ聴いて… これ!

はい 神曲!
やった~!

筋がいい!
(笑い声)

おなかすいちゃった。

ミサキ おなかすいた なんか作って。

私も お願いしま~す!
いや 出前でいいじゃん。

ジャン! グッズなの!
えっ これも!?

そう かわいいでしょ?
かわいい!

もう… なんなの?

(笑い声)

う~ん 5枚まで!
あ~ ありがとうございます。

ほれたな~!
(笑い声)