鹿楓堂よついろ日和 #3/ご褒美ナポリタン&思い出のいちごクリーム大福[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

鹿楓堂よついろ日和 #3/ご褒美ナポリタン&思い出のいちごクリーム大福[字]

椿(大西流星)と角崎(白洲迅)がテレビ出演でスイーツ対決!?しかし人前に出るのが苦手な椿は、本番で頭が真っ白に。明かされる椿とスイ(小瀧望)の出逢いの秘密とは…?

◇番組内容
和風喫茶『鹿楓堂』を舞台に、店主でお茶担当のスイ(小瀧望)、料理担当・ときたか(葉山奨之)、スイーツ担当・椿(大西流星)、珈琲担当・ぐれ(佐伯大地)ら心優しき4人の着物男子が、極上のグルメと絶品スイーツでお客様をもてなしつつ、共に暮らすシェアハウスで大暴れ…!?誰かとたべる、幸せがある-人生にちょっぴり傷ついたお客さまの心とお腹を満たしていく、おいしくて優しい“癒やし系飯テロ”ドラマ開店です!
◇出演者
小瀧望(ジャニーズWEST)
葉山奨之
大西流星(なにわ男子)
佐伯大地

白洲迅

藤井流星(ジャニーズWEST)
◇原作
清水ユウ『鹿楓堂よついろ日和』(新潮社「月刊コミックバンチ」連載中)
◇脚本
泉澤陽子
◇監督
柴田啓佑
◇音楽
未知瑠

【主題歌】
ジャニーズWEST『黎明』(Johnny’s Entertainment Record)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【アソシエイトプロデューサー】都志修平(ジェイ・ストーム)
【プロデューサー】貴島彩理(テレビ朝日)、新野安行(ザフール)、疋田理紗(ザフール)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/rokuhodo/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 鹿楓堂
  2. 司会者
  3. お菓子
  4. 角崎
  5. 拍手
  6. イーストサイド
  7. グランデ
  8. パティシエ
  9. 職人
  10. イチゴ
  11. スイ
  12. テレビ
  13. ハハハハ
  14. リポーター
  15. 花子
  16. 角崎英介
  17. 自分
  18. 女性
  19. 番組
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



♬~

♬~

ふ~ん。 なるほどね。

(中尾 椿)お待たせしました。
抹茶のロールケーキです。

あれがパティシエかな…?

それから あれが…。

(東極京水)400円のお返しです。
ありがとうございました。

こちらのパティシエに
ごあいさつしたいのですが…。

はい!

椿くん!

はい!

抹茶のロールケーキ
なかなか おいしかったですよ!

これなら 合格点かな。

えっ?

実は 鹿楓堂さんに
お願いしたい事があるんです。

どういったご用件でしょうか?

ヘヘヘヘ…!

ハハハ…。

ハハハハ…!

テレビに出て頂きたいんです。

(4人)えっ?

(2人)ええーっ!?
(グレゴーリオ・ヴァレンティノ)ええっ!?

ハハッ…!
(永江ときたか)あ… あの…。

あっ 申し遅れました。

私 番組の仲介をしております
角崎と申します。

(卓上ベル)

『スイーツコレクション』
という番組は ご存じですか?

知ってる 知ってる!

(ぐれ)パティシエ2人が
テーマに沿ったスイーツを作って

一本勝負で対決する番組だよね?

(角崎)実は 来週
収録に参加する予定だった店が

急きょ
出られなくなってしまって

ちょっと困ってるんですよ。

それで うちの名前が挙がるなんて
光栄だなあ。

そうですね。
(ぐれ)いい話じゃん!

あの… 返事は また後日でも
よろしいでしょうか?

えっ?

ああ… 構いませんよ。

前向きに ご検討ください。

はい。

お風呂 上がった。
はーい。

『ミュージックスターショー』
始まっちゃうよ!

ちょっと ぐれ なんか着なよ!
着てるだろ。

これだって 本当は脱ぎたいけど
みんなが着ろって言うから。

寒くないんですか?
全然!

俺の魂が 熱く燃えてるから!

とにかく着ろよ 気が散るから!

はい。

『スイーツコレクション』の事だけどさ
どうする?

やろうよ!
テレビに出るの面白そうじゃん。

うん。 いい宣伝に
なるかもしれないですね。

そうだね…。

でも 無理に出る必要もないかな。
ねっ? 椿くん。

…出てもいいよ。

えっ… いいの?

そういうの 嫌いかと思ってた。

あのあとさ…。

どうも。

えっ… どうして…?

あなたと少しお話がしたくて
待ってました。

テレビ お嫌いなんですか?

えっと…。

深夜番組だし 軽い気持ちで
出ればいいじゃないですか。

どんなに腕が良くても
いろんな人に食べてもらわないと

せっかくのスイーツも
意味ないじゃないですか。

いいお返事 期待してますよ。

かわいい小さなパティシエさん。

♬~

(机をたたく音)

あいつ チビ扱いしやがって…!
ぶっ潰してやる!

そんな事があったんだ…。

それに
鹿楓堂の宣伝にもなるでしょ。

椿く~ん!

やめろよ! 子供扱いすんな。

偉いですねえ 椿くん。

椿くん 偉いぞ~!

やめろよ!
ありがとう 椿くん。

なんで 着てないんだよ!

頑張ろうね。
うう… やめろ…!

(司会者)それでは
張り切って参りましょう!

魅惑の『スイーツコレクション』!

(拍手)

(司会者)まず 最初のお店は
鹿楓堂です。

パティシエは 中尾椿さん!

(拍手)

♬~

テレビの収録って
こんな感じなんだ。

見ているだけで
椿くんの緊張が伝わってきますね。

ああ~ やっぱり

俺がアシスタントやれば
よかったかなあ…!

いやいやいや
スイは ここにいたほうが…。

お菓子が爆発すると困るので

フォローは
ぐれくんに任せましょう。 ねっ。

…うん。

そして 対戦するのは
イーストサイド・グランデ。

パティシエは
洋菓子界の若き新星にして 鬼才

角崎英介さん!

(拍手)

(司会者)角崎さんの名前を
知らなくても

角崎さんの作ったスイーツを

皆さん 一度は
食べた事があるでしょう。

この勝負
調理中も目が離せないですね。

(4人)ええーっ!?

(角崎英介)やっほー!

ちょちょちょ…
番組の仲介の人じゃなかったの!?

あの三ツ星パティシエの
角崎英介…!?

聞いてないよね!?

お手柔らかに お願いしまーす。

(司会者)イチゴを使った
思い出の一品。

それでは スタートです!
(銅鑼)

イチゴか…。

♬~

おお~。
動きが速いですね。

(司会者)洋菓子のカリスマの
鮮やかな手さばきをご覧ください。

絞り器。
はい。

さて 鹿楓堂のほうは
どうでしょうか?

椿くん 何したらいい?
えっと…。

(リポーター)何を作るか
もう決められましたか?

えっ…。
(リポーター)中尾さん お若いですよね。

鹿楓堂さんで働かれて
どのくらいですか?

得意なお菓子はありますか?

アピールがあったら
教えてください。

(師匠の声)言いたい事があるなら
はっきり言えよ!

あの… え… えっと…。

なんで 勝手なまねするんだよ!

お前一人で
やってるんじゃねえんだよ!

(職人)今日のお茶会で

勝手に 全員分の主菓子
変えちゃったんだって。

(職人)ええっ!?
(職人)誘っても 飲みに来ないし

腕があるからって うちらの事
見下してんじゃないの?

(職人)うちに来る前も
パティスリーとか和菓子屋を

転々としてたらしいよ。

もういい! お前はクビだ!

今すぐ荷物をまとめて 出ていけ!

(ぐれの声)椿くん。

椿くん!
(荒い息)

えっ…?

えっと… えっと…。

ちょっと失礼。

ボンジョルノ!
バリスタのぐれです。

本日は 鹿楓堂のとっておきを
お見せ致します。

お菓子作りのために鍛えた

この上腕二頭筋!

(拍手と歓声)

いーち! にー!

(ぐれ)サイドチェスト。

ダブルバイセップス!
(拍手)

(リポーター)おお~ 確かに
とんでもない筋肉美ですね!

ハハハハ…!

♬~

出ていけ!

♬~

どうして 言わなかったんですか?

あの男の子のためだって。

えっ…?
あっ すみません…。

私も 今日
お茶会に参加していたんです。

あの中に 乳製品アレルギーの
男の子がいましたよね?

去年 みんなと同じものが食べたい
って泣いていて…。

だから 全員分のお菓子を
変えたんじゃないんですか?

あの子 とっても喜んでましたよ。

待ってください!

お願いしたい事があるんです。

あなたに
お菓子を作って頂きたいんです。

僕に…?

ごゆっくりどうぞ。

(高岡花子)あら
このお花 スノードロップ?

ええ。 作ってくれた職人さんが
そう言ってました。

それじゃあ その方

花子さんの手術の事
ご存じだったのかしら?

えっ?
(花子)どうして?

スノードロップの花言葉は
「希望」。

(花子)えっ そうなの?

(女性)きっと
気を利かせてくれたのよ。

嬉しいわ…。

(女性)優しい職人さんね。

(花子)いただきます。
(女性たち)いただきます。

う~ん! おいしいわねえ。

あの…!

本当に ありがとうございました。

どうしても
それだけ伝えたくて…。

いや あの… そこまで言われると
正直 困るというか…。

困る?

そんなに喜んでくれたのに

最後のお菓子のつもりだった
なんて

ちょっと申し訳なくて…。
へっ?

製菓をやめて
違う仕事を探そうかと…。

えっ えっ えっ?
えっ?

私の店で一緒に働きましょう!

…えっ!?

えっ? ああ… いや
違うんです 違うんです!

あなたにやめられると
困るんです。

なんで あなたが困るんですか?

あんなに素敵なお菓子を

もう 誰も食べられないなんて
困ります!

っていうか 俺が嫌です!
もっともっと

あなたの作るお菓子を
たくさん食べたいです。

一生 食べ続けたいです!

何 言ってるんですか…?

あ… あれ…?

なんか プロポーズみたいに
なっちゃった…。

ああ… 違う!
いや そういう事じゃなくて

その 俺が言いたいのは…。
フフッ…。

フフッ… フフフ…。

いやいや あの…。

(2人の笑い声)

♬~

椿くん よかった…。

何を作るんでしょうか?
そうだね…。

♬~

頑張れ!

♬~

♬~

(司会者)両者 完成したようです!

それでは まずは

イーストサイド・グランデ
角崎英介さん お願いします。

イチゴのミルフィーユ

ムースリーヌと
ピスタチオクリームの

マリアージュです。

(審査員)うわあ~
色合いが鮮やかですねえ。

(女性)おいしそう~!

サックサク!
うん!

この生地は アーモンドを
キャラメリゼしているんですか?

よくおわかりで。

クリームに深いコクがありますね。

それに イチゴの酸味も
すごく爽やかだ。

洗練された味ですね。

♬~

(司会者)それでは

鹿楓堂の中尾椿さん
お願いします。

「粉雪」です…。

(司会者)えっ?

「粉雪」です!

イチゴクリーム大福に
冬の花を添えてあります。

♬~

さあ 勝つのは 鹿楓堂か?
イーストサイド・グランデか?

審査員の皆さん
お手持ちの札を上げてください!

(司会者)判定は…!?

さあ 勝つのは 鹿楓堂か?
イーストサイド・グランデか?

判定は…!?

♬~

勝者は
イーストサイド・グランデです!

(拍手)

(角崎)ありがとうございます。

格式ある
イーストサイド・グランデの名に

恥じない戦いができました。

(司会者)おめでとうございます!

(拍手)

(司会者)今回は残念でしたね。

中尾さんも 最後に ひと言。
えっ…?

あっ あの…。

失敗してばっかで

お前は駄目だって言われ続けて

自分は一人だって思ってたけど…。

鹿楓堂に出会って

ここなんだなって…
ここが僕の居場所だって…。

♬~

(4人)鹿楓堂へようこそ!

鹿楓堂の仲間たちが
いてくれたから

僕は お菓子を
作り続ける事ができました。

(スイ・ときたか)椿く~ん!
(ぐれ)アモーレ 椿く~ん!

やめろって…!

大人になったねえ~!
やめろって…!

かっこよかった…
かっこよかった!

(リポーター)
ちなみに なんと 店長さん

有名大企業の御曹司で
いらっしゃるとか?

へっ…?
ん?

ああ~ 終わった~!
椿くん 本当 お疲れさま。

椿くん 大丈夫?

さあ 俺の背中に乗って。
やだよ。

じゃあ 俺の背中に乗る?
人の問題じゃない!

今日の晩ご飯は

椿くんの好きなものを
なんでも作りますよ。

いいの!?
いいな~!

何がいいですか?
えっとね…。

わあっ! ハハハハ…!

サプライズ
楽しんでもらえましたか?

また 改めて
お店に お邪魔しますね。

それじゃ!

(角崎)ああ… そうそう。

たまには
連絡してあげてくださいね

弟さん。

♬~

(スイ・椿)いただきます!

よ~し…。

夕食にナポリタンって どうなの?

いいだろ 食べたかったんだから。

そもそも ナポリタンって
イタリアにはないから。

邪道だから。
まあ いいじゃん おいしいから。

ディ モールト!

確かに 死ぬほどおいしい!

濃厚でコクがあって…。

その上 まろやか!

ウィンナーもプリップリ!

あっ 椿くん
ほら ウィンナーあげるよ。

あっ…。
私のも どうぞ。

(ぐれ)椿くん。

あーん…。

いや 自分で食べれるよ!

あれ? 椿くん
お口の周りに付いてるよ~。

やめろ!

そういうスイこそ 付いてますよ。
えっ? えっ どこ?

ここです。

ありがとう。
ちょっと!

誰か 俺のも拭ってよ。
ぐれはいいよ そのままで。

なんでだよ!

(角崎)京く~ん! ただいま~!

はあ… 疲れた…。

ああ…。

フフッ…
言いつけどおり 勝ちましたよ。

褒めてくれてもいいんじゃない?

ほら ほら。

もう~!

はい これ お土産。

京くんが試食して
初めて褒めてくれた思い出の味。

いいように遊んできたようだな。

ハハハ…!

京水くんにも
質問させてみたんだけど

やっぱり 弟くんも

家の事は あんまり
触れられたくないのかな~?

引っかき回してほしいと
頼んだ覚えはないが。

俺が興味あるの。

京くんと仲悪い弟が
何 考えてるのかってさ…。

っていうか 双子なのに
全然似てないよね!

ハハハハ…!

明日から催事だろ。
しっかり準備しておけよ。

はいはい。

天下の東極グループの名に
恥じないよう

しっかり働いてきますよ。

…東極八京さん。

♬~

♬~

なあ 八京。

この店 どうなるの?

♬~

入るよ。

寝てるの…?

♬~

なんだよ せっかく作ったのに…。

♬~

♬~

(きなこの鳴き声)

なあ きなこ…。

有名大企業の御曹司なんて
初耳なんですけど。

自分の事は言わないくせに

人の事は
ちゃんと見てるんだよなあ…。

♬~

ありがとね。

おやすみ。

♬~

♬~

(鳴き声)

(ぐれ)好きな人 いるんですか?
(砂金宏和)自分みたいな

おじさんに好かれても
困るでしょうし…。

(ぐれ)誰かを好きになるって
とっても前向きで

素敵な事だと思います。

八京…!

(ぐれ)好きです。

〈『ヒミツの鹿楓堂』 第2回は
みかんアート-1グランプリ〉

〈果たして 優勝は…!?〉

〈このあとすぐ TELASAで
独占配信スタート〉