【ドラマ10】しもべえ(6)▽シリアス医療ドラマになりそうですがご心配なくw[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【ドラマ10】しもべえ(6)▽シリアス医療ドラマになりそうですがご心配なくw[解][字]

謎のおじさん・しもべえ(安田顕)と女子高生ユリナ(白石聖)の予測不能青春ドラマ、いよいよ後半へ!辰馬(金子大地)の父・和馬の再起のため、ユリナが仕掛ける作戦は?

番組内容
謎のおじさん・しもべえ(安田顕)と女子高生ユリナ(白石聖)の予測不能青春ドラマ、いよいよ後半へ! 辰馬(金子大地)の父・和馬(長谷川朝晴)が医師として再起できるように、かつて和馬が着せられた医療ミスの濡れ衣を晴らそうと決意するユリナ。しもべえは川島教授(佐戸井けん太)が勤務する大学病院に潜入して無実の証拠を入手しようとする一方、和泉(池間夏海)は辰馬にふられたことをきっかけに、ある行動に出る!
出演者
【出演】安田顕,白石聖,金子大地,矢作穂香,内藤秀一郎,池間夏海,前川泰之,佐戸井けん太,堀未央奈,長谷川朝晴,矢田亜希子
原作・脚本
【原作】村田ひろゆき,【脚本】遠山絵梨香

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 親父
  2. 和泉
  3. お父さん
  4. 川島教授
  5. 沢村
  6. 辰馬
  7. 医師
  8. お前
  9. ドア
  10. パパ
  11. 本当
  12. お願い
  13. 和馬
  14. 協力
  15. 教授
  16. 必要
  17. 病院
  18. タッ
  19. ダメ
  20. ユリナ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(ユリナ)しもべえは
このアプリで呼び出せて…。

私が困ってる時に助けに来てくれるの。
何で私を助けてくれるの?

(康子)しもべえの料理は
ユリナの父親と同じ味がするの。

(和馬)手術前にMRA検査が
必要だったんじゃないでしょうか?

(川島)私に盾つくつもりか?

(和馬)沢村に うその情報を
マスコミにリークさせた。

(辰馬)和泉 別れよう。
(和泉)え?

私はタッちゃんの奇跡になる。

(ドアが開く音)

♬~

(アナウンス)「川島教授の総回診です」。

♬~

あのさ 親父。
(和馬)ん?

さっき言ってたこと本気?

回想 また医師として
働こうと思ってる。

本気だよ。 大変なことだとは思うけどね。

そんなに大変なの?

ああ。 すご~くやっかいで
力のある教授に盾ついちゃったからね。

おじさんと一緒に働いてくれる人が
なかなか見つからないんだ。

その教授 コテンパンにしたい気分。
どうしたらできるかな?

一番は 親父の潔白を証明することだな。

フフ… みんな すご~く悪い顔してるよ。

おじちゃん 私 本気だよ?
フッ ありがと。

でも カルテは改ざんされちゃったしな。
証明できるものは何もないよ。

でも 修正履歴は残ってるんじゃない?

じゃあ それを見ればいいんだ。

あ… いやいや たとえそうだとしても

カルテを見るには 病院から発行される
ID番号とパスワードが必要になるし

病院を辞めた僕に そんなもの
見ることができるはずもない。

そっか~。

大丈夫。 信じてくれる人はきっといる。

地道に就職先探すよ。

フフフフフ。

実は私 いいこと思いついたの。

しもべえ 大学病院に潜入してきて!

だって~
おじちゃんにひどいことした教授を

このまま野放しになんかできないよ!

コテンパンにできる弱みとか 情報とか

とにかく何でもいいから
つかんできてほしいの。

本当? ありがとう!

その顔「どうやって潜入するの?」
って思ってるでしょ。

大丈夫 秘策があるから。

アルバイト募集してました!

しもべえ レッツ ゴー!

♬~

術後は順調のようですね。

ええ。 先生のような有名なお医者様に
手術して頂けたなんて

明日香は幸せ者です!
本当にありがとうございます!

(晴彦)お母さん 検査結果を見るまで

しばらく入院は必要になると思いますが

川島教授も
こう おっしゃられてますので…。

そういえば 佐々木から連絡はあるか?

(晴彦)ありませんが どうされましたか?

昨日 山陽医科大の上田教授から
連絡があってね。

佐々木が また医師として働きたいと
頼みに来たそうなんだよ。

もちろん お断りしたようだがね。
そうですか。

沢村。

私はね 次の教授選で
君を推薦しようと思っているんだよ。

本当ですか? ありがとうございます!

これからも期待しているよ。

ご期待に添えるよう努力いたします。

(亜紀)ユリナ!

さっき こんなの回ってきたんだけど…。

何これ?
(多田)何見てんの?

(多田)何だよ これ。

タッちゃん…。
きっと 和泉だろ。

こうなることは覚悟してた。 大丈夫だよ。

こんなメール すぐ消す。

佐々木くんのことだよね。
そこで話してるし 確実クロじゃない?

「T馬」とか 辰馬じゃん。
だよな。

何見てんのよ!
(多田)見せもんじゃねえぞ この野郎!

くううううっ 悔しい!

デマなのに この記事 デマなのに!

どうやったらデマだって
証明できるかな…。

タッちゃん いいこと思いついた!
え?

言っとくけど 辰馬が ばらしてもいいって
言ったんだからね。

私は悪くない…。
私たち 和泉ちゃんにお願いがあるの。

は?

和泉ちゃんのお父さんに
話をさせてほしいの。

パパと?
和泉 あの記事に書かれてることは

全部うそなんだ。

一緒に働いていた君のお父さんなら
そのことを知っている。

親父の潔白を証明するのを
沢村さんに協力してほしいんだ。

何言ってるの?
意味 分かんないんだけど。

お父さんに聞けば分かるよ。

ねっ だから お願い!

お願いお願いお願いお願い
お願いお願いお願いお願い…。

協力なんかするわけないでしょ!

パパを変なことに巻き込まないで。

待って 和泉ちゃん!
鴨志田 もういいよ。

よくない!
あの時 沢村さんは

平気で親父を裏切ったんだ。

頼んだって
協力してくれる可能性は低いよ。

でも おじちゃんが
大変な状況だって知ったら…。

人は そんなに変わるもんじゃない。

そんな逃げ腰でどうする。

え?

もう 何なのよ…。

[ 回想 ] また医師として
働こうと思ってる。

そうなのか…。

おじちゃん 和泉ちゃんのお父さんに
潔白を証明してもらいなよ!

どうしたの? 急に。
俺じゃ話にならないって言うから。

ねえ おじちゃん いいアイデアでしょ?

う~ん 沢村にか。

そんなこと考えたこともなかったな。
何で?

僕がアポ取ったなんて知れたら
沢村が川島教授に にらまれてしまうよ。

でも 和泉ちゃんのお父さんが
おじちゃんを追い込んだのに…。

あの時は 彼も
きっとそうするしかなかったんだよ。

そういえば親父
今日の面接どうだった?

あ~ なかなか難しいな。
そうか。

けどな 医大の頃の先輩が
会ってくれることになってな。

雇ってもらえるよう
頑張って話 してみるよ。

うん 頑張れよ 親父。
おう。 (小声で)お人よし親子…。

ん?
お人よし親子!

鴨志田?
そんな覚悟じゃ 鬼の首は取れん!

(ドアの開閉音)

♬~

♬~

(ノック)

これじゃ 個人情報ダダ漏れだ!

IDとパスワードぐらい覚えろ!

(医局員)はい。 インプットいたします!

(医局長)ったく!
見苦しいところをお見せしました。

(医局員)怖かった~。 いるんすか?

IDとパスワードなんか覚えてねえだろ。
(医局員)覚えてる…。

♬~

(医局員)フォローしてよ。
(口笛)

すいません!
君は…。

あの 和泉ちゃんのお父さんですよね?

あっ 確か 文化祭の時にいたよね?
はい。

どうしたの?
あの これつまらないものですが。

実は お願いがありまして
佐々木くんのお父さんが

もう一度 医者として働けるように
協力して下さい!

今のままだと 医者として働くのが
難しいみたいで。

あの それ…。
帰りなさい。

子どもが口を挟むようなことじゃない。
あっ でも…。

(晴彦)行って。
あの ちょっと!

わっ…。

しもべえ!

経過報告をお願い。

何の暗号?

あっ! もしかしてカルテ見るやつの?

(正解音)
わ~ すごい!

まさか これをゲットできちゃうなんて
さすが しもべえ!

フフフ… えっ で もう確認できた?

(不正解音)

あっ これからなのね!

(正解音)

じゃあ もう ゴールは近いな。

よし これで
おじちゃんの敵を討てるぞ!

しもべえ 引き続き
よろしくお願いします!

術前にMRAを怠らず 動脈の奇形を
事前に発見することができていれば

伊藤さんは
まだ生きられたかもしれません。

(森山)佐々木 君が
ミスをしていなかったことは分かったよ。

だが ここは一つ 川島教授に
頭を下げに行ったらどうだ?

それだと川島教授は自分のミスで

一人の患者が亡くなったことを
認めないままになってしまいます!

僕は医師として それだけは許せません!

確か 息子さんは大学進学だったよな?

仕事にも就けず
このままの生活を続けるのも

限界があるだろう。

正しさを貫くことは大切だ。

けど そろそろ楽になったらどうだ?

できません。

君も頑固だな。

まあ そこが君のいいところだったり
するんだがな。

少し検討させてくれ。

はい。 よろしくお願いします。

♬~

(ドアが開く音)

(警備員)誰だ!

お~い!

そっか。 失敗しちゃったか。

けど これは しもべえにしかできない
ミッションなんだよ。

一回失敗したぐらいで
簡単に諦めちゃうのは どうかな~。

まさかゴール手前でギブ
ってのはないよね。

やっぱり 何事も
最後までやり抜くってのが

大事だと思うんだ。

まあ その点 しもべえのことは
信頼してるけど。

あっ しもべえ それ…。

男物のズボン縫うなんて
お父さんの時以来かしら。

お父さんも破けることなんてあったんだ。

フ… おっちょこちょいなところ
あったからね~。

へえ~。

よし できた。

はい。

あんまりむちゃしないでね。

♬~

異常なし 了解。

ああ 昨日の深夜
不審者が入ったみたいで

それで
セキュリティー強化してるんだってさ。

えっ? おじちゃん 就職先決まったの?

医大時代の先輩の病院で
来月から働かせてもらえるらしい。

全部理解した上で受け入れてくれたって。

そっか よかった。

じゃあ しもべえには
もういいって言わなきゃ。

「しもべえにもういいって」って?

あっ… アハハ… え~っと…。

まさか しもべえさんが
そんなことをして下さってたなんてな。

気持ちはうれしいけど
潜入なんて 一歩間違えれば危険だよ。

だよね。

でも おじちゃんの仕事先が決まって
よかったよ。

本当におめでとう!
ありがとう ユリナちゃん。

こんなに みんなに
応援してもらってるんだもんな。

心機一転 また医師として頑張るよ。

私のもとで働いていた佐々木が

今度は 君のところで
お世話になるみたいじゃないか。

はい。

この病院には うちの系列の医者が
何人か働いていたね。

どれくらいいるんだい。

5人です。
うん。

実は うちも人手不足で忙しくてね。

引き揚げさせてもらおうかと
思っているんだよ。

そんな それは困ります。

これ以上 医師が不足すると
現場が回らなくなります。

なら 分かってるね。

(ドアの開閉音)

おかえりなさい。
ただいま。

パパ ちょっといい?

あのね 辰馬のお父さんのことで
ちょっと聞きたいことがあって。

辰馬が あの記事は
うそだって言ってたんだけど…。

子どもが大人のことに口出すんじゃない!

♬~

(ため息)

(和馬)ちょっと待って下さい。
なかったことって どうして急に…。

分かりました。 はい 失礼します。

親父…。

また振り出しに戻っちゃったな。

川島教授は 自分のミスで
患者が亡くなったことを

まだ認めようとしない…。

悔しいよ。

ハハ…
けど そろそろ諦めるのも必要かな。

え?
いつまでも このままの生活を

続けるわけにはいかないよ。
どういうこと?

川島教授に謝りに行くっていう選択肢も
考える時かなって思ってな。

何で… ダメだよ。

そんなの絶対ダメだ!
いや けどな…。

だって 親父は間違ってない!

間違ってないことを謝る必要なんてない!

辰馬…。

俺は 親父が親父らしく生きられればいい。

それだけでいいんだ。

(明日香)そんなにジ~ッと見て
川島教授のファンなんですか?

違う?

メディアに出てたりするから
結構ファンいるらしいですよ。

まさか 違います。

私は 佐々木先生派。

って 知らないですよね。
私 ずっと入退院 繰り返してるから

すっかり
この病院の情報通になっちゃって。

♬~

そっくり! え?
佐々木先生の知り合いなんですか?

治療がつらい時
佐々木先生は いっつも励ましてくれて…。

佐々木先生がいなくなってから

この病院の雰囲気も
随分変わっちゃったな…。

でも 一番変わっちゃったのは
沢村先生かも。

タッちゃん おはよう!
おはよう。

何かあった?

親父 就職 ダメになっちゃったんだ。
うそ…。

どうしてだろう。

親父は 医師として
正しいことをしただけなのに。

けど その正しさが親父を苦しめてる。

報われない正しさって 何なんだろうな。

♬~

ただいま。

親父?

おお おかえり。

今日 夜 ハンバーグ作るぞ。
うん。

しもべえ…
おじちゃん せっかく仕事決まったのに

また あの教授に
邪魔されちゃったんだって。

もう どうすることもできないのかな。

え?

♬~

いらっしゃい。

しもべえ 私 そんなに食欲ないんだけど。

はい お決まりですか。
あっ すいません まだ…。

ん? これは 佐々木くんと沢村くん?

えっ その2人のこと知ってるんですか?

(店主)ええ。

(店主)バイト中も真面目でね。

そういや 奨学金をもらいながら
医大に通ってるとかって言ってたかな。

回想 俺は将来
大学病院で教授になる。

総回診の中央にド~ンって立ってんのって
かっこいいだろ。

(和馬)俺は 研究できる環境があれば
出世は別にいいかな。

ったく お前は… そういう無欲なところ
いつか足元すくわれるぞ。

そうかな?
やっぱり俺は出世する。

偉くなっておけば いざとなった時

無欲で有能な医者を
守ってやることができるもんな。

おっ 頼もしい。 よろしくお願いします。

何だそれ お前。 ちゃんと仕事しろ 仕事。

(店主)いつも楽しそうに話してて
ほほえましかったな。

そうだったんですか。

最近 会えてないけど
あの2人は 今でも仲いいんだろ?

あ… まあ。

和泉ちゃんのお父さん!

また君か。
あの 話だけでも聞いて下さい!

何のまねだ。 家にまで押しかけて。

佐々木くんのお父さんの件で
協力して頂きたいんです!

これ以上 付きまとうようなら
警察に電話するぞ。

そんなこと言わずに ちょっとだけでも!

(ドアの開閉音)

ダメか…。

(和泉)待って!

和泉ちゃん。

明日の放課後 空けといて下さい。

へ?
パパと話したいんですよね?

そうだけど。
じゃあ 明日。

どういうこと?

いってきます。
はい いってらっしゃい。

あのさ 親父。
ん?

俺 今 結構幸せだよ。

ハッ… 何だよ 急に。

親父が元気で こうやって
普通に会話できるだけで毎日楽しいし。

フッ かわいいこと言うな~。
髪 崩れる。

ほら 遅刻するぞ。

うん いってくる。
いってらっしゃい。

ありがとうな 辰馬。

和泉ちゃん どうして
協力してくれようなんて思ったの?

私 パパに怒られたことなくて。
だからです。

(ドアベル)
(店員)いらっしゃいませ~。

何なんだ君は。

和泉 どうしてこんなことを。

パパの様子がおかしいから。

私は その理由を知りたいだけ。

あの… 佐々木くんのお父さんは
もう一度 医者に戻りたいって言ってます。

和泉ちゃんのお父さんも
本当は戻ってほしいって

思ってるんじゃないですか?
は? 何を言ってるんだ。

これが… 証拠です。

(晴彦)これは…。

医大生の頃から
仲がよかったんですよね?

一緒にバイトをするぐらい。

それが何だっていうんだ?

あの その…

ダメダメな私にも 親友って呼べる

大切な友達がいるんです。

そばにいたら こんな笑顔になるような。

私は そんな親友を
裏切ることはできません。

大切な人だから。

え~っと… だから

とっ とにかく
親友は絶対に裏切っちゃダメなんです!

タッちゃん? もしもし?

親父 見かけなかった?

見てないけど… どうしたの?

帰ったら親父がいなくて。

何も言わずに
家を出ることなんてないからさ。

連絡はしてみた?

電源切ってるみたいなんだよ。

親父 まだ本調子じゃないから
何か心配で。

どこか行きそうなとこない?

[ 回想 ] おお おかえり。

ちょっと待って。

川島教授の講演会に
行ったのかもしれない。

どうして!?

自分が悪かったって頭を下げるために。

おじちゃんが
川島教授に謝りに行っちゃう。

佐々木が?

おじちゃんは 医師として
正しいことをしたんですよね?

間違っているのは
川島教授なんですよね?

だったら 謝るなんておかしいです。

私に言われても困る。

私も本当のことを知りたい。

和泉ちゃん…。

パパ お願い。 教えて。

♬~

ありがとう。

♬~

(ノック)
どうぞ。

(ドアの開閉音)

ご無沙汰しています。

佐々木か 思ったより元気そうだな。

♬~

親父…。

♬~

ダメだよ 親父。

(クラクション)

君が ここに来たということは

十分反省した。
ということでいいのかな?

はい。

なら 態度で示せ。

土下座だよ。

今すぐ土下座しろ。

土下座だよ!

(ドアが開く音)

おじちゃん!
親父! 辰馬 ユリナちゃん。

沢村 お前 何しに来た?

佐々木を止めに来ました。

佐々木…。

お前は正しいことをした。
謝る必要はない。

(和馬)沢村…。

(拍手)

すばらしい友情ごっこだ。

沢村 君も私に盾ついた。

ということでいいのかな? 残念だね~。

君が教授席に座ることは
金輪際ないだろう。

待って下さい! 沢村は…。
いいんだ!

お前を裏切ったこと
本当は ずっと後悔していた。

お前は医師として正しく生きてる。

それに比べて俺は…。

情けないよ。

沢村…。

川島教授 あなたこそ

今まで彼にしてきたことを
謝罪すべきです。

何を言ってるんだね 君は。

佐々木に ご自身のミスをなすりつけて
マスコミにさらしたこと

彼を大学病院から追いやったこと

就職先に圧力をかけて
邪魔をしていること

全てお認め下さい。

なさらないのなら
私がマスコミに全て話します。

フフフ… フフフフフフフフ…
ハハハハハハハ!

沢村 お前がマスコミに何をしゃべろうが
無駄なことだ。

佐々木の時と同じように
もみ消すのは簡単なんだよ!

そうか お前 そんなに私のことが
気に入らないのなら

お前のその望み かなえてやろう。

お前はクビだ。

クビだよ。 クビだよ!

仲よしこよしの甘ったる~い
友情ごっこが好きなやつなど

我が大学病院には不要の存在だ!

佐々木のようになるがいい。

いいか?
私が お前らに謝罪することなど

100万年かかってもないわ!

教授である私の尻拭いをするのが
お前らの役目なんだよ。

佐々木!

被害者ぶるのも大概にしろ。

薄っぺら~い正義感振りかざすだけの
医者崩れが!

お前が私に意見するなんぞな 100万年…。

ブルブルブル…!

1, 000万年早いわ!

(ドアが開く音)
(従業員)失礼します!

あの 川島教授。
何だ!

あの 実は… あの…。
だから 何だ!

ここの様子が
会場のモニターに映っております!

え?

(ざわめき)

(川島)「どこだ?
おい どんな画が映ってたんだ」。

(ざわめき)

編集長! 紙面空けといて下さい!
これ すごいスクープですよ。

♬~

[ 回想 ] ありがとう。

♬~

(亜紀)お~ 見事 悪成敗って感じだ。

さすが師匠!

何か しもべえに おいしいとこ
全部持っていかれた感じがするのは

気のせい?

そうだ 親父 また診療所開こうかって
思ってるらしい。

そうなの?
ああ。 この記事のおかげで

開業資金も借りれそうだって。

鴨志田 しもべえ ありがとう。

うん。

辰馬… あの…

パパから全部聞いて。

私 何も… 何も知らなくて。

あんなうわさ流して ごめんなさい。

気にしないでいいよ。

それに 俺こそごめん。

え?

親父のことを言いふらされたくないって
理由だけで

和泉とつきあった。

自分勝手だったと思う。

ううん…。

ちょっとの間だったけど
辰馬とつきあえて楽しかった。

どうせなら
もっといい彼女でいたかったけど。

和泉は いい彼女だったよ。
本当?

優しいし かわいいし
話していても楽しいし。

今までありがとう。 じゃあ。

♬~

何なのもう…。

何で嫌いにさせてくれないの!

おじちゃん よかったね。

しもべえ 今回もありがとう。

いろいろむちゃさせちゃって ごめんね。

こんな私ですが 今後とも末永~く
よろしくお願いします。

よし これで安心して勉強できる~。

♬~

(心電図の音)

せっかくのデートだから。
デート!?

いっちゃいなよ! 勢いだよ。 受験も恋も。
(康子)具合悪いのかしら。

(亜紀)しもべえ 故障したの?
しばらく しもべえ呼ぶのやめる。

しもべえがいなきゃ
私一人で奇跡なんか起こせないよ!

(汽笛)

♬~(三味線)