ワカコ酒 Season6【第2夜「大人中華も町中華も」】[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ワカコ酒 Season6【第2夜「大人中華も町中華も」】[字]

休日。洋服屋のショーウィンドーのワンピースが気になったワカコ(武田梨奈)だが、店員と目が合い逃げ去る。しかし、おしゃれな中華料理店を見つけたら、迷わず扉を開けて…

詳細情報
番組内容
休日。洋服屋のショーウィンドーのワンピースが気になり足を止めたワカコ(武田梨奈)。しかし、店員(谷口亜湖)と目が合って、そそくさと立ち去る。未練を残しつつぶらついていたワカコはおしゃれな中華料理店を見つけ、今度は迷わず入店するのだった。
番組内容続き
店員に聞くと海老のマヨネーズ和えを勧められる。おしゃれに盛り付けられたピータンを食べ、生ビールを飲みながら、ドレスアップした海老がやって来るのを待つワカコ。そして…。
出演者
村崎ワカコ(26)…武田梨奈
ショップ店員…谷口亜湖
原作・脚本・監督
【原作】新久千映「ワカコ酒」
(月刊コミックゼノン/コアミックス)
【脚本】女里山桃花
【監督】片桐健滋
音楽
【オープニングテーマ】
さよならステイチューン「旬をススメ」

【エンディングテーマ】
バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI「最高の日常」
番組概要
村崎ワカコ(武田梨奈)は酒と料理が何より大好きな26歳。偶然見つけた店でも、勇気を出して一歩足を踏み入れる呑兵衛女子である。ワカコは職場での出来事に想いを巡らせたり、他のお客さんたちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場での独り呑みの楽しみを満喫している。時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓をうち、時にはまったりと旬の料理とお酒を嗜み
番組概要続き
ーそんなワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。酒と料理がぴったりと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。ワカコ、至福の瞬間である。
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/wakako_zake/

【公式Twitter】
@wakakozake_tv

【公式Instagram】
@wakakozake_tv
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。
BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. エビマヨ
  2. 紹興酒
  3. 中華
  4. 餃子
  5. チャーハン
  6. お願い
  7. ピータン
  8. 町中華
  9. お店
  10. 大人
  11. 雰囲気
  12. エビ
  13. ビール
  14. モダン
  15. 中国
  16. お料理
  17. ソース
  18. トマト
  19. トマト玉子
  20. パーティー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





created by Rinker
ポニーキャニオン

《ワカコ:おっ。

おしゃれなワンピースだ。

でも 大人っぽすぎるかな。

ボーナスも残っているし

冒険してみても
いいかもしれないけど…》

《ま いいか。 今回は見送ろう》

《う~ん… やっぱり

試着くらいしておいたほうが
よかっただろうか?》

《でも お値段するし…》

《ん? あぁ!

中華料理屋さんなの? ここ。

おしゃれなお店。

そういえば
ちょっとお腹減ったな。

今日は ここを開拓してみよう!》

はい かしこまりました。

こんにちは。
いらっしゃいませ。

1名様ですか? はい どうぞ。

では こちらのお席に
よろしいでしょうか?

ご新規1名様です。
いらっしゃいませ。

《たまには
モダンな中華に挑戦もいい。

雰囲気だけではなく

お料理も鮮やかで
見た目も華やか。

期待が高まるなぁ》

《こういうところに来たんだもの。

いつもと違うものを頼みたいよね。

久々に ピータンでも
食べてみようかしら。

あとは…》

お決まりでしょうか?
あっ ええと 台湾ピータンください。

ピータンを。
はい ありがとうございます。

どうぞ。

あと こちらのオススメって
何かありますか?

ありがとうございます。
では エビマヨはいかがでしょうか?

当店のエビマヨが

マヨネーズに生クリーム
それから コンデンスミルク。

で隠し味に ドライジンを使っています。

なんか まろやかな味わいで
大人味のエビマヨです。

《なるほど 大人のエビマヨか》

じゃあ それをお願いします。
かしこまりました。

あと ビールも。
生ビール。

はい ありがとうございます。

ご新規1名様 生1 ピータン1…。

《まずは ピータン。

アヒルの卵を発酵させた
中国ではおなじみのおつまみ。

ちょっと
つまみたいだけなんだけど

一人で食べるには多いから
頼むのに躊躇するけど…》

はい 台湾ピータンです。

《おしゃれなお店だと ピータンも
おめかししているみたい》

いただきます。

《へぇ。
付け合わせに ガリもついてるんだ。

なんか珍しい》

《うん。 さっぱりしたタレが
かかっていて

ピータン特有のクセさえも
アクセントに感じる。

ビールのおつまみに
ちょうどいい味わいだ》

《お次は
ガリと一緒に食べてみよう》

《おお 意外と合う!

ピータンと調和した新しい味わいだ》

《エビマヨの準備は万端です》

《ただでさえ かわいくて
おいしいエビちゃんは…》

《油の海で カラっと揚がって。

ソースをまとって
鮮やかにドレスアップされる。

楽しみだな 大人のエビマヨ。

早く そのすてきな姿を
私に見せておくれ》

お待たせしました エビマヨです。

《これが 大人のエビマヨか。

見た目もモダン。
お店の雰囲気も相まって

ちょっと不思議な感じ。

しっかりとした衣で揚げたエビに

たっぷりの
とろ~りクリームのようなソース。

この美しさを崩すのは
気が引けるけど…。

たぶん その先には
新しい感動が待っているはず》

《はぁ~。

大きなエビの中身が ずっしり。

意外と食べ応えがある》

《衣×マヨ。
ならば まさしくビールよね》

《みんな大好きエビちゃんに

いい香りの
ねっとりした濃厚なソース…》

《こんなエビマヨ 初めてだ!

だけど 想像を裏切らない
特別なおいしさがある》

《そもそも エビマヨって
中華でも変わったメニューだよね。

考えついた人
相当思いきっただろうなぁ》

《それに合わせる
王道の冷たいビール》

《こりゃ たまんないっす!》

ぷしゅ~。

《中国の
伝統的な料理ではないけど

日本では すでに
子どもから大人まで

大好きな おなじみのチャイニーズ》

《おいしい発見 いただきました》

どうもありがとうございました!
ごちそうさまでした。

《いいお店だったな。

思いきって入ってよかった》

お似合いですよ。

ちょっとしたパーティーなんかに
いかがですか?

《ちょっとしたパーティー?》

かわいいんですけど…
ちょっと考えます。

《すてきだった。

でも ちょっとしたパーティーなんて

そうそう
あるわけじゃないからなぁ。

私って なかなか思いきったことが
できない人間なのよね》

《おわっ!

みんなの心のオアシス 町中華。

肩ひじ張らない安心感に
癒やされたい気分だ》

いらっしゃいませ。
こちらのお席どうぞ。

いらっしゃいませ。

《モダンなお店も惹かれるけど

こういう町中華は
やっぱり落ち着く》

すみません。
はい。

紹興酒 グラスでお願いします。
ありがとうございます。

氷入れます?
はい。

はい かしこまりました。

《中華の雰囲気だもん。

だからこその 紹興酒》

お待たせしました
紹興酒のグラスです。

ありがとうございます。

《おお こういうの

まさに町中華で出される
紹興酒って感じ》

いただきます。

《香りと雰囲気だけで
いけてしまう》

おいしそうに飲んでるね ヘヘッ。

おいしいですよ 紹興酒とかね。

《おっと 早く食べ物決めなきゃ》

《中華のメニューって
たくさんあって迷っちゃうな》

トマト玉子 お待たせいたしました。
ごゆっくりどうぞ。

《トマトの玉子炒めか。

人気メニューなのかしら?》

すみません。
はい。

トマト玉子炒め お願いします。
ありがとうございます。

《フフッ 頼んじゃった》

《高温の中華鍋の中で

踊るトマト キクラゲ そして卵。

いいねぇ この光景。
中華そのもの。

雰囲気も調味料になるよ》

トマト玉子 お待たせいたしました。
ごゆっくりどうぞ。

ありがとうございます。

《さてと…》

いただきます。

《卵の適度なふわふわ食感。

コクのある中華の風味に

トマトの酸味が効いている。

シンプルな塩味。

一品目に
ちょうどいい さっぱりさだ》

《食欲を増進させる

紹興酒の甘い味わいも手伝って。

こりゃ
いくらでも いけてしまうよ》

《そこに
中国のお酒を合わせると

東京の町中華も…》

《ここは本場 中国だ!》

ぷしゅ~。

おいしいですか? トマト玉子。

すっごくおいしいです。
本格派って感じですね。

はい じゃあゆっくり
食べてください。 どうも。

《店主さん 気さくな人だなぁ。

さて お腹に余裕はあるし
もう一品 頼んじゃおうかな》

うちのチャーハン おいしいですよ。
食べてみてください。

どうも。
いらっしゃいませ。

《やっぱり 王道の餃子かしら。

でも せっかくトマト玉子炒めが
こんなにおいしかったんだもん。

次も お店イチオシの
お料理で攻めたいよね》

《わぁ 揚げ餃子。

あまり 町中華で
食べたことはないけど。

赤い文字で書かれているからには
自慢の一品に違いないよね》

すみません。
はい どうぞ。

揚げ餃子 1つください。
はい 揚げ餃子1つね。

わかりました。
お願いします。

揚げ餃子1枚です。
ありがとうございます。

《予想つかないけど
それもまた楽しみ》

《おお いい音》

《あんかけにするのかな?

酢豚とか肉団子に
かかっている甘酢の?》

《ますます
期待が膨らむではないか》

《予想外の あんかけ餃子。

でも おいしそうなのは
予想どおり》

いただきます。

《甘酢のあんが からむ。

しっとりとした揚げ皮。

パリパリの部分もあって
それもまたよし。

中身のあんは

食べ応えのあるお肉が
いっぱい詰まっている。

なんとすばらしき
あんとあんのハーモニー》

《あと引く味わいの甘酢の風味》

《しっかりとした
餃子の食感 味わい。

一品で 何重もの贅沢を
させてもらっている気分だ。

そのうえ 紹興酒も重ねちゃって》

ぷしゅ~。

《まさに 中華のコンチェルトや》

《この前行った
エビマヨのお店もそうだけど

中華って バラエティー豊富。

定番じゃないメニューでも
信頼のおいしさがあるよね。

だから 知らない料理でも

思いきってチャレンジできる
というか…。

思いきって か…》

《また思い出しちゃった。

やっぱり いっそのこと
買えばよかったのだろうか?》

紹興酒 おかわり?

じゃあ おかわりお願いします。
はい わかりました。

《お酒や お料理なら
即決できるのにな》

《決めた。 あのお洋服
明日 買いに行こっと。

日々 後悔しないように
生きなきゃね》

はい どうぞ。
ありがとうございます。

はい チャーハン お待ちどおさまです。

チャーハン お願いします。
ありがとうございます。

チャーハン お願いします。
すみません チャーハンお願いします。

はい わかりました。

チャーハン もう1個。
ありがとうございます。

お嬢さん 食べてみる?

ん~ おいしそうですね。
おいしいですよ。

でも ちょっと お腹いっぱいに…。

いっぱいになってるからね。
あ~ どうしよう。

ちょっと 迷いますね。
お腹いっぱいになってるからね。

いらっしゃいませ。 はい どうぞ。

《また来れば いいってことよ》

<本日のお店は 代々木八幡にある
REI Chinese restaurantsさん。

白を基調とした
ガラス張りのモダンな店内で

本格的な中華料理がいただけます。

どのお料理も
盛りつけが とてもきれいで

食べるのが ワクワクすること
間違いなしです。

ふだん使いはもちろん
自分へのご褒美中華にも

オススメですよ>

(3人)お待ちしております!

<2軒目は 本駒込の兆徳さん。

町中華の名店です。

店主の朱さんの作る絶品料理に
いつも行列が絶えません。

季節ごとに産地を変えて
やわらかいキャベツで仕込む餃子に

黄金色に輝くチャーハン。

昭和の名人といわれた
落語家さんが

寄席の前に
必ず食べていたそうですよ>

(2人)いらっしゃいませ。

<今夜もごちそうさまでした>

ぷしゅ~。