ワカコ酒 Season6【第4夜「絶品グルメをお取り寄せ」】[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ワカコ酒 Season6【第4夜「絶品グルメをお取り寄せ」】[字]

通販のお取り寄せグルメにハマっているオカダ主任の影響で自分も注文してみたワカコ。予算オーバーのため今夜はリーズナブルに、と向かったのは大衆酒場。注文したのは…?

詳細情報
番組内容
昼休み。お取り寄せグルメにハマっているというオカダ主任(しおつかこうへい)のタブレットに群がる社員たち。ワカコ(武田梨奈)も勢いに任せて2種類も注文してしまう。少々予算オーバーのため、今夜はリーズナブルにと向かったのは大衆酒場。磯辺揚げと冷酒に舌鼓を打つ。
番組内容続き
そして迎えた休日。お取り寄せしたものが届いた。ふぐ刺し明太漬と山形牛手ほぐしコンビーフ。明るいうちから意気揚々と準備するワカコ。合わせるお酒は…?
出演者
村崎ワカコ(26)…武田梨奈
みぃさん 会社の同僚…山田キヌヲ
アベちゃん 会社の同僚…渡部瑞貴
長谷川 会社の社員…佐古井隆之
伊藤 会社の社員…長谷川慎也
オカダ 会社の上司…しおつかこうへい
原作・脚本・監督
【原作】新久千映「ワカコ酒」
(月刊コミックゼノン/コアミックス)
【脚本】阿相クミコ
【監督】片桐健滋
音楽
【オープニングテーマ】
さよならステイチューン「旬をススメ」

【エンディングテーマ】
バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI「最高の日常」
番組概要
村崎ワカコ(武田梨奈)は酒と料理が何より大好きな26歳。偶然見つけた店でも、勇気を出して一歩足を踏み入れる呑兵衛女子である。ワカコは職場での出来事に想いを巡らせたり、他のお客さんたちの会話に耳を傾けたりしながら、酒場での独り呑みの楽しみを満喫している。時にはこれと決めた料理と酒に舌鼓をうち、時にはまったりと旬の料理とお酒を嗜み
番組概要続き
ーそんなワカコの酒との付き合いを優しく見守る友人や会社の同僚、行きつけの店「逢楽」の大将ら、周りの人々。酒と料理がぴったりと合わさった刹那、全身が高揚感に包まれた彼女の口からは、思わず「ぷしゅー」と吐息が漏れる。ワカコ、至福の瞬間である。
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/wakako_zake/

【公式Twitter】
@wakakozake_tv

【公式Instagram】
@wakakozake_tv
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。
BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. コンビーフ
  2. 辛口
  3. マヨネーズ
  4. 白ワイン
  5. 磯辺揚
  6. 山形牛
  7. お酒
  8. ベーコンエッグ
  9. ワカコ
  10. 一同
  11. 休日
  12. 今夜
  13. 注文
  14. 冷酒
  15. アベ
  16. オカダ
  17. オカダ主任
  18. オススメ
  19. お店
  20. キレ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





created by Rinker
ポニーキャニオン

(オカダ)いやぁ 迷うよね~。

(長谷川)いやぁ
どれも うまそうっすね~。

(アベちゃん)何なに?
どうしたんですか?

あのね オカダ主任が

今 通販のグルメにハマってるんだって。
ちょっと 長谷川くん。

(ワカコ)えっ お取り寄せですか?
うん。 このサイトなんだけどね。

(アベちゃん)わぁ おいしそう!
(ワカコ)何頼んだんですか?

この前 注文したのがね…
あっ これ。

一年熟成粕漬けセット。

(一同)お~。

あと あの タラコも最高だったなぁ。

(一同)お~。

そして 三元豚佐助の
味噌漬け3種セット。

(一同)お~!

(オカダ)味噌の味が
しっかりしみ込んでて

柔らかで ジューシーで
おいしかったな~!

主任すみません
ちょっとお借りします。

あっ 私も注文したいです。
はいはい。

ちょっと皆さん
落ち着いてくださいな。

《結局 迷いに迷って
2種類も頼んでしまった。

でも ちょっと
予算オーバーしちゃったから

今夜はなるべく
リーズナブルに抑えたい》

おっ。

《佇まいが ザ・大衆酒場って感じ。

ここにしてみよう》

はい いらっしゃいませ。
いらっしゃいませ。

あっ お一人様?
はい。

こちらへどうぞ。

《お店の中も いい雰囲気だ》

ありがとうございます。

《え? メニューが こんなにいっぱい。

しかも 500円以下のものも
たくさんある。

これはありがたい》

《どうしよう 選べない。

磯辺揚げ。
シンプルだけど おいしいんだよね》

すみません。
はい ただいま。

はい。
ちくわ磯辺揚げ 1つください。

ちくわの磯辺揚げ はい。

それと 冷酒でオススメありますか?
はい。

冷酒もいろいろ
そろってるんですけれども

辛口の本醸造で

奈良の長っていうのが
あるんですけれども。

いかがでしょうか。
じゃあ それお願いします。

はい ありがとうございます。
お持ちいたします。

はい すみません。
長 お待たせいたしました。

ありがとうございます。

いただきます。

《わっ ホントに辛口だ。
すっきりとキレがいい》

はい すみません。
磯辺揚げです。

《ちくわってだけでも
おいしいのに

揚げてあるんだよね。

しかも 青のり入り。

では早速》

いただきます。

《サクっとした食感 青のりの香り。

それを楽しんだ後は
ちくわのうまみがやってくる》

《う~ん。 お安いのに
いい味出すよね 練り物って》

《そこへ 冷え冷えのお酒を投入》

《なんとも日本酒に合うなぁ》

《今度はマヨネーズでいってみよう》

《全然しつこくない。

マヨネーズも青のりも
すべてが調和している》

《そして 冷酒でまとめれば…》

《ささやかながら
バリエーション豊かな饗宴だ》

ぷしゅ~。

《お安いのに満足度が高い。

さて 次は何をいただこう。

キャベツとジャコ炒め
ハムステーキ 納豆オムレツ。

もう どれもこれも おいしそう。

大衆居酒屋 最高だ》

《お楽しみの休日がやってきた》

《お取り寄せしたものが
届いたんだよね。

注文したのはまず
ふぐ刺し明太漬》

《下関のふぐに
辛子明太子を合わせたらしい。

なんて贅沢なコラボなんだ》

《おいしそう》

《熱々のご飯にも
絶対合うだろうけど

今日は お酒のおつまみに》

《これでよし。 1品完成》

《お次は…》

《山形牛 手ほぐしコンビーフ。

なんでも 山形牛のA5ランクの
とびっきりいいお肉を使って

コンビーフにしてるんだって》

《説明書きには
牛肉の余分な脂を落として

1週間塩漬けにして 煮込んで

一つ一つ 手でほぐして

更に 特製スパイスなどを
しみ込ませて作ると書いてあった。

手間暇かかってるんだなぁ》

何これ? 口の中で溶ける。

《私の知ってるコンビーフじゃない》

《肉のうまみとか甘みが
全部詰まってる感じだ》

どうやって食べよっかなぁ。

《そのまま食べても
おいしいけど…》

《外はまだ明るいけど

せっかくの休日
本格的に昼飲みしてもいいよね》

(タイマー音)

せっかくだから
山盛りいっちゃえ。

おっと…。

これは コショウ。

もう1個は…。

マヨネーズ。

完璧!

《日本酒 焼酎
いろいろ悩んだ末

合わせるお酒は
白ワインにしてみた。

近くの酒屋さんで
洋食にも和食にも合う

辛口のものをって相談したら
このワインをオススメされたんだよね》

《山形県産の
デラウェア種を使用しているらしい》

いただきます。

おいしい。

《フルーティーでみずみずしい香り。

でも しっかり辛口だ》

《さてさて まずは
ふぐ刺し明太漬から》

《ん~ ふぐのうまみに
明太子がうまく絡み合って…。

プチプチはじける食感も楽しい》

《ありそうでなかった
奇跡の組み合わせ》

《おっ 辛口の白ワインとも
合うじゃないか。

家にいながら
下関の名産をいただけるなんて

ありがたいよね。

さて お次は…。

お待ちかね。 山形牛のコンビーフ。

まずは 黒コショウのほうから》

《牛肉の柔らかさの中に
しっかりとした肉の繊維。

更に 山形牛のうまみが
あとから口に広がっていく。

コンビーフっていうより
肉そのものって感じ》

《うんうん。
すっきりした白ワインとも合う》

んっ これ炭酸系にも合いそう。

完成。

《う~ん。
自由に好き勝手飲めるのも

1人飲みのよさだよね。

白ワインをソーダで割ったもの
何ていうんだっけ…。

たしか…》

白ワインを… ソーダで… 割ったもの。

あっ スプリッツァーだ。 そうだ。

《いっそう爽やかになった》

んっ マヨネーズのもあるんだった。

よいしょ~。

《焼いたバゲットの熱で

コンビーフの脂がほんのり溶けて
たまらないおいしさだ》

《マヨネーズの酸味も
コンビーフのうまみを引き立ててる》

《そこへ スプリッツァーを投入》

う~ん。

ぷしゅ~。

ハァー。 なんて幸せな時間なんだ。

そうだ。

《そういえば コンビーフの他にも
いろいろ入ってたっけ》

ソーセージ… ベーコン。

《もう1品 作るとしたら…。

ベーコンエッグいいかも》

《ベーコンエッグって 簡単なようで

実は とても奥が深いんだよね》

《できれば
究極のベーコンエッグを作ってみたい》

《ここからが問題だ》

《フタをするのか しないのか。

水を入れるのか入れないのか。

黄身のかたさは
どれくらいで仕上げるのか。

う~ん…。

理想は ふちがカリカリで
黄身が半熟の目玉焼き。

チャレンジしてみよう。

お塩を振って お水を回し入れて

少し蒸らす》

《うん いい感じ》

お醤油やソースもいいけど

今日は 塩コショウで。

うわ~。

いただきます。

《こ… これは…
まさに理想の目玉焼き。

フワーッ。 ベーコンの上質な脂に
まろやかな卵が絡んで

究極のおいしさだ》

ぷしゅ~。

《お取り寄せグルメで
いい休日が過ごせた》

あぁ…。

オカダ主任に感謝だ。

<本日のお店は 江戸川橋にある
昭和53年創業の いずみさん。

昭和を感じる店内は
毎夜 常連さんでいっぱいです。

店内に貼られた短冊メニューや
黒板に書かれたオススメ料理。

悩んで選ぶ楽しさがあります。

大将 若大将のオリジナルメニューに
女将さんの親しみある接客。

毎日 通いたくなるお店です>

(3人)いらっしゃいませ!

<今夜 ワカコがいただいたお酒は

上田酒造さんの
長 辛口本醸造中納言。

奈良で室町時代から続く酒蔵が

生駒山の伏流水で仕込んだ
銘酒です。

すっきりとキレのいい辛口で
冷やでも燗でも楽しめますよ>

<2杯目は タケダワイナリーさんの
タケダワイナリー ブラン 白。

山形県産 デラウェア種を使用した

果実味豊かな
すっきりとした飲み口。

フレッシュな酸味が爽やかな
バランスのとれた味わいです。

どんなお料理とも
相性がよいですよ。

今夜も ごちそうさまでした>

ぷしゅ~。