浅見光彦シリーズ5「城崎殺人事件」光彦は母・雪江のお供で兵庫の城崎温泉へ行くことに。併せて城崎の郷土史の取材を…

出典:EPGの番組情報

[字]ミステリー・セレクション・浅見光彦シリーズ5「城崎殺人事件」

素人探偵・浅見光彦が連続変死事件を推理・解決するサスペンスドラマ。

詳細情報
出演者
辰巳琢郎/加藤治子/村井国夫/山本郁子/井上彩名/五十嵐いづみ/尾美としのり/松原智恵子/ラサール石井ほか
番組内容
光彦は母・雪江のお供で兵庫の城崎温泉へ行くことに。併せて城崎の郷土史の取材をするつもりだ。城崎に着いた光彦は、金の詐欺事件で悪名高い「保全投資協会」の廃墟ビルで変死事件があったと聞く。最近1年の間に3人の変死者が出た通称・幽霊ビルだ。変死者の続出に不審を唱える光彦は、地元の刑事に疎まれた。その時、現場で花を供えるまゆ子の姿を見た。翌日、光彦は、出石焼の店でまゆ子に再会する。
監督・演出
監督:脇田時三
原作・脚本
原作:内田康夫(徳間書店刊)/脚本:石原武龍
制作
1995年

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 安里
  2. 保全投資協会
  3. 幽霊ビル
  4. 事件
  5. 矢瀬
  6. 自殺
  7. 光彦
  8. 浅見
  9. 水野
  10. 城崎
  11. 利昌
  12. 横尾
  13. 警察
  14. 失礼
  15. 中富
  16. 土蜘蛛伝説
  17. お宅
  18. お母さん
  19. ブレーキオイル
  20. ルポライター

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/06/22 14:37:36時点 Amazon調べ-詳細)

《≪行くんじゃねえ!》

《お前を捨てていく女に
何で未練があるんじゃ》

(♬~幟まわしの歌)

《もう 行きないな》

《行きなったら!》

(汽笛)

《(少年)母ちゃん!》

《いつか…》

《いつか 何?》

(汽笛)

(汽笛)

(光彦)ただいま

ただいま戻りました

(雪江)光彦 城崎へ行きます
お供しなさい

城崎?

本当なら城崎は 冬の
雪の降る頃がいいんですけどね

(陽一郎)どうしたんですか?
急に 城崎に行きたいなんて

「城の崎にて」を読んでたら
急に行きたくなったの

ああ 志賀直哉の?
ええ そう

ただそれだけのことですけどね

それで やっぱり 僕が
お供をするんでしょうか?

心配いらないわ
旅費は私が持つから

それにね JRの
フルムーンを利用すると

随分 割り引きになるそうだから
大したことないのよ

(和子)でも お母様
フルムーンっていうのは

ご夫婦で旅行するときに
お使いになるほうが…

ううん 大丈夫よ 合計してね

88歳以上になればいいんだから

(須美子)
坊ちゃまが33歳で え~っと…

確かに超えてますね
ちょっと待ってくださいよ

そしたら
僕とお母さんが夫婦ですか?

ちょっと無理が
あるんじゃないですか

光彦 私からも頼むよ

元気だとはいえ
母さんもそれなりの年だし

お前がお供をしてくれれば
私も安心だ

はあ 兄さんが
そうおっしゃるんでしたら

いや ただし 向こうで
どんな事件に遭遇しても

首を突っ込まんように頼むぞ

今回は あくまでも
母さんのお供だ

(雪江)そうよ 光彦

あなた 旅行っていうと 必ず

陽一郎さんに
迷惑かけるんですからね

いや それは まあ

ところで 城崎っていうのは
どこにあるんですか?

兵庫県の日本海側にある
小さな温泉地なんだけど

きっと いいところよ

のどかね

円山川もゆったりしていて

ええ

あら 土蜘蛛ね

ご存じですか?

源頼朝の病床に現れる
妖怪の話でしょ?

ああ それとは また別の話で

城崎地方に土蜘蛛伝説という
神話があるんだそうです

土蜘蛛伝説?
それを記事にするんですか?

編集長に お母さんのお供で

城崎へ行くことになったと
言ったら

ついでに一仕事してきたら
どうかって言われまして

あら そう

せっかく光彦と
温泉巡りしようと思ってたのにね

いや すみません

おい

≪死んでるよ
≪嘘だろ おい

(パトカーのサイレン)

あっ 何かあったようですね

せっかくの旅行やいうのに
騒々しいて すんまへんなあ

何があったんですか?
幽霊ビルで

また人が死んだそうなんですわ
幽霊ビル?

これで3人目ですわ

3人目!?

光彦 また妙な気起こさないでね

はあ

(横尾)また幽霊ビルか

自殺の名所にはしたくねえな

誰が見つけた?
(吉川)定期点検に来た

建設会社の社員です

ここで志賀直哉が
「城の崎にて」を書いたそうよ

へえ~ そうなんですか

幽霊ビルで
また人が死んだそうですね

ええ
あの保全投資協会のビルですね

保全投資協会?

何年も前に世間を騒がせた あの?

はい あんな事件があったんで
途中で建設が中断されて

放置されたままに
なってるんですよ

<保全投資協会>

<それは 以前 僕が かつてない怒りを持って闘った>

<巨大な悪の組織であった>

<バブル全盛の頃>

<金の先物取引で 大儲けした会社だが>

<その正体は 1人暮らしの老人達を ことば巧みにだまし>

<葬式代にと ためておいた貯金まで>

<一銭残らず巻き上げるという>

<卑劣な詐欺グループであった>

<そして その悪事が 世間に知られることとなったとき>

<保全投資協会の会長が 報道陣の前で>

<暴漢に刺されて死ぬという ショッキングな事件が起こった>

(報道陣達の悲鳴)

≪警察呼んでくれよ 警察
≪救急車 救急車

(青地)
おい君 そこで何しとんねん

殺人事件が起こったそうですね

殺人?
ああ ちゃうちゃう また自殺や

また? …ということは
前の2人も自殺なんですか?

ああ 何者や 君?

勝手に事件の現場入ってもうたら
困るがな

すいません
通りがかりの者なんですが

亡くなったのは やっぱり
保全投資協会の残党の1人ですか?

何?

こんなビルで 3人も
自殺するなんて妙ですよね

ホントに3人とも自殺なんですか?
何やと?

捜査は万全だったんでしょうか?

何か見落としてることが
ありそうな気がするんですが

何を言っとんねん
横尾君 この男 つまみだせ

いっ 痛っ

<東京からはるか離れた 関西の奥座敷>

<城崎温泉で起きた変死事件が>

<やがて 意外にも 僕と母を>

<死の淵に 追い込むことになろうとは>

<このとき まだ知る由もなかった>

<そして そこに 浮かび上がってきたものは>

<あたかも 業火が燃ゆるがごとき>

<深く悲しい肉親の絆であった>

へえ 城崎の温泉は
みんな銭湯なんですね

銭湯じゃなくて
外湯っていうんです

外湯?

城崎には 外湯が6つあって

それぞれ いわれがあるそうよ
いわれが?

合格祈願 交通安全 家内安全
夫婦円満とか

さしずめ あなたは

良縁成就の御所湯が
いいかもしれないわね

はあ…

私は 一の湯から入りますけど
あなたはどうする?

僕は 例の
土蜘蛛伝説のことを知ってる

地元の郷土史家がいないか
調べてみますので

そう 明日は出石の皿そばを
食べに行きますから

お供してくださいね

皿そばですね 分かりました

よし

(横尾)井岡良二 38歳

神戸の東明商事販売部課長

さっき奥さんが確認しなりました

死因は カップ酒に混入していた

青酸化合物による
中毒死と思われます

ああ ということは また自殺やな

しかし 動機も確認できずに

自殺と断定するわけにも
いかんでしょう

うん そりゃ そうやが

井岡の指紋しか残っとらん
コップ酒飲んどるんや

他殺の疑いがあるんか?

それを
これから捜査するんでしょうが

ああ そうか
(吉川)課長

さっきの男なんですが
タクシー会社に問い合わせて

三木屋に宿泊してることが
分かりました

何者や?
宿帳には 東京北区

ルポライター 浅見光彦と
書いてありました

浅見… どっかで
聞いたことのある名前やのう

(加代子)どうぞ

浅見さんといいなるんですか?
はい 何か?

あっ いいえ こっちで
あんまり見かけん お名前なんで

時々 アサミさんって名前の女性と
間違えられたりするんですよ

そうですか

あの絵は?

ああ ひぼこさんです

ひぼこさん…

(矢瀬)
また自殺って噂だよ 中富さん

そうですか
あっ いらっしゃい

例の幽霊ビルの話ですか?
ええ 困ったもんですわ

こう 次から次へとじゃ
3人目ですって?

そうなんですわ
この1年半で3人ですからね

ありゃあ
呪われてるんじゃないんですかね

ひどいことしましたからね
保全投資協会は

1人暮らしの老人が
何人も自殺に追い込まれましたし

お客さんも やっぱり
あの事件に頭にきたほうですか?

ええ あんまりやり方がひどいので

黙ってられなくて
ルポを書いたこともあるんです

ルポ…

保全投資協会の悪事を暴く記事を
雑誌に載せたんですけど

お客さんは志賀直哉みたいな
作家先生ですか?

ああ いえ 先生じゃなくて
ルポライターなんです

そら すごいわ

どうぞ

(加代子)浅見さん
はい どうも

ああ これです

来日の安里さんという

郷土史家の方のお宅を
ご存じですか?

安里さんって ひぼこ会の会長の?
ひぼこ会?

天日槍っていって ほら

事務所の中に飾ってあったでしょ
絵が

ああ あの古代の王子のような
ええ

あれは
中富さんが描いたんですけどね

この辺りの神様みたいなもんで

あれを研究する会
っていうのがあって

その会長が安里元治って
じいさんなんですがね

ああ それじゃ たぶん
その方だと思います

行きなるんですか?
ええ ちょっとお話を伺いに

ああ そう そんならね
これ出ましてね 右行きます

そうすると 信号がね 3つめ
それを左へ曲がっていくと…

すごいところだな

対向車が来たら避けられないぞ

ごめんください

(利昌)はい 何でしょう?

郷土史家の安里さんのお宅と
伺って来たんですが

それなら 私ではなく祖父ですね

おじい様ですか
はい

今 ご在宅ですか?

ちょっと
お話をお聞きしたいんですが

いるにはいるんですが

お話しできる状態ではないんです

というと ご病気で?
ええ まあ

あっ 申し遅れました

僕は ルポライターの
浅見と申します

(利昌)浅見さん…

東京からいらしたんですか?

ええ 城崎地方に残る

土蜘蛛伝説について
取材に来たんですが

安里さんは 何か
ご存じじゃありませんか?

土蜘蛛伝説?

かつて この地方にあって

大和朝廷に抵抗していた
一族のことを

土蜘蛛族といったそうなんですが

そうですか 残念ながら私は

ずっと
この土地を離れていたもので

地元の歴史には詳しくないんです

と おっしゃると 東京ですか?
ええ まあ

東京にも しばらくいましたが
あちこちで

浅見さんは
どちらにお泊まりですか?

城崎の三木屋さんです

分かりました それでは
祖父が話せる状態になりましたら

こちらから連絡いたします

ぜひ お願いします

はい

これが出石名物の皿そばですか

これなら
10枚 20枚いけそうですね

では いただきます

う~ん うまい

光彦 競争してるわけじゃ
ないんですから

もっと
ゆっくり食べたらどうですか

はい

う~ん

ああ おなかいっぱい
10枚もいただいてしまったわ

僕は 17枚です

何 威張ってるの?

何だか 枚数を
争いたくなりませんでした?

なりませんよ

でも ホントに
おそば屋さんでいっぱいね

ええ これじゃ 1 2の3で
飛び込むしかありませんね

まあ きれいな白磁ね
ホントだ

ちょっと入ってみましょうか

見事ね
ええ

(まゆ子)いらっしゃいませ

ちょっと拝見させてくださいな

あなた 確か
昨日 幽霊ビルの前にいらした

はい

ああ あのときの

仕事で忙しいのかと思ったら

そういう出会いも
してたわけなのね

いや あの その…

でも ホントに
どれもこれも素敵な作品ね

全部 父の作品なんです

あら お父様の

そうなんですか

ああっ

この壺なんかも僕は好きだな
それ 私も大好きなんです

いくらぐらいするんですか?
35万円です

35万…

それは ちょっと無理か…
でも とってもいいものなんですよ

いや そうですよね

この光沢なんか 見てるだけで
心が休まる感じがしますし

曲線もすばらしいですしね

そういうこと
分かってくださる方に

買っていただけると嬉しいな

そう ローンも取り扱ってますけど

そうか ローンなら何とかなるか

(雪江)光彦

あなた 車のローンで
手いっぱいなんでしょ?

無理よ 無理

そうですね

それじゃあ せっかくですから

父の工房を
ご覧になっていかれませんか?

お父様の工房?

それは ぜひ

こちらは薬品で色づけをしてます

あの ちょっとよろしいですか?
はい

幽霊ビルで
お亡くなりになった方は

あなたの どういう
お知り合いなんですか?

いいえ 今度亡くなった方は
知らない方なんです

でも お花を…

実は 去年 あのビルで
私の知り合いが亡くなったんです

それで 今度 また あのビルで
人が亡くなったと聞いて

いてもたっても
いられなくなったんです

去年っていうと あの幽霊ビルで
亡くなった3人のうちの

最初の方ですね

はい そうです

水野幹雄さんといって

保険会社に
勤めていた人なんですけど

首をつって…

でも 自殺なんかじゃないんです

彼が行方不明になった次の日は
私の誕生日で

一緒にドライブしようって
約束していましたし

自殺なんかするはずがないんです

ということは 亡くなった方は
あなたの…

ええ
親しくさせていただいてました

そうだったんですか

でも 自殺じゃないとすると…

殺されたんです

彼 何かの事件に
巻き込まれるかして

殺されたんです
そうに違いありません

もしかして 水野さんは
保全投資協会の

社員だったんじゃありませんか?

保全投資協会の?

いいえ 違います

そうですか…

私 どうしても 彼が
自殺なんかじゃなかったことを

証明してあげたいんです
ええ

よく分かります

あっ…

(靖江)主人は殺されたんです
そうに違いありません

何か 思い当たることでも
ありますか?

それは以前 主人がああいう会社に
勤めておりましたから

ああいう会社というと
保全投資協会のことですか?

つまり 奥さんは
ご主人を殺したのは…

そうです
保全投資協会の被害者の誰かが

主人に逆恨みをして

僕も 自殺じゃないと思うんですが
何や あんた

だって
最初の水野さんも 2番目の人も

やすりで錠を切って
あの幽霊ビルに入ってるんでしょ

自殺する人が わざわざ
そんなことするでしょうか?

何や 君は
いきなり刑事課入ってきて

訳の分からんこと言うて
今 井岡さんの奥さんから

ご主人が以前 保全投資協会に

勤めてらした方だと
伺いましたけれども

2番目の人はどうだったんですか?

やっぱり 保全投資協会の
元社員だったんでしょうか?

だったらどうだと
いいなるんですか?

もし そうなら
他殺ではないんですか?

僕は そういう印象を持ちました

ふ~ん 大した印象やな
用件はそれだけかね

もっと 色々お伺いしたいんですが

今度の事件に関しては
今 捜査中なんです

それじゃあ
前の2つの事件に関しては?

そら もう
自殺で処理されてるんです

何か知りたいんだったら
図書館へでも行って

新聞なり 雑誌なり読むことですな

分かりました じゃあ そうします

何や あいつ
うさんくさいやっちゃな

安里さん?

ああ

あら お知り合いなの?

母なんです

お母様ですか

どうしたんですか? 一体

私 1人でうろうろしてたら
迷子になっちゃって

そしたら この方が ご親切に
声かけてくださったの

そうですか
それはどうも すいません

いえ…
東京にいらしたんですって

で 今度 こちらで
お料理屋さんなさるんですって

だったら 越前ガニの専門店が
いいわってお話ししてたところ

今 いい出物を探してるところ
なんですが

まあ お若いのに偉いわね

それに比べて いい年をして

いまだに 兄の家に
ごやっかいになってる人も

いるんですからね
すみません

こちらにはいつまで?
そうですね

明日は この人にドライブにでも
連れてってもらって

夜は あと3つ外湯に入らなければ
なりませんから

2泊ぐらいかしら

そうですか じゃあ ごゆっくり
城崎を楽しんでらしてください

ええ どうもありがとう

では

昨日の車ないんですか?

ええ ひと足違いで
さっき 別のお客さんが

ゆうべ 車返すときに
今日も借りますって

言ったはずですけど
そやったですかな?

ああ これどうですか?

ちょっと古いけど よく走りますで

ずいぶん 年季が入ってる
みたいですけど

ちゃんと走るんですか?
当たり前ですよ

日本の車は
世界で一番優秀なんですからね

すみません 遅くなって

しょうがないわねえ
親をいつまで待たせる気ですか

はい どうぞ
ちょっと狭いですけど

こぢんまりしてて
いい車じゃないの

出かけんさるんですか?

ええ 日和山まで
ちょっとドライブに

いい眺めね
えっ ええ…

ちょっと 光彦
スピードの出し過ぎやない?

そっ それが…

ブ… ブレーキが利かないんです

何ですって!? ああ…

(スキール音)

ちょっと 光彦 ねえ

(対向車のクラクション)
(スキール音)

ああっ!

あの親父
大丈夫だって言っておいて

光彦 何とかしなさい 光彦!
はい

しっかり
つかまっててくださいよ

ああっ!

ああ~!

お母さん いきますよ!

(衝突音)

はっ はあ~

はあ…

はあ~!

動かないで

えっ?

うろたえないで

車が どのくらい崖から
出てるか分かりませんから

ゆっくり ゆっくり
降りるんですよ

はっ はい

もう 二度と
あなたの運転する車には

乗りませんからね

ああ はあ

ええ

ブレーキオイルが!?
そんなはずないですって

しかし 現に抜けていたんですよ
そうでしょう? 刑事さん

ええ それは間違いないです
ほんなら あんたが

乱暴な運転しとったんや
ないんですか?

何ですって!
僕は母を乗せていたんですよ

そんなブレーキオイルが
抜けてしまうような

乱暴な運転するはずがないでしょ
(横尾)吉川

はい
こんなところで言い争っても

らちがあけへん
はあ

最初から整備不良だったのか
あんたの運転に問題があったんか

署のほうで もういっぺん 冷静に

話を聴かせてもらえませんか?

はい

ええ 行きましょう

(サイレン)

(横尾)城崎へは いつ?

おとといです
その前の日は?

前の日は 東京にいました

東京の どの辺に?
自宅で仕事していましたが

それと 今度の事件と
どういう関係があるんですか?

参考までに
お聞きしとるだけです

参考っていったって

それじゃ まるで 僕のアリバイを
調べてるみたいじゃありませんか

はっ なるほど
僕を わざわざ警察へ呼んだのは

車の事故のことじゃなくて
幽霊ビルの事件のことで

僕を調べようって
わけだったんですか

まあ それだけ 察しのいい方なら

何にも回りくどい質問をする必要
ありませんな

見当違いも甚だしいですがね

そんなことだから
また えん罪事件を起こすんですよ

また?
またとは どういうことですか?

だって そうでしょ
(青地)おい 君!

たかが ルポライターごときが
偉そうな口きくんやないで

聞き捨てなりませんね
浅見さん…

たかがルポライターとは何ですか
知ったふうな口きくんやない

文句あるんやったらな
2~3日ぶち込んでも ええねんど!

課長…
あきれ果てますね

それが刑事課の
長たる人の発言ですか?

(横尾)あっ 浅見さん
あの ここは ひとつ…

僕は被害者なんですよ!?

あんなブレーキオイルの抜けた
車に乗せられて

危うく 母まで殺されかけたんです

それを別件で取り調べして
おまけに犯人扱いだ

怒って 当然でしょう
お前が

幽霊ビルの中で
ウロウロしとるさかいや

お前!?
浅見さん

何ですか?
ほんなら改めて

幽霊ビルで
発見された変死体事件に関して

あなたに
お尋ねしたいことがあるんです

ご協力願えますか?

はい 分かりました
吉川!

はい

本庁 問い合わせて
あいつの正体暴いたれ

はあ

浅見さん ほんなら ちょっと
場所を変えましょうか?

ええ

こうして 僕を疑っているようじゃ

警察は 全く
手がかりがないみたいですね

そもそも
今度の事件だけじゃなくて

前の2つの事件を
自殺で片づけてしまうなんて

甘くありませんか?

それなら聞くんだけど

あなたは殺人事件だと
証明できるんですか?

今は できません
ほれ みなさい

でも 僕は 水野さんの知り合いに

彼が自殺なんかじゃないことを
証明してほしいって

頼まれていますし
保全投資協会の事件となると

以前 関わったこともあって
黙っていられないんです

甘い あっ…

ふ~っ

ああ~
どういうことになったの?

車のことよりも幽霊ビルの事件で
疑われてしまいました

何ですって?

だから言ったでしょ
よけいなことに首を突っ込むから

こういうことになるんですよ

警察庁刑事局長の弟が
警察に連行されて

取り調べを受けるなんて

そんなことがマスコミに流れたら

陽一郎さんの立場は
どうなると思うんです?

すみません

だけど 妙よね 今どき
ブレーキオイルが抜けるなんて

ちょっと 普通じゃ
考えられない事故だわね

もしかしたら 誰かがわざと…

何ですって!?

課長 大変です!
何や?

あの男の… いや
あの方の身元に関して

今 警視庁から答えが
返ってきたんですが

おお どないしたんや
それが あの…

えらいこってす

ええっ!

あっ 署長 ここじゃないですか?
はよ はよ はよ はよこんかい

女将 女将いてるか?
(女将)は~い

浅見様の部屋はどこや?
萩の間ですけど

どうしなはったですか?
はよ 案内して

萩やな?
署長 こちらです

はよせんかい
何してんねん 早く

ほんまに すんませんでした!

浅見刑事局長のお母堂様ならびに

浅見様の弟様とは つゆ知らんと

ほんまに
失礼なことをいたしました

そんなに ご丁寧に
おっしゃらないでください

息子は 息子 私は
私でございますから

はあ 青地君!
はいっ はい

私の部下が弟様に対して この

誠に失礼な言動をいたしまして

もう 深く 深く お詫びをしたいと
この思う 所存で その…

あっ 横尾君
いや 私は別に…

弁解無用!

君は浅見先生を
被疑者扱いしたそうやないか

どうして そういう失礼なことを

私は 刑事として
当然の義務を果たしたまでです

浅見さんをお前呼ばわりしたのは
課長でしょう

はっ はっ はあ お前やと!?
いや その…

何たることを君は
ああ いや 私は その あの

申し訳ありませんでした
言語道断や!

浅見様はやな ルポライターとして
また 私立探偵として

つとに有名なお方や 今までに
数々の難事件を解決しておられる

その お方を被疑者扱いにして
お前呼ばわりとは

何たる 暴言や! もう!
はっ はあ どうも…

署長さん もういいですから
いやいや そうはいきません

知らんのか 君は? ええか!

浅見先生はやな かつて
保全投資協会の事件のときに

ルポライターとして また
名探偵としてやな

獅子奮迅の活躍をなさって

ついに 保全投資協会を
崩壊に追いやったという

大手柄の持ち主や
その先生に向かって君は

(青地)すいません
署長さん そのことなんですが

いや 私も… はあ あの~
何のことでございましょうか?

町の人達は
保全投資協会の幽霊ビルの事件は

3件とも 殺人事件だと
思ってるらしいですね

はあ

結局 現場の状況だけで
自殺の動機など

何も発見できないままに
自殺と断定したらしいと

そう噂してますけど?
どうなんやね? 青地君

ああっ ええ それは その
ええっ 横尾君!

捜査は
万全を期したつもりです

その結果 自殺と断定した
そういうことです

あっ そういうことであります
フッ フッ

よく分かりました

あっ 呼び出してすみません

警察で話すよりは
ここのほうがいいと思いまして

ああっ ご存じですよね?

最初の被害者の
水野さんのお友達の…

天沢まゆ子です

そんで 話っていうのは?

横尾さんは
幽霊ビルで起きた3つの事件に

何らかの関連があるとは
思いませんか?

そして 今回の
ブレーキオイルが抜かれた事件

これも幽霊ビル事件に何らかの
関連があると思うんです

理由は?
あのビルが

保全投資協会のビルだからです

しかし
いまさら自殺で処理した事件を

また警察が再捜査するには

何か 新たな証拠が
出なければなりませんよね

でも 僕が調べるなら
問題はないと思いませんか?

はぁ…

教えてください なぜ 水野さんが
自殺と断定されたんですか?

彼は 亡くなる数日前から
仕事が思うように はかどらずに

元気がなくなっていたんです

元気が?
日記が残っているんです

日記?
彼自身の業務日誌のようなものが

それを読めば 死の直前
彼が仕事に悩んでいた様子が

よ~く分かります

あなたの前では 見えを
張っていたのと違うんですかね?

その日記は 今 どこに?

私が 水野さんのお母様から
預かってますけど

きちょうめんな方だったんですね

その日に回ったお客さんのことを
こんなに細かく

成績だってよかったんです

城崎のような こんな小さな町で
ずいぶん契約を取っていました

(まゆ子)それなのに警察は

仕事の成績不振を悲観した
自殺だなんて

「7月8日 安里様を訪問」

「変わったお年寄りと
聞いていたが」

「先月お孫さんが帰ってきて
同居を始めたらしく」

「ご機嫌がよかった」

お孫さん…

あの人か…

まゆ子さん
水野さんが亡くなったのは

何日ですか?
去年の7月18日です

とすると 亡くなる10日前か

うん 確かに この頃から

水野さんの日記は
分量が減ってるな

ほらっ 亡くなった日まで

きちんと訪問先が
メモされてるんだけど

この日に訪問した3軒は いずれも
1行しか書いてない

今までとは 全く違います

確かに そうですけど

この頃 水野さんに 何か

心境の変化があったのかも
しれないな

心境の変化?
ええ

この最後の3人 富村さんと
加久さんと矢瀬さんに

そのときの水野さんの様子を
聞いてみる必要が…

うん?

矢瀬?

保険の外交?
ええ

例の幽霊ビルで亡くなった
最初の方なんですが

そんなら もう
警察に話しましたよ

別に私は あの人とは

保険の外交と客以上の関係では
ないですしね

そのとき どんな様子だったか
覚えてませんか?

そんなこと覚えてませんよ
それじゃ

お母様 ご様子どないですか?

ええ もう
すっかり元気になっています

ああ そうですか…

なんですか 本当に…

あの~ 中富さんですよね?

はい

前に 天日槍会でお会いしたことが

ああ~

そうか~ 中富さんは
城崎の歴史に詳しいんですよね

いえ そんなことありませんけどね

よかったら
話を聞かせてもらえませんか?

土蜘蛛伝説について
調べてるんですが

土蜘蛛伝説?

お願いします
ああ…

(加代子)土蜘蛛伝説というのは
たぶん

土蜘蛛族が大和朝廷に屈服せず

勇猛に戦ったという神話というか

民話のことではないかと思います

では 土蜘蛛族というのは

この地方に古くから住んでいた
人達のことなんですか?

天日槍命を
知っておなるんですか?

あの人ですね
(加代子)ええ

新羅の国の王子様で
日本へ渡来してきて 大陸文化

特に 鉄文化を広めた方と
いわれてるんです

その一族を
天日槍族というんですが

一族は当時
大和朝廷に抵抗してたんです

それで 大和朝廷は彼らを
土蜘蛛族と呼んで

恐れてたんじゃないかと
考えられています

つまり 天日槍族が土蜘蛛族…

ええ もちろん一説ですがね

(利昌)じゃあ それでお願いします
あっ はい

安里さん

あっ また 妙なところで

お仕事ですか?
ええ 例の店探しで

祖父の件ですが まだ元気がなくて

ええ それは もう お元気なときで

そうだ ちょっと よろしいですか
はい

去年の7月の話なんですが

大東生命保険の外交の
水野さんという方が

お宅へ お邪魔したはずなんですが

覚えてらっしゃいませんか?
ああ…

保険の? いえ 覚えてませんね
その方が 何か?

おじい様には お会いしたと

水野さんの日記には
書いてありましたので

当時の水野さんの様子が
伺えればと思いまして

祖父にですか? 分かりました
それも聞いておきます

お願いします
はい

すいません 中富さん

また お店に
戻らなければならないんですって

あっ そうですか?
すいません お手間を取らせまして

あっ ご存じですか?
あっ いえ 私は…

そうなんですか? こちら
天日槍会会長のお孫さんで…

安里と申します

中富さん 城崎の
レンタカー屋さんの方なんですが

天日槍会の
会員でもいらっしゃるんです

ああ そうなんですか
今 例の土蜘蛛伝説について

色々 ご教授いただいていた
ところなんです

あっ そうなんですか?
今後とも どうぞよろしく

こちらこそ

それでは

(♬~幟まわしの歌)

♬~

どなた?
あっ レンタカー屋の店員さんです

あっ そう

♬~

先日は大変なことになって
申し訳ありませんでした

いいえ もう そのことは

でも かわいいわね 子ども達が

ええ
毎年 見にいらっしゃるの?

はい
じゃあ 昔はお子さんも

この行列の中にいたのかしら?
いいえ

子どもはおりませんから
あらっ そうなんですか?

(雪江)でも お偉いわね

お仕事もなさって

神話の勉強もして
絵もお描きになって

で お家のことも
なさってるんでしょ?

1人暮らしですから 時間を
持て余してるくらいなんです

じゃあ ご主人に先立たれて
ええ 15年も前に

それからずっとお一人で?
はい

再婚は
お考えにならなかったんですか?

それが再婚だったんです

あら…

前のご主人にも先立たれて…
光彦 そんな立ち入ったこと

すいません
ごめんなさいね ぶしつけで

いえ
でも 大変だったでしょ?

女 1人で
いいえ

(子ども達のはしゃぐ声)

≪失礼

ああ どうも どうも

あっ!
あっ

まだ こっちにおったんですか?

事件が何にも解決してないんじゃ
帰るわけにもいきませんからね

チッ よけいなことを
はっ?

えっ いえいえ

事件が起きたときに
きちんと捜査していれば

今になって こんな
苦労をすることもないんです

聞き捨てなりませんな

お互いさまです

プハ~

(雨音)

水野さんが亡くなったとき

矢瀬レンタカーの社長の
アリバイを調べましたか?

そんなもん
調べるわけがないでしょう

保険の外交と客の関係を全部
疑っていたらキリがありません

だったら もう一度
調べてみたらいかがですか?

あなたに言われる筋合いは
ありませんな

もっと素直になりましょうよ
何ですって?

水野さんは亡くなった その日に
矢瀬さんの店を訪ねてます

そして 幽霊ビルの事件に
関心を抱いていた僕が

矢瀬レンタカーの車で
危うく死にかけた

いずれにも
矢瀬さんの名前が登場します

何か 関連があると考えても

おかしくないんじゃ
ありませんか?

あなたは どうしても
幽霊ビルの3つの事件を

何者かによる謀殺だと
言いたいわけですか?

そうです
そうとしか考えられません

保全投資協会は崩壊したとはいえ

まだ数十億にものぼる財産が
どこかに隠されてるという噂を

もちろん ご存じですよね?

そんなこと
あんたに言われんでも

あの幽霊ビルは
くまなく調べました

コンクリートの壁の中に

埋め込まれてる可能性も
ありますよ あるいは

隠し地下室がある可能性も

部屋の中を
のんびり見て歩くだけじゃ

調べたとは言えませんよ
のんびり? 失礼な!

何しろ 数十億円の札束か
金塊ですからね

隠すほうだって
知恵を絞ってるはずです

横尾さんなら
分かってくださると思って

こうしてお話ししてるんです

もう一度 一連の事件を
再捜査してみませんか?

う~ん

う~ん

(女将)失礼します
はい

今 天日槍会の事務の方から
今日 3時に安里会長のお宅で

お話を聞けるように
いたしましたからと

伝言が入りましたが
あっ そうですか

安里さんが言ってくれたのかな

分かりました 3時ですね

え~っと

2時15分か

ここから来日まででしたら…

急ぎになるんでしたら
うちの車をお貸ししましょうか?

また レンタカー屋さんまで行くの
大変でしょうしね

よろしいですか?
ええ どうぞ

さっ うん お願いします

はあ~

すいません
いらっしゃいませ

安里といいますが
水島不動産の方から

何かメッセージ入ってませんか?
安里様宛てでございますね?

はい

ここのロビーに
2時に約束してるんですが

あいにく入っておりませんが…

そうですか

何だって こんな止め方…

矢瀬社長が乗ってた車だな

はあ~

<引き返すったって Uターンもできないし>

<歩いて行くには まだ距離があるし>

(クラクション)

よしっ

(利昌)道の真ん中に車が
止まってるんですよ

ええ 例の一本道 はい

えっと~ 白いバンです

家に帰れないんですよ はい

何とかなりませんか?

そうですか
どのぐらいかかりますかね?

はあ
安里さん

じゃあ そういうことで
お願いします

いや~ すみません
お宅へ伺おうとしたんですが

車に道を塞がれて
私も 今 家へ帰ろうと思ったら

道の真ん中にあんなふうに
車が止めてあるんで

今 警察に
電話したところなんですよ

僕も ついさっき
警察に電話を入れたんです

あの車 レンタカー屋の社長さんの
車だと思うんですけども

どういうつもりなんですかね?
ええ

(サイレン)

(吉川)横尾さん こっちです

レンタカー屋の親父か
ええ

道を塞いでた車のことを
警察に通報してきたのは?

安里という人物と浅見さんです
浅見さん?

行くよ
はい

(横尾)失礼します

レンタカー屋の
矢瀬耕三が殺されました

な… 何ですって?

お伺いしたいことがありますんで
署まで同行願います

署まで…

天日槍会に
問い合わせたんですがね

誰も 浅見さんを
呼び出すような電話は

しとらんと言うとんなるんですよ

そんなはずありませんよ

それじゃあ 三木屋の女将さんに
聞いてみてくれませんか?

女将さんが
僕に伝言してくれたんですから

もういっぺん聞きますが

あの現場に着いたのは
何時ですか?

3時に 安里さんのお宅へ
伺うことになってましたから

3時ちょっと前だと思います

ちょっと
考えさせてもらえませんか?

何をですか?

なぜ 矢瀬さんは殺されたのか

矢瀬さんの死は
今度の一連の幽霊ビル事件と

何か関係があるのか

それから 僕が借りた車の
ブレーキオイル事件とは

何か関係があるのか…

そうか! そういうことか

横尾さん
ちょっと場所を変えませんか?

場所を?
僕は任意なんでしょ?

もっと頭の働く場所へ
行きましょうよ

この間の
露天風呂でもいいですけど

矢瀬さんを殺した動機について
何か出てますか?

彼はずいぶん
借金をしとんなったようです

借金 それは好都合ですね

どういう意味ですか?

例えば 僕が借りた車に
細工をした人物を 矢瀬さんが

知っていたとしたら どうですか?
それで?

矢瀬さんには
借金があったんでしょ?

だったら 犯人を
恐喝していたのかもしれません

その人物に 矢瀬は逆に殺された
そう言いたいわけですか?

推理としては成り立ちます

(横尾)百歩譲って
浅見さんが無実だとしたら

何者かが あなたを
はめようとしたということですか

そのとおりです

誰が なぜ?

誰が なぜ…

思い当たることは?
例えば 利害関係のある人物

利害関係か…

思い当たりません でも

恨みなら買ってます
恨みを?

以前 僕が 保全投資協会の悪事を
暴露する記事を書き

それが きっかけで
崩壊したって話を

覚えてますか?
はあ

ですから 保全投資協会の人間には
かなり恨まれてると思うんですよ

なるほど

そうか

保全投資協会か…

外湯は 全部お入りになりました?
ええ

光彦

どうだったの?

あなた また陽一郎さんに
迷惑かけるようなことして

いや 僕のせいじゃありませんよ

疑われたんですって?
災難でしたね

ええ

明日ね 安里さんが

玄武洞に
案内してくださるんですって

玄武洞?
(利昌)ええ

あれは一見の価値があると
思いますので

でも お仕事
忙しいんじゃないですか?

いえ 目下 失業中で
暇を持て余してますから

まあ 光彦なんて ずっと
失業してるようなもんですよ

浅見さんは
立派な私立探偵のお仕事を

なさってるじゃありませんか

はあ…

そんなもの むしろ
ないほうがいいくらいですよ

それじゃあ 明日
僕の車で迎えにあがりますから

そうですか じゃあ
よろしくお願いいたします

では 失礼します

まあ いい青年ね

お若いのに しっかりしてるし

年寄りには親切だし

ずいぶん苦労なさったらしいわ

子どもの頃 お父様が
事故で亡くなって お母様は再婚

そのとき お母様と一緒に
行けなかったそうよ

どうしてですか?

おじい様がね

安里家の跡取りを連れて行くな
って言ったそうよ

そうなんですか
それで そのお母さんは

今も どこかで健在なんですか?

うん たぶん どっかでって
言ってらしたわ

それじゃあ
まだお会いしてないんですね?

そうらしいわね

そうですか また どっかで
再会できるといいですよね

そうね いつか どっかでね

それにしても どうしてお母さん
僕が私立探偵をしてるだなんて

そんなことを
ばらしちゃったんですか?

私が?
私は そんなこと言いませんよ

言ってない?
どうして 私が

あなたの そんな宣伝
しなきゃならないんです?

(電話のベル)

(陽一郎)もしもし ああ 光彦か

無事 釈放されたのか?

すいません ご迷惑おかけして
迷惑ついでに

1つ 調べてもらいたいことが
あるんですが

何だ? えっ 保全投資協会の?

ええ かつての社員の中に

安里利昌という人物が
いなかったかどうか

調べてほしいんです

安里利昌? 年齢は?

30歳前後 ああ 分かった
すぐに調べよう

あっ しかし 光彦

あんまり深入りするんじゃないぞ

(雪江)光彦

あなた 安里さんを疑ってるの?

念のためです

僕は あの車の第一発見者ですけど

安里さんも第二発見者ですからね

困ったもんね 誰も彼も疑って…

(電話のベル)

もしもし?

兄さん どうでしたか?

安里利昌という人物は

確かに 保全投資協会の
社員の中にいたそうだ

いましたか!

ただし 保全投資協会の疑惑が
明るみに出る前に退職し

最終的な社員名簿には
リストアップされていなかった

それで
捜査の対象から外れたらしいんだ

それで
どんな役職だったんですか?

うん 金庫番だったそうだ

金庫番…!

そうですか 読めてきました

安里が 保全投資協会の金庫番?

ええ そうなると

彼は 僕を恨んでることになります

ということは…
例えば

レンタカーのブレーキオイルの
パイプに細工をしたのが

安里さんだとすると…

矢瀬は 安里を恐喝していた

その矢瀬さんを殺し
罪を僕に押しつける

彼としては 一石二鳥です

安里さんのアリバイは
確かなんですか?

出石のホテルのフロントに
確認しました

何か トリックがあるんだろうか

しかし 安里が犯人だとしても

矢瀬殺しは 1人では不可能です

あの道で矢瀬を殺して
車を置いてくるとなると

歩いて
現場を去らなければならない

そんなら その直後に

浅見さんに 電話のところで
会うことはできませんしね

そうか 無理か…

しかし…

お帰りなさいませ

お母様は先ほど
安里さんとご一緒に

玄武洞のほうへ行かれましたでよ

玄武洞!?

車借ります!

次の船は何分後ですか?
決まっとらんです

向こうで
人が集まんなったところで

あの船がまた戻ってきますんで
10分か 15分か…

どうぞ

もうちょっと近くへ
寄ってみましょうか

真下から見上げると
迫力がありますから

そうね

(雪江の悲鳴)

あっ すいません 人違いです

お母さん

あら 光彦

(利昌)保全投資協会…

懐かしい名前だ

確かに あなたの言うとおり
私は元社員です

しかも あなたは金庫番だった

《(記者達の詰問する声)》

《(社長が刺される)》

《(記者達のどよめき)》

幽霊ビルに
保全投資協会の隠匿財産が

隠されてるんじゃありませんか?

最初の被害者である水野さんは

保険の外交で
あちこち回ってるうちに

その情報をつかんだ

そして あなたが あのビルの
見張り番だということを知り

その金を欲しがった

《全部 知ってますよ》

《約束のものは
いただけるんでしょうね?》

秘密を知る者は
生かしてはおけない

そして
どこかで水野さんを殺した

《(苦しむ声)》

その死体を幽霊ビルまで運び

首つり自殺に見せかけた

次の被害者も
そして 3人目の井岡さんも

《(井岡)
どうなんだよ! 金庫番なら》

《金のあるとこ知ってんだろ!?
教えろよ こら!》

あの幽霊ビルに 保全投資協会の
隠匿財産があることを知り

ことば巧みに
あなたに呼び出され

そして あなたが
自殺に見せかけて殺した

《(苦しむ声)》

結構な推理ですが

なぜ わざわざ幽霊ビルに
運ばなければならないんですか?

3人も自殺者が出れば
幽霊ビルとして有名になり

そのうち 誰も近づかなくなる

なるほど

そして 今度は僕です

あなたは 僕の名刺を見たときに

保全投資協会の敵 ルポライターの
浅見光彦だと知った

《浅見さん…》

そして 僕が幽霊ビルの事件に
興味を持ったと知り

また邪魔をされたくないので
殺そうと思った

矢瀬レンタカーの車に
細工をしたのは あなたです

それを 矢瀬さんに見られて

脅迫され そして殺した

僕を犯人に仕立て上げれば
一石二鳥ですからね

一体 私がどうやって
矢瀬さんを殺せるんですか?

矢瀬さんが殺された時間
僕は出石のホテルにいたんですよ

《安里といいますが》

《水島不動産の方から
何かメッセージ入ってませんか?》

《ここのロビーに
2時に約束してるんですが》

殺す場所は どこでもいいんです

出石のホテルの近くで殺し

その後 車で
あの現場へ運べばいいんです

そうすれば
あなたのアリバイは成立する

車は どう説明するんですか?

私は 自分の車で出かけていた

矢瀬さんの死体を 私の車に乗せて
あの現場に捨てたとして

その後 矢瀬さんの車を
どうやって置いておくんですか?

私は あの直後
あなたに会っています

歩いて帰って また矢瀬さんの車を

あそこに置くなんてことは
できませんよ

名探偵の推理もそこまでですな

共犯がいればできる!
共犯?

それは一体 誰ですか?

むちゃな推理は
するもんじゃありませんよ

共犯者がいればという理屈なら

浅見さん あなたにだって
犯行は可能なんだ

そうでしょう?

お母様が悲しみますよ

そんな
探偵のまね事ばかりしてると

一体 どこ行ってたんですか?

待ちくたびれましたよ
すいません

何をしてたの?

勝手に車に乗って
帰ろうかと思いましたよ

そんな強がりを言って
車の運転なんか…

できますよ 車の運転ぐらい

若い頃は あなたのおじい様の車
運転してたくらいですもの

バックだってできましたしね

へえ~
それは初耳でした 失礼しました

さあ 行きましょうか

バックもできる…

そうか そういうことか!

はい?

お母さん ありがとう!
これで事件は解決です

中富さんは 車を運転できますね?

それなら
当然 バックもできるはずです

レンタカー屋さんで
長く働いていれば

細い道をずっとバックして
走ることも簡単にできる

違いますか?

先日 僕は出石のホテルで

あなたに
安里さんを紹介しましたが

本当は あれより前に あの方を

ご存じだったんじゃ
ありませんか?

あのときが初対面です

確か 中富さんは
再婚なさったんでしたよね?

お子様はいないと
おっしゃってましたが

前のご主人との間には
どうだったんですか?

安里さんは 幼い頃
お父さんを事故で亡くし

その後 お母さんは再婚した

でも そのとき 何か事情があって

自分は連れていって
もらえなかったそうです

あなたが安里さんの…

違います! 私は…

僕は 幽霊ビルで亡くなった

3人の人を殺したのは

安里さん あなただと思っています

そして あなたが犯人だと
思っている人間が

僕のほかに もう一人いるのです

その人は 僕が幽霊ビル事件に
興味を持ったことで おびえた

おびえた?
そうです

以前 僕が 保全投資協会の
悪事を暴いたように

今度もまた あなたの犯行を

暴いてしまうのではないかと
思ったんです

そして その人は
あなたを守るために

レンタカーのブレーキオイルの
パイプに細工をし

僕を殺そうとした

一体
誰のことを言ってるんですか?

行きましょう ご案内します

僕が借りたレンタカーの
ブレーキオイルを抜いたのは

中富さん あなたですね?

しかし そのとき…

あなたは
矢瀬さんに目撃されてしまった

そのことで あなたは
矢瀬さんに脅迫されましたね

大事に蓄えてきたお金を
要求されたあなたは

もう矢瀬さんを
殺すしかないと思った

そして その犯行を
僕の仕業に見せかけることで

一石二鳥を狙った

事件が起こったあの日

まず あなたは声色を使って
三木屋に電話を入れ

僕に伝言を残した

《天日槍の会の者ですが》

《3時に
安里さんのお宅に伺うように》

《浅見さんにお伝えください》

そして 一方
不動産屋の名をかたり

安里さんに 2時に出石のホテルで
待ち合わせたいと

電話を入れた

犯行時刻の
安里さんのアリバイを作り

彼を助けるためです

そして さらに あなたは
矢瀬さんに

ひぼこ会の会長から
2時に自宅に来るようにと

伝言があったと言って だました

矢瀬さんが 安里さんのお宅へ
来るのを待ち伏せしたあなたは

背後から矢瀬さんを一撃した

《あっ!》

そして あなたは
矢瀬さんの死体を車に乗せ

あの細い道をバックして走った

そして あなたは
後から来るはずの

僕の車が通れないようにするため

矢瀬さんの車を
道を塞ぐようにして止めた

《(加代子)ヒッ》

すべては
僕を殺そうとしたことから

こんなことになったんです

そうですね?

僕を殺せば 安里さんを守れる

そう思ったからですね?

浅見さん

まさか この人が…

そうです あなたのお母さんです

(汽笛)

《(利昌)母ちゃん》

(泣き声)

母さん? あなたが?

ごめんなさい 利昌

しかたがなかったの

ほんまは
あなたを連れていきたかったの

信じてちょうだい

おじいちゃんが 再婚は許すけど

利昌を連れていくことだけは
許さんといいなったし

利昌は 安里家の
大事な跡継ぎだからって

ごめんなさいね

あの家にいることが
耐えられんかったの

あの家で ずっと

あの父に仕えていくことに
耐えられんかったの

今となっては
言い訳にしかならんと思うけど

うちは…

あんたを捨てたんと違うんだで

あの別れの日から

一日たりとも あなたのことを
忘れたことはなかった

だから…

この城崎に住んどったの

いつか 利昌も この故郷に
帰ってくるかもしれん思って

いつか どこかで
また会えると思って

いつか…

《いつか…》

《いつか 何?》

いつか…

必ず 母さんに会えると信じてた

利昌

母さん 会いたかった

母さん どうして 名乗り出て
くれなかったんですか?

できんかった

できんかったわ

あの日 駅のホームで

うちを追いかけてきた
あなたを思い出すと

いまさら 名乗り出ることなんて
できんかった

その代わり

あなたのことを
見守ってようと思った

母さんと
いつか会える日を夢みて

僕は金をためたんだ

母さんに少しでも
楽をしてもらいたいと思って

どんなことでもしてきた

ありがとう 利昌

こんな母親のために

でも ちょっと
やりすぎてしまったんだ

そう気が付いたときには

もう 泥沼から抜け出すことが
できなくなっていたんだ

そのために 母さんに
あんなことをさせてしまって

うちが悪いの

母さんが悪いのよ

母さん

♬~

(雪江)母親というものは
そうまでしても

子どもを守りたいものなのね

ええ これが殺人事件でなければ
美しい話なんですけど

あの息子さん ずいぶん
私に親切にしてくれたけど

あれは ご自分のお母様を
ダブらせてたのね

ええ

悲しい事件ですね

まゆ子さんに
とっても

ええ

でも お母様
また ぜひ城崎にいらしてください

ええ ありがとう

とにかく 無事に帰れて
よかったですね

無事だかどうか分かりませんよ

危うく
死にかけたとこなんですから

そうだったんですか?

坊ちゃま
レンタカーを借りるときは

ちゃんと ブレーキを調べなきゃ
だめじゃないですか

万一のことがあったら
私は もう…

私は何なの?
はい!? いや…

須美ちゃん

それで 光彦
本業のほうは どうなんだ?

原稿は書けたのか?

しまった 明日までに
原稿上げなきゃならないんでした

(陽一郎)ええ?
あら これですからね

光彦を雇ってる編集長さんも
大変ですよ

じゃあ 僕は これでお先に

あれ?

この白磁の壺は…

母さん
その白磁はね

私も気に入ったものでしたから

ありがとうございます お母さん
いいえ

う~ん やっぱり見事だな

それを見ると
どなたか思い出すのかしら?

あっ いや そんなことは…

ええ? 何だ?
そんなことがあったのか?

詳しく お話聞かせてくださいな

いや そ… そんな
お話しするようなことじゃ… ねえ

(一同の笑い声)