山村美紗サスペンス ニュースキャスター沢木麻沙子1 ADの沖(別所哲也)や東京から転勤してきた敏腕ディレクター富永…

2020年11月13日

出典:EPGの番組情報

[字]<BSフジサスペンス劇場>山村美紗サスペンス ニュースキャスター沢木麻沙子1

山村美紗新シリーズ。ニュースキャスター・沢木麻沙子が大学の同窓生たちの間で起こった殺人事件の謎に迫る!原作・山村美紗。出演・羽田美智子、研ナオコ、別所哲也ほか。

詳細情報
正式タイトル
山村美紗サスペンス ニュースキャスター沢木麻沙子1 京都・出雲殺人事件
番組内容
推理作家で京都テレビのニュースキャスターもつとめる沢木麻沙子(羽田美智子)が本物の殺人事件に挑戦する、山村美紗サスペンスの新シリーズ。
 ADの沖(別所哲也)や東京から転勤してきた敏腕ディレクター富永加代(研ナオコ)、京都府警の狩矢警部(本田博太郎)らが共演、第一弾は麻沙子の大学同窓生たちに相次いだ殺人事件で、麻沙子自身もその渦中にありながら真相を追う。
番組内容2
麻沙子は、大学の同窓生数人と出雲へ一泊の温泉旅行に出かけた。級友たちとその夜は盛りあがったが、翌朝ホテル近くの宍道湖で仲間の一人、女社長マスミが他殺死体で発見された。マスミの夫はその夜は名古屋に出張しており、容疑は出雲への同行仲間たちに向けられた。
番組内容3
麻沙子がニュースキャスターをつとめる京都テレビでは、スタジオにその仲間たちを集めて事件について語り合う番組を企画するが、その本番中、さらに仲間のうちの弁護士増田が青酸性毒物入りの煙草を吸って悶死する―。
出演者
<出演者>
沢木麻沙子:羽田美智子
富永加代:研ナオコ
沖武:別所哲也
杉原百合子:山村紅葉
狩矢警部:本田博太郎
森冬子:五十嵐いづみ
谷裕介:冨家規政
谷マスミ:原久美子
相川千恵:北原佐和子
小川理佐:越智静香
増田秀夫:藤敏也
小林二郎:木下ほうか
朝田:飛鳥井雅和
ほか
原作・脚本
<スタッフ>
原作:山村美紗
脚本:前川洋一

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 真澄
  2. 理佐
  3. 沢木
  4. 裕介
  5. 増田君
  6. 冬子
  7. 一緒
  8. 電話
  9. ホテル
  10. お前
  11. 千恵
  12. 増田
  13. 動機
  14. 事件
  15. 着信音
  16. 富永
  17. シッ
  18. 小林君
  19. ホント
  20. 警察

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,750 (2021/06/20 17:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

うん 奇麗やね。

ちょっと 早歩き過ぎた。
(女性)そう。

ちょっと ちょっと… あれ。

沢木 麻沙子さん?

(沢木)はい。

やっぱりや!
ちょっと サイン してくれます?

お願いします。

これ はい。

ここで会えるとは思えへんかった。

いや~。
(女性)ありがとうございます。

私も お願いします。

(沖)沢木さん!

また じゃあ
よろしくお願いします どうも。

ああ…。
どうしたの?

ディレクター
奥さんが 産気づいちゃって

産婦人科 行ったきり
戻ってこないんですよ。

カメラマンは?
ああ 他の取材。

音声さんは?
辞めました。

はぁ?
実家の 漬物屋 継ぐとかで

昨日 急に… あっ!

すいませんね 慢性の人手不足で。

慣れてるから!

ねえ 新しいディレクターが入る
って 聞いたけど…。

やり手らしいですよ。

東京のキー局で
バリバリやってた人だって。

まあ それまで 辛抱してください。

被害者 名前 何だっけ?

ヨシダ カズヒコ 62歳。
料亭の主人だそうです。

死因は?
それが はっきりしないんですよ。

後頭部から 血を流してた
って 聞いたけど…。

女性関係で もめてたって
ホント?

結構 お盛んだったみたいですよ。

愛人が 4人もいたって話です。
面白そう。

やる?
はい。

はい いきます。
3秒前… 2 1…。

え~ 今 京都市東山区
東山の疎水に来ています。

おい このアングル いこうか。
危ないな もう!

ああ… テレビ京都さんかいな。

ローカルは
もっと隅っこで撮ってたらええの。

はい シッ シッ シッ!
はい ええか?

ちょっと あの…。
いいから いいから 沢木さん。

もう あっちから撮りましょう。
沢木さんが

こんなとこでケンカしたら
人目につきますからね。

また…。
あったまくるな もう…。

おい おばさん!
おばさん 駄目 駄目 駄目!

(富永)はい 邪魔 邪魔 邪魔 邪魔。

うわっ!
ここは あんたの土地?

あっ?
ここ あんたの土地かって

聞いてんだよ!
いや…。

だったら
そんな でかい面 すんな!

何が キー局だ! この田舎者が。
邪魔なんだよ。

あっち行け あっち行け
シッ シッ シッ!

ほら シッ シッ シッ シッ!
分かった 分かった 分かった。

富永 加代。
本日付で 報道局 着任。 よろしく。

あっ
新しいディレクターって あの…。

おばさんで悪かったな
2回 言っただろ おばさんって。

すんません。
あの~ 沢木です。

挨拶は 後!
はい 本番いくよ 本番! はい。

本番って…。
はい いくよ! 本番!

はい 本番。
でっけえな お前…。

ちょっと 下がって。
はい はい 3 2…。

え~ 今 京都市東山区
東山の疎水に来ています。

けさ ここで 料亭を経営する
ヨシダ カズヒコさんが

死体で発見されました。

(沢木・朝田)こんばんは。
(朝田)今夜の ニュースタイム7

まず 国会関係のニュースから
お伝えしてまいります。

依然として 低迷を続ける
景気問題…。

先日 放送した
伏見の ヤマオカさん宅の猫

アレキサンダー君が 今日
31歳の誕生日を迎えました。

おそらく 世界最長寿の猫とみられ

ギネスブックに
申請してるということです。

丸々と太った アレキサンダー君
31歳…。

沢木さんと 同い年?
私は まだ 30です。

失礼しました。
気を付けてください。

それでは 特集です。
はい VTR いくよ!

5秒前 4 3 2 1… キュー!

え~ 今 京都市東山区
東山の疎水に来ています。

けさ ここで 料亭を経営する…。

アレキサンダー君の後に
殺人事件か。

ものすごいギャップ。
笑っちゃうでしょ?

でも そのギャップが
ウケてるんだよな。

沖 ええかげんなこと 言うな。

何が ウケてるや
数字 ガタガタやないの。

ねえ? はい。
はい。

推理作家が
現実の事件 推理するいうて

初め 調子良かってんけどな。
はい VTR 終わるよ。

5秒前… 3 2 1… キュー!

ヨシダさんには
55歳の奥さんの他に

4人の愛人がいるんです。

4人ですか
なかなか お盛んですね。

事件の背景には 正妻と愛人との

熾烈な権力闘争があったと
思われます。

ということは 犯人は この中に?
はい。

現場には 石段があるんですが

言い争った末に
ヨシダさんを 突き飛ばし…。

はい 3カメ もう少し寄って。

後頭部を強打したと
考えられます。

☎(着信音)

はい もしもし?

えっ? マジ?

あっちゃ~… はい。

ヤバいっしょ…。
何え?

今 解剖の結果が出て
死因は 脳梗塞だって。

脳梗塞!?

病死ですよ 病死。
殺人事件なんかじゃなかったんだ。

脳梗塞を起こして
後ろ向きに倒れて

後頭部を…
打ったっていうことですよ。

ということは?

ずばり 犯人は D子さんです。

あーあ 言い切っちゃった。

8連敗か…
相撲だったら 負け越しだよ。

分かったやろ?
視聴率低迷の原因。

推理作家の推理が当たらない。

そうや 当たったん 初めだけ。

富永さんに お願いしたんは
そこなんや。

彼女の推理
もっと 当ててほしいねん。

とにかく
視聴率 上げてほしいねん。

仮に 数字が上がった場合
私に 何か メリットは?

メリット?

希望 聞いてくれるとかさ。

取引?

結果が良かったら なんぼでも。

動機は 痴情の もつれと
考えていいと思います。

以前にも
同じようなことがありまして

C子さんとD子さん
この2人の間で…。

どうしました?
新しい情報が入りました。

司法解剖の結果
ヨシダさんの死因は

脳梗塞と判明しました。

つまり
ヨシダさんは 病死ということで

殺人事件ではなかった
ということですね。

わた… 私も そうじゃないかなと
思っていたんです。

よかったですね。 よくないですね。
ご冥福を お祈りします。

それでは いったん
ここで コマーシャル。

いい度胸してるじゃん。

売り上げに響くんですよね
ああ 毎回 外されちゃうと。

テレビの影響力って
やっぱ すごいですから。

ミステリーと 現実の事件とは
違うのよ。

その辺は 視聴者だって
分かってくれてると思うけど。

現に 先月 出した
東京京都殺人事件

20%も落ち込んでるんですよ。

題名が悪かったんじゃないの?

ハァ… あの 語呂の悪い題名
推したの 先生です。

そうだったっけ?

アバウトなんだから。

でーきた!

後 お願いね。
お疲れさまでした。

ほいっと!

よいしょ…。

えっ どこ行くんですか?
出雲 松江温泉。

大学時代の友達と 久しぶりにね。

ハハッ 楽しそうで。

えっ!?

どうも ありがとうございました。

キャ~ 久しぶり!

遅いよ!
ごめん 乗り遅れた。

相変わらずだな 沢木。

お前 講義にも
よく 遅れてきたっけ。

みんな ヤダ! 昔のこと。

真澄?
ご無沙汰!

ホント! 大学 出て以来かしら?
うん。

結婚したんだってね。
1年になるわ。

いい男なんだから
出雲の旧家の次男坊。

金持ち同士の結婚よ。
うらやましい!

はーい 洛北大学同窓生の皆さん。

こちらが 松江城
別名 千鳥城でございます。

おい やめろよ みっともないな。
なあ?

今回の言い出しっぺは 千恵?

違うわよ 理佐。
ん?

あの子 旅行代理店にいるでしょ?

格安で ホテルが取れる
っていうから

私と冬子で
みんなに 声を掛けたのよ。

真澄が来てるとは
思わなかったけど?

理佐が誘ったの
真澄 今や 女社長じゃない?

だから ごま すって 会社の
慰安旅行とか狙ってるわけよ。

理佐らしいわよね
ちゃっかりしてる。

昔 振られて 泣いてたのを
慰めたこと あったっけ。

女は 変わり身が早いの
8年も たってるんだから。

あの2人 付き合ってるの。

えっ いつから?

ほらっ 1年ぐらい前に
一緒に飲んだじゃない 冬子と。

後から 小林君が来て。
ああ うん うん。

あのときからよ 久々に会って
意気投合したみたい。

冬子の方が
積極的だったらしいわ。

ホント?
引っ込み思案の冬子がね。

奇麗だよ 行こう 行こう。
(増田)お~ いいね。 行こう!

見てみる?

気持ちいい。

夕日が奇麗だね。

あ~ 極楽 極楽。

ホント 極楽 極楽。

ヤダ おばさん 入ってる。

おばさんよ もう。
垂れてきちゃってさ どうしよう?

いや 早いよ。
(扉の開閉音)

そこへいくと
真澄は変わんないよね~。

えっ? 何?

スタイル
全然 崩れてないじゃない。

肌なんか 艶々しちゃって。
ホントだ ホントだ。

駄目よ もう…。 日焼けしたらさ
染みが消えなくなっちゃって…。

どこ?
(真澄)ほらっ 見てよ~。

私 ボロボロ! ほらっ!

あっ… やけどの痕。

天ぷら 揚げてて…。

ヤダ 所帯じみてる!

その天ぷら
どうせ 誰かさんのためよね。

私も やけどしたーい!

何 言ってんのよ!

あ~ 気持ちいい。

(着信音)

はい はい はい はい。

(着信音)

はい。

ああ 沢木さん。

えっ?

ねえ まず
被害者のこと 教えてくれる?

谷 真澄。 年は 私と同じ。

実家は 京都や大阪を中心に
貸しビル業を経営する資産家で

去年 お父さんが亡くなったんで
真澄が 跡を継いだんです。

何十億か
遺産を相続したらしいけど。

何十億?
旦那は?

谷 裕介。 年は 33。

出雲の大地主の次男坊で
真澄と結婚したのが 1年前。

真澄 一人っ子だったから
婿養子に入ったそうです。

事件のとき 旦那 どこにいたん?
名古屋。 仕事で 昨日から。

で 死因は?

絞殺。

真澄の腕時計が 12時5分で
止まっていたっていうから

たぶん 犯行は その時間。

12時5分…。

で 昨日は 何があったわけ?

温泉に入った後

宴会を始めたのが
7時ぐらいだったかな?

みんな 久しぶりだったから
かなり盛り上がってた。

♬「山が燃える」

《遺産総額 50億!?》

《そんな あるわけないじゃない》

《第一 ほとんど 相続税で
持っていかれちゃうわよ》

《でも 増田君が
うまく やってくれるんでしょ?》

《やり手弁護士だもんね》

《えっ? おお》
《遺産管財人ってやつ?》

《ああ まあな》

《頼りにしてるわ 増田君》

《うん ハハハハ…》

《聴いてんのか?
お前ら おい!》

《終わったの?》
《よかった!》

《すごい うまかった
うまかった》

《真澄! 真澄!
チャップリン チャップリン!》

《はい 歌おう 知ってるやろ?》
《うん》

《よーし》

♬「遠くを見る目に 風が映る」

《この間 見ちゃった》
《何?》

《あの2人 祇園で 夜 歩いてた》

《浮気してるって噂があるの》

♬「窓辺にもたれた」

(着信音)

《あっ… 真澄 電話!》

《はいはーい》

《あっ いえ 相川です
ちょっと待ってください》

《真澄! ダーリン!》

《サンキュー》
《うん》

《もしもし?》

《うん》

部屋に戻ったのが 11時すぎ。

疲れてたので 私は すぐに寝た。

他のみんなも
すぐに寝たって言っている。

それだけ。 特に 変わったことは
何もなかった。

目撃者も いない。

で 警察は
犯人の目星を付けてるの?

お財布が
なくなっていたらしいんです。

ほな 物取り?
でも 偽装の可能性もあるって。

偽装って じゃあ…。
これ 特集で 取り上げるんですか。

当たり前じゃない!

ニュースキャスターが 殺人事件の
真っただ中にいるのよ。

ハイジャックされた飛行機に
乗り合わせたようなもんじゃない。

私には できません。

どうして?

どうして? って…。

何よ? はっきりしてよ!

友達を… 疑うことになるから。

どういうこと?

考えてみると
みんなに 動機があるの。

真澄は 学生時代から 派手な子で

グラビアの
モデルなんか やってた。

お金のためじゃないの。
ただ 注目を浴びたいだけ。

そういう子だった。
異性関係も奔放で

そのころ 小林君と千恵は
付き合っていたんだけど

真澄が割り込んできて…。

寝取った?

まあ そういうこと。

でも すぐに捨てられた。
小林君の方がね。

真澄にとっては
単なる遊びだったの。

今 その小林君は
冬子と付き合ってる。

冬子は
真澄と 一番 仲が良かったの。

でも 小林君
まだ 真澄に 未練があるみたい。

噂だけど 真澄と 浮気してるって。

なるほど。
その冬子さんが 嫉妬して

殺したと考えられなくはない。

おーい!
ズルズル ズルズルって…。

お前 聞けよ!
うまい!

俺 その小林君が
怪しいと思いますね。

真澄さんは 人妻なわけでしょ?
浮気の噂が本当だとしたら

男女関係の もつれって線も
あると思うな。

千恵さんもね
昔のこと 根に持って。

他の人らは?

理佐にも
おんなじようなことがあったの。

憧れていた先輩を
真澄に取られた。

私が慰めたから よく覚えてる。

取ったり取られたり あんたら
どんな学生生活してたんや?

でも 理佐と千恵の場合は
昔のことだし

殺人の動機としては 弱いと思う。

それは どうかな?
女は 執念深いから。

うん… あっ あと
男性が もう1人 いましたよね?

増田君。 弁護士よ。

彼だけは
これといった動機はないわ。

たぶん。
ん?

ううん 別に。

みんな アリバイがないんですね?

冬子と小林君以外はね。

あの2人は
朝まで 一緒にいたらしいから。

事件に関与していたかどうかは
分かりません。

まず Aさん
Aさんは 学生時代に

Kさんと 恋人関係にありました。

しかし その 同じ大学時代に…。

(泣き声)

冬子は
高校のときから一緒だもんね。

(泣き声)

真澄に謝りたかったの。

何を?

あの旅行の 前の日に
小林君と 浮気してるって聞いて

ひどいこと 言ったのよ! 私。

そんな話 誰に聞いたの?

理佐。 現場を見たって。

でも 浮気なんて 嘘だったのよ!

そんな ガセネタを…
理佐も しょうがないな。

ねえ 少し 向こうで休もうよ。
ねっ?

≪おい
本気で言ってるのか? お前。

落ち着けよ。

また後で 連絡させてもらうから。

じゃあ。

あっ カメラさん。
こっち こっち。 ここ ここ。

急いで 抜いて。

あっ… おい おい…。 あ~…。

急げ 急げ!

あいつらも来てるんだ。

そりゃ
沢木さん 人気ありますから。

東京じゃ パッとしないけどね。
いいんですよ 沢木さん

関西人のアイドルなんですから。
何じゃ? そりゃ。

沢木さんの小説 読んだこと
あるんでしょ? 1冊くらい。

ないよ。
どうして 読まないんですか?

今 一番面白い作家ですよ。

お前 出版社の回し者か?

いや いちファンとして
言ってるんじゃないですか。

舞台の ほとんどは
京都なんですよ。

派手なトリックと
こてっこてのロマンス。

その辺が
関西人に ウケてるんだよな~。

あっ 俺 今日 持ってるんだ。

何だったら どうぞ 貸しますよ。
いらない。

嫌いなんだよ 推理小説。
≪カメラポジション ここで ええんか?

本格物はね。
≪カメラポジション!

あっ はい! 今 行きます。

すいません!

テレビ京都の…。
富永です。

ちょっと
お話 伺いたいんですけど。

ちょうどよかった。
文句があったんです。

えっ?

横領? 増田君が?

本人は 否定してますけどね。

管財人の立場を悪用して

遺産の一部を
株に つぎ込んだんです。

あの旅行の直前に
それが分かって…。

《頼りにしてるわ 増田君》

《うん ハハハハ…》

まさか 増田君が そんなことを…。

あいつは
弁護士の皮をかぶった 詐欺師だ。

真澄も どうして あんなやつを
管財人にしたのか…。

いや この間のね 番組についての
苦情を お聞きしてたの。

他にも怪しい人間がいるのに

それについて
一切 触れていないって。

怪しい人間?
谷 裕介。

真澄さんが死んで
一番 得したのは 誰?

谷家の財産 そっくり
相続したっていうじゃない。

でも アリバイは?

名古屋にいたんですよ あの人。

それに 実家は お金持ちだし

財産目当てっていう動機は
説得力ないな。

もう1人 いるんだな~。

あなた。

はぁ?

付き合ってたんでしょ?
増田君と。 でも 別れた。

その原因が 真澄さん。

あなたにも
動機がないわけじゃない。

誤解よ バカバカしい。

でも 付き合ってたんでしょ?

それは そうだけど…。

詳しく聞かせて。

私 学生時代に
同人誌に 小説 書いたりしてて

自分で言うのも変だけど
結構 目立つ存在だったの。

それが 真澄には
面白くなかったみたい。

ある日
真澄が 増田君を 飲みに誘った。

モデル仲間の女と一緒にね。

その子と増田君が できちゃった。

真澄が あおったのよ。

それで 私と増田君は 別れた。
それだけの話。

だから 特集 組むの 嫌がったんだ。
それと これとは 話が別よ。

でも 隠してたじゃないですか。
隠してなんかないわよ。

だって 昔のことだし
今回の事件に 関係ないもの。

それは どうかな?

私が やったって言うんですか?

確かに 増田君の一件は
殺人の動機としては

ちょっと弱いわよね。
でもさ 結局は あなた

真澄さんのこと
嫌いだったわけでしょ?

もう…! おらん 言うとるがな
しつこい…。 あっ…。

借金取り?

そういえば 表に
こわもての人がいましたけど。

あ~ この不景気やろ?

夜逃げせぇへんか? 言うてな
携帯しとんねん。

彼は どこに?

ああ 何か
急に 用ができた 言うて…。

もうね 戻るんやと思うんやけど。

あっ! 捕まっとる!

アホやなぁ。

弁護士の姿やないわ。

情けな…。

あっ…。 いや~ わりい わりい。
待たせちゃったな。

いや
事故で 新幹線が遅れちゃってさ。

新幹線って どこに行ってたの?

ん? ああ まあ… ちょっとな。

あっ… 出ようか。

みんな 出るって 言ってるのか?
うん。

やましいところはないんだから
構わないって。

まあ 半分
押しの強いディレクターに

乗せられたってところは
あるんだけどね。

いや いいけど 別に。
いや 俺だけ出ないってのも

変に思われちゃうしな。
じゃあ お願いします。

6時に
局の方に来てくれればいいから。

あっ ギャラは出るの?

うん わずかだけどね。

あっ そう… まあ いいや。

借金あるの?

見てた?
うん…。

事務所 独立しただろ?

金かかるんだよ 色々。

弁護士 イコール リッチ
なんてのは 昔の話さ。

裕介さんに聞いたんだけどさ…。

俺が使い込んだって あれか?

お前な 俺と あいつと
どっち 信用するんだよ?

そんなこと 言われたって…。

俺は 殺してないぜ。

やるんだったら
裕介も一緒に やる。

そして
谷家の全財産を奪ってやる。

変わったね。

何が?

昔と違う。

当たり前だよ。

社会に出て もまれりゃ
誰だって変わる。

お前みたいに
才能のあるやつはいいよな。

大した苦労もなく
食っていけるもんな。

そういう嫌みは
絶対 言わない人だった。

お前は どうなんだ?
私?

昔のお前は 友達を
疑うようなまねは しなかった。

あっ… 飲みにでも行かないか?

やめとく。

名古屋から松江まで行くとすると

新幹線で 岡山まで行き そこから
特急やくもに乗り換え…。

谷 裕介が 名古屋のホテルに
チェックしたのが 19時。

それから すぐに
ホテルを出たとして…。

犯行時間は 12時5分。

じゅうぶん 間に合うじゃない。

せやけど
真澄さんと 7時すぎから

30分も
電話で話してたっちゅうのは?

携帯だったら 問題なし。

そやな! よし
犯人は 谷 裕介で 決まりや!

どうも
7時15分から 48分まで

谷 裕介は 名古屋の スカイホテルから
電話かけてますね。

ホテルから 電話かけた場合
全部 記録が残るんですよ。

010…
これ 真澄の携帯に 間違いない。

48分?

ちょっと 新幹線 どうなってる?

えっと… 岡山で
やくもに乗り換えできるのが

名古屋発 19時34分の
のぞみが最後。

間に合わないじゃない。

これ 間違いないの?
いや 特別なコネを使って

ホテルから
直接 送ってもらったんですよ。

間違いありませんって。

携帯 違て ホテルの電話か…。

車 使たら?

うーん… 岡山で
新幹線から乗り換えたとしても

とうてい 間に合いませんね。

アリバイ成立ね。

ハァ… 亭主が犯人っちゅうのが
一番 面白かったのにな。

ということは

この5人のうち…。

じゃなかった 6人のうちの誰か
ってことになるのかな。

あっ!

いつの間に?

言っとくけど あんたが やったか
どうかなんてことは 問題ないの。

大事なのは 疑惑の1人ってこと。

疑惑だよ 疑惑。

それが
視聴者の興味を くすぐるの。

それが テレビっていうものなの。

さすが キー局で やってた人は
ちゃうわぁ!

やっぱり
一番 怪しいのは 増田かな。

どうしてよ!?

金銭トラブルの末
人を殺したっていうのが

一番 説得力あるじゃないですか。
単純な推理。

沢木さん
公私混同しないでくださいね。

ハッ…。

何それ?

今の 聞き捨てならないな!
だって 昔の恋人だからって…。

内輪もめ しない!

あれっ? 何で 私が なだめ役?

大丈夫?

テレビに出るの初めてだから
もう ドキドキよ。

緊張しないで 自然でいいのよ。

はい 本番 30秒前です!
皆さん よろしくお願いします。

じゃあ よろしくね。
沢木さん お願いします。

本番 15秒前!
15秒前 今夜も よろしく。

どうぞ よろしく。
はい よろしくお願いします。

はい 本番 5秒前。

4 3…。

(沢木・朝田)こんばんは。
(朝田)今夜の ニュースタイム7

予定を変更して 事件の関係者の
生の声からお伝えしてまいります。

今日は
宍道湖の殺人事件の関係者が

スタジオに みえています。

皆さんに お話を伺いながら…。
はい もうすぐ タイトル 出るよ。

それでは よろしくお願いします。

皆さんは 事件の日
真澄さんと同じホテルに

宿泊していたわけですが…。

まずは 当日の様子を 1人ずつ
伺っていきたいと思います。

では 小林さんから順番に
お願いします。

はい。

あの… え~…
ホテルに着きまして

すぐ 温泉に入ったんですが…。

その後 宴会をしたんですが…。
(増田の せき)

(増田の せき)

おい!

ちょっと 何? どないしたん?

増田君!?
おい 救急車!

救急車 呼んでくれ! 救急車!

救急車!
救急車!

(一同の悲鳴)

3カメ 増田さんに寄って!
1カメも!

駄目だ やめろ! おい!

VTR いきますか?
バカ言え!

3カメ 回り込め!

救急車!
おいって!

頑張ってね!
もうすぐ 救急車 来るからね!

ねっ? 増田君!

増田君?

増田君!

警部 警部! 現場は こっちです。

うん… いや~
殺しの生中継とは 世も末だ。

沢木さん。

ハァ…。

警察の人が
話を聞きたいって言ってます。

あの!

すいませんでした。

どうして 謝るの?

公私混同とか
偉そうなこと 言って。

公私混同してたの 俺の方でした。

失礼します。
(狩矢)まあ まあ まあ…。

京都府警 捜査一課 狩矢です。

こっちは…。

ハシグチです。

解剖は これからですが

死因は 薬物によるものとみて
間違いないでしょう。

薬物?

たばこに仕組まれていました。

たばこは 増田さんが
局内の自販機で買った物です。

それが 6時10分ごろ。

スタジオに入ったのが
6時50分。

つまり その40分の間に

誰かが
毒物を混入したことになります。

ほな この中に
犯人がいるっちゅうこと?

そうは言ってません。

しかし 先日の
松江の事件との関連も含めて

皆さんに
お話を伺いたいわけです。

え~ まず
増田さんと同じ控室にいた方は?

はい 単刀直入に伺います。

誰かが 増田さんの たばこに
手を触れているのを

見ませんでしたか?

うん…。

☎(着信音)

ですから おっしゃること
よく分かるんですけども

こちらとしても 今… はい はい。

分かりました。
どうも すみませんでした。

失礼します。 はい! ハァ…。

ちょっと スタジオ 行ってきます。
はい。

どうした?
もう ものすごい反響ですよ。

電話 鳴りっ放し。
やり過ぎだの もっと やれだの

これ 視聴率 すごいと思いますよ
きっと。

そりゃ そうでしょ。
殺人事件の 実況生中継なんか

テレビ史上 初めてだもん。
あんたらの おかげやわ。 万歳!

杉原さん!

そや 局長に 報告してこよう!
杉原さん!

例の約束。
あっ 任しとき! ヒヒヒ…。

何ですか? 約束って。
うわっ!

あっ うん ちょっとね。
ああ…。

数字が上がったら 東京に戻れる
って あれですか?

おしゃべり!
ふーん そういうこと。

私の知らないところで
密約があったわけね。

そういう人聞きの悪いこと
言わないでくれるかな?

報道に関わる者が どうした
こうしたって 聞かされたけど

結局 全部
自分のためだったわけね。

そうよ。
それの どこが いけないの?

逆ギレ?
じゃあ 聞くけど

あんたは
何のために 仕事してるの?

推理作家の片手間に
面白半分にやってるだけじゃない。

そんな人に とやかく言われる
筋合い ないわね。

そうですか。

よく分かりました。

なら 私は 今日かぎり
降ろさせてもらいます。

えっ?
出世のために

人を踏み台にするような人とは
一緒に 仕事ができません。

私が いつ
人を踏み台にしたのよ?

どうして
VTRに いかなかったのよ!?

えっ?
増田君が倒れたときよ。

しかも 苦しんでる増田君の
アップまで流した。

そこまでする必要って あったの?

テレビは
何やってもいいっていうの?

あなたは 1人の人間の死を
踏み台にしたのよ!

沢木さん 沢木さん!
いいよ。

奇麗事ばっかり。

推理作家の片手間は
言い過ぎだと思います。

お前は ADだろ!
ディレクターの私に 盾突く気?

そういうこと 言う人だと
思いませんでした。

見損ないました!

☎(着信音)

(着信音)

はい。

3日前に 増田君に会ったの。

2年前のこと
根掘り葉掘り 聞かれた。

2年前のことって?

真澄が 裕介さんと
初めて会ったときのこと。

私も 一緒だったの。
理佐も 冬子もね。

そうなんだ。
パーティーよ 真澄の会社の。

裕介さんも お父さんの
仕事の関係で 出席してて

二次会は
みんなで 飲みに行ったのよ。

それで?

ここだけの話よ。
うん。

実を言うとさ あのころ

裕介さんのこと 狙ってたの
私たち全員なのよ。

だって ほらっ! フッ…。

金持ちの次男坊で
あのルックスでしょ。

年頃の女だったら 玉のこしに
乗りたいって思うわよ 普通。

でも 私と冬子は
すぐに諦めたけどね。

だって
真澄が相手じゃ 勝ち目ないもん。

でもね 理佐は違った。

あの子 マジで
裕介さんに アタックしてた。

理佐が?
うん。

でも 結局は 真澄に 軍配。

理佐 かなり荒れたのよ 当時。

増田君 そのときのことを
しつこく 聞くのよ。

まるで 理佐を
疑ってるような感じだった。

まあ 無理ないけどね。

真澄に 2度も
好きな男を取られたんだから。

理佐…。

ホンマ 殺生やで。
これ なかなか…。

あ痛っ 痛い!
あっ ごめんなさい!

あ~ びっくりした あんた!
これ どうしたんですか?

いや 警察が来てな 関係の書類
持っていきよったんや。

ホンマに
あいつら 片付けよらへんで。

あっ 悪いけど
ちょっと 手伝うてくれるか?

すまんな。 もう 何でもええから
バーッ 段ボール 入れていって。

なっ? あーあ…。

警察の方
何か 分かったって言ってました?

それがやな 増田はん
横領しとったらしいんや。

もう… ショックやで。
そんなこと するやなんて。

ええ人やったの… あらっ?

あ~…。

あらっ? ちょっと…。

写真 のうなってる!
写真?

うん。
何の?

ん? いや 何が写ってたかは
よう 知らんねんけども

増田はん 写真 見て
こう ニヤニヤしてたんや。

エロ写真でっか? って言うたら
何千万もの価値のある写真やて。

何千万?
うん。

警察の人が持っていったんじゃ?

いや~ うち 立ち会うてたさかい。

これ…。

《いや
事故で 新幹線が遅れちゃってさ》

確か あのとき
新幹線で帰ってきたって。

あっ そやそや! うん うん うん。
どこに行ってたか 知りません?

いや~ 聞いてへんわ。
ハァ… 何が写ってたんだろう?

清乃屋。

ハァ…。

もう…。

よかった もう ホントに
来ないのかと思いましたよ。

このボールペン 調べてみてくれる?
何ですか? これ。

どこかのホテルか 旅館だと
思うんだけど

増田君の足取り 追いたいの。
分かりました。

あ~ もう やっと来た!
何してたん?

狩矢警部が お待ちかね。
早う 早う!

松江に 旅行に行ったメンバーの

人間関係について
詳しく知りたいんですが

あの旅行を計画したのは
どなたですか?

理佐です。 彼女 旅行代理店にいて

格安で ホテルが取れる
っていうんで。

そうですか 理佐さんが。

それじゃあ その 理佐さんから
いきましょうか。

学生時代 谷 真澄さんに
恋人を取られたことがあると

あなたの番組でも
言ってましたが…。

はい。
でも 10年近くも前の話です。

他に 何か 心当たりは?

真澄さんを殺害する
動機のようなもの。

もちろん これは 参考までに
お聞きしてるんですが…。

知ってること あったら
洗いざらい 白状しなさい。

そんな 取り調べみたいな…。

沢木さん。

聞いた話です。

2年前 真澄と裕介さんが
結婚する前ですけど

理佐は 裕介さんのことが
好きだったらしいんです。

うん それは 興味深い。

ということは 彼女は 真澄さんに

2度も
好きな人を取られたわけだ。

まあ…。

はい ありがとうございました。
参考になりました。

他の人は?

理佐さんのことが
知りたかったんです。

薬物の出どころが
明らかになりましてね。

理佐さんの 実家の近くの
メッキ工場から 盗まれた物でした。

現場から 毛髪が検出され

DNA鑑定の結果
理佐さんのものと一致しました。

動機が いまいち
はっきりしなかったんですが

今の話を聞いて
よく分かりました。

誘導尋問か。
とってもフェアな やり方。

お褒めにあずかりまして
恐縮です。

テレビ京都で 生放送中に
出演者が毒殺された事件で

京都府警は 今日
京都市下京区の 会社員

小川 理佐容疑者 30歳を

殺人の疑いで逮捕しました。

警察の調べによりますと
生放送の出演中に死亡した

増田 秀夫さんの 死因となった
薬物が盗まれた メッキ工場は

小川容疑者の 実家近くにあり

メッキ工場から 見つかった毛髪を
DNA鑑定したところ

容疑者のものと一致したことから
逮捕に踏み切ったもようです。

松江市で 殺害された
谷 真澄さんの遺族 谷 裕介さんは

小川容疑者 逮捕の知らせに
驚きを隠せない様子でした。

出雲に行ったときのですか?
そう 松江北署で撮ったやつ。

えーっと…。

あっ ありました 出雲取材。

ちょっと かけてみて。
はい。

あっ それ それ!
ちょっと 巻き戻して。

そこ そこ そこ そこ そこ!
それ!

やっぱり…。

このとき 指輪してた。

でも インタビューのときには
してない。

ふーん… だから 何ですか?

新婚夫婦が
突然 死に別れたんだよ?

しかも 死んでから
まだ 1カ月も たってない。

そんなに早く 結婚指輪って
外しちゃうもんなのかな?

ねえ どう思う?

いや 俺 結婚したことも
死に別れたことも ないからな。

離婚だったら 分かるんだけどね。
私も 指輪 すぐ捨てたから。

富永さん 結婚してたんですか!?

何 驚いてるんだよ?
いや…。

あれっ?
俺 たばこ なくしちゃったな…。

ここにあるよ。

あっ… ハハハハ…。

フゥ…。
≪(チャイム)

≪(チャイム)

九州 行くことなりました。
九州?

左遷。 飛ばされてん。
どうして?

うちの社長 古い人間やから

社員が こんなもんに 絡んでると
知ったら ただで済むかいな。

まあ
首にならへんかっただけ ましや。

ほらっ。

私も 会社に いづらくて…
近所の人には 変な目で見られるし

テレビになんか
出るんじゃなかった。

でも みんな 了解してくれて…。

よう そんなこと 言うな。

無実やったら 出るべきよって
半分 脅迫みたいに言うからやろ。

お前 理佐 売ったやろ?
(森)そんな言い方…。

かまへんやんけ
ホンマのことやねんから。

どうして
べらべら しゃべっちゃうの?

私は 警察には
理佐のことは黙ってたわ。

理佐の逮捕は
私のせいだっていうの?

少なくとも 協力はしたよな。

私たちは
利用されたようなものよね。

麻沙子は 人を踏み台にして
点数 稼いだんだわ。

言い過ぎよ。

もう 帰ろう。

ごめんね。

☎(着信音)
はい はい はい…。

☎(着信音)
はい もしもし?

☎ソウゲイ出版の 新倉ですけど。

あっ どうも。
☎先生 そっちに行ってませんか?

いえ 今日 放送 ないですから。
どうかしたんですか?

行方不明なんですよ。

原稿 ほったらかしにして
どこか行っちゃったみたいで。

えっ?

はい こっち こっち こっち!

早く 歩いてくださいよ
こっちだから。

あ~ もう!
どこ連れていくのよ!?

この先に
ボナペティって バーがあります。

そこで
沢木さん 1人で飲んでますから。

何で 私が行かなきゃいけないの?
言ったでしょ。

落ち込んでるんですよ。
相手してやってください。

だから どうして 私が 行かなきゃ
いけないんだっつってんのよ!

同僚じゃないですか!
同じ仕事してる仲間でしょ。

いつまでも いがみ合ってばかりじゃ
何も 新しいもの 生まれないから

仲直りしなさいって言ってるんです。
お前は 学校の先生か?

これ 富永さんが
調べろって言ってたやつ。

沢木さん これ 見たら
やる気 起こすと思うな。

じゃあ お願いします!

おい!
えっ?

バーカ!
何ですか?

こういうときは
お前が行くんだよ。

だから そう… あ~…
もう 仲直りしてほしいのに…。

知ってるんだよ。
気があるんだろ?

フフフフ…。

こういうときが 攻め時なのよ。
アハッ…。

優しい言葉の一つでも
掛けてあげてごらん。

女なんか ふらふら… そのまま
どこか連れ込んじゃってさ

けっ… とか くっ… ぐいっ…。

富永さん!

分かったよ。 何だよ? 体育会系!
はい!

いらっしゃいませ。

ビール。
はい かしこまりました。

沖が 心配してたよ。

フッ… 同じ穴の むじなか。

人を踏み台にして 点数 稼いでる
なんて 言われちゃった。

何だか
もう 分かんなくなっちゃった。

私が 京都 来た訳 知ってる?

上司 ぶん殴ったの。

フッ… 富永さんらしい。

汚職事件があってさ

ある 官僚の名を いけいけで
実名報道しちゃったんだ。

私は反対したんだけどさ
上司に押し切られちゃって。

で その官僚が 後から
潔白ってことが分かったのね。

そいつ
責任 取ろうとしないんだよ。

で ケンカになって ついつい
手が出て 鼻が折れちゃった。

そいつが 私の亭主だった。

えっ?

それが きっかけで
別れたんだけどさ

飛ばされたのは その腹いせ。

ぐちゃぐちゃですね。

どうせだったら 前歯の
2~3本でも 折っとくんだった。

あいつは
テレビマンとしては 最低なやつ。

その最低なやつに
私も なりかけてた。

でも あんたに言われて
気が付いた。

難しいよね。

私も
20年近く この業界にいるけど

いまだに よく分かんない。

テレビって 何だろうって。

まあ ベテランディレクターの私で
よく分かんないんだから

駆け出しの あんたが
分かるはずがない。

だから くよくよしたって
始まらないってこと。

登記簿?

谷 裕介の 実家。

ちょっと 気になることがあってさ
沖に 調べさせたんだ。

そしたら
金持ちなんて ガセもいいとこ。

土地は あらかた 手放してるし
兄貴の会社は 倒産寸前。

裕介自身も 2年前から
ノンバンクのブラックリストに載ってる。

2年前?

真澄と付き合い始めたころ?

財産目当てって動機は
じゅうぶん あったわけよ。

問題は アリバイ。

アリバイ…。

♬「パラッパララ~ パラララ…」
結構 いい生活だね~。

♬「いいえ私は さそり座の女」

私は かに座!

ちょっと待ってて 今ね
取って置きの持ってくるからね。

♬「お気のすむまで 笑うがいいわ」
アハハハハハ!

ん? ハハハ… あれっ? あれっ?
アハハハハ!

隠れファン!
違… 違う! ほらっ…。

一緒に仕事するからさ
参考のためにと思ってね。

10冊もね~。

あの まあ…
まとめて幾らってやつ。

安いやつ!
あの… 野菜みたいなやつでさ。

素直じゃないね。
ヘヘヘヘ… よいしょと…。

あっ それね 娘。
子供 いたの!?

あれっ? 何だよ? 何だよ?
どいつも こいつも…。

私が結婚してちゃ 悪いか?

子供いちゃ おかしいか? ん?
フン…。

でも カワイイ子だね。
そうなんだよ。

お父さん似だね きっとね。
うん うん。 私に似ちゃったらね

顔が ぺろーんと開いて
目が こんなとこ 付いて

お母さん 横 見ないと
前が見えない なんちゃって…。

コラッ!
アハハハハ!

アハッ…。

ナツミっていうんだ。
小学校3年。

今 どこにいるの?

東京。 別れた亭主の所。

おばあちゃん子だったの
亭主の方のね。

別れたとき 取られちゃった。

私も 仕事があったからさ

おばあちゃんと一緒の方がいいかな
なんて 思ったりもしたんだけど

あの野郎 約束 破りやがって。

会いたいときは
いつ 会ってもいい。

電話も いつ してきてもいい
なんてこと 抜かしやがって。

電話したって 出さないんだよ
あの クソったれ野郎。

だから 東京に戻りたいんだ?

娘 誘拐しちゃおっかな~。

ハァ…。

ん…。

うーん… もうちょっと…
もうちょっと 寝かせて。

電話。
ん?

ナツミちゃん。

あ痛っ…。

もしもし ナツミ? どうしたの?

うん うん…。

うん あっ そっか。 うん。

学校は どう?

うん うん。

そう よかったね~。

うん うん。

うん…。

ちょっと お母さん
風邪 ひいちゃったから。

うん。

うん 分かったよ。

うん。 はい。

じゃあね。

お前は
いつ 弁護士になったんだ?

一番 効くのよ。

親は 子供に会う権利がある。
電話で話す権利もある。

訴訟も辞さないって言ったら
旦那さん ビビってた。 アハハ…。

☎(警告音)

あいてっ…。

何してるの?

氷。
えっ?

氷!

うーん
まだ 酔っぱらってるんだから…。

あっ どうぞ!
あっ お忙しいところ すいません。

何ですか?
あっ お座りになってください。

ご注文は?
抹茶。

名古屋発 19時34分の
のぞみ25号 博多行き。

これに乗ると
岡山で 特急やくもに乗り継いで

23時44分には
松江に着きます。

12時5分の犯行時刻には
じゅうぶん 間に合うんです。

谷さんのこと 言ってるんですか?
電話は どうなるんです?

ホテルに ちゃんと
記録が残ってるんですよ。

警部 携帯にも キャッチホンが
あるって ご存じですか?

知ってますよ。

この消しゴムを
氷と思ってください。 あらかじめ

30分ぐらいで解けることを
計算した大きさの氷です。

まず
真澄の携帯に 電話をかけます。

2~3分 話したところで 例えば

お風呂のお湯が
いっぱいになったとか言って

相手を待たせるんです。
そのときに その氷を挟むんです。

それから すぐに 部屋を出て

今度は 自分の携帯で
真澄に かけ直します。

キャッチホンで
真澄は出るでしょう。

何かの理由で
ホテルの方の電話を切ったとか

適当に 言い訳をして。

その間も
名古屋駅に向かって 移動中です。

ホテルからは 約5分。

19時34分の のぞみには
じゅうぶん 間に合うんです。

理佐の単独犯行と決め付けるのは
早いと言ってるんです!

確かに 松江の事件についての
アリバイは崩れました。

それは認めます。 しかし
増田さんの方は どうなんですか?

あの時間 谷さんは
仕事の仲間と会食しています。

これは 確認が取れているんです。
共犯者がいるんですよ。

誰ですか?

それを調べるのが 警察だろうが!

お前は
何のために 税金 使っとんじゃ!

この 眼鏡だぬきが アホ!
あのね あの…。

何だよ?
そういう言い方…。

理佐は 自供したんですか?

捜査上のことは
お答えできません。

もう一度
洗い直してみてください。

谷 裕介にだって
動機はあるんです。

さすがは ミステリー作家。

推理としては 大変 面白い。

私…。

実は ファンなんです
ほらっ あの…。

東京京都殺人事件… あの
早口言葉みたいなタイトルのやつ。

私 あれ…。
話 そらさないでください!

もういいよ うちらは うちらで
勝手にやろう ねっ?

こんな ケツの穴の小さいやつを
頼りにした うちらが甘かった。

帰ろう! ねっ? 帰りましょう。

行きましょう 行きましょう。

人の神経 逆なでする女だ。

(ドアの開く音)
どうでしたか?

京都府警も しょせん お役所。

こっちは 分かりましたよ。
ホント?

全国に 清乃屋というのは
これだけ あります。

そば屋とか かっぽう料理屋とか
まあ 色々なんですけど

そのうち 旅館は
この1軒だけです。

松江?

旅館といえば あいびきですよ。

谷 裕介は
小川 理佐と できてたんですね。

2人は ここで
密会してたんじゃないかな?

それを 増田君に つかまれて
殺した。

そう! ねっ?
気に入らないな。

何がですか?
何か でき過ぎてるんだよな。

だいたいさ
普通 薬物を盗もうとするときに

わざわざ
近所のメッキ工場 入るか?

しかも
ご丁寧に 髪の毛まで 落として。

ほらっ あんたの小説にもさ

証拠が揃っていて
一番 怪しいってやつは

最終的に 犯人じゃないでしょ。

京舞妓殺人事件
ミヤコおどり殺人事件。

京友禅の秘密。 それとさ
東京京都殺人事件なんていうのは

死刑宣告されても
まあ 結局 無実だったんだよ。

何だよ? バカ面して。

嫌いだって言ったじゃないですか。
うるせえ いいんだよ んなの…。

全部 読んでるじゃないですか。
いいんだよ 今 そんなこと…。

ファンだったんじゃ…。
うるさいよ!

そういえばさ… 今日 狩矢警部
東京京都殺人事件のこと…。

あっ そうか!

私らに 何か
ヒント 残したつもりなのかな?

この 眼鏡だぬきが…。

まどろっこしいこと しやがって。
ええ?

ということは 理佐さんは
はめられたっていうことですか?

裕介と もう1人の誰かにね。

そうすると
千恵か冬子の 2人のうち

どっちかってことに
なりますよね。

でも 冬子さんには
小林君がいるからな…。

うーん…。

そういえば お通夜のとき

千恵が 理佐の髪を いじってた。
えっ?

まさか…。
可能性は 高いね。

理佐が怪しいって
最初に 言い出したのは 誰?

千恵。

それに 直接 警察に言わずに
あんたに言ったってのは

ちょっと 手が込んでるような気が
するんだよね。

お疲れさん。

どうしたの?
あした 九州 行くねん いよいよ。

あした? ずいぶん 急ね。

ああ…。

で 行く前に 謝っとけって
こいつに言われてん。

ごめん ごめん。 言い過ぎた。

何か こう 頭に
カーッと 血 上ってもうてん。

ごめんね。
いいのよ もう。

それより 冬子は?
一緒に行かないの?

フフッ… そのうち。

もったいぶらないで
いいニュースは 早く知らせてね。

ホンマやな。
暗いニュースばっかりやもんな。

うん… あっ ねえ そうだ。

小林君の新しい連絡先
教えといて。

あっ ええよ。

ええ?
うん。

え~ 北九州市。
北九州市。

小倉。
小倉…。

えっ あと…。

どうかした?

うん それと同じ物
どこかで見たことがある。

どこで?

思い出せない。

あ~ はい はい。

あの弁護士さんが
お尋ねになられたのは

このお客さまのことです。

この方は よく こちらに?

ええ 以前は よく。
いつも 女性の方と ご一緒でした。

女性…。
ええ。

あっ どうぞ そちらの方へ。

あの その女性は
この中に いますでしょうか?

さあ… いつも
サングラスを掛けていらしたんで

はっきりとは…。

最近は 来ないんでしょうか?
そうですね 火事があってからは。

火事?
はい。

半年前に お客さまの
たばこの不始末で 半焼しました。

実は 近所に 写真家の方が
いらっしゃるんですが

その方が 火事の様子を
写真に撮っておられましてね

その話をしましたら
その弁護士さん

えらく 興味を持たれまして。

その方の家 教えていただけます?

はい。 サクライさんと
おっしゃるんですが

確か 名刺があったと思いますよ。

(着信音)

もしもし? はい。

えっ? 理佐が 釈放?

そう 証拠不十分っていうことで

詳しいことは
まだ よく分からないの。

うん
今 そっちへ 向かってるところ。

狩矢警部が
島根県警にいるらしいんだ。

あの 眼鏡だぬき
何か つかんだみたいよ。

捕まえて 締め上げてやろうと
思ってさ… うん。 そっちは?

うん 火事の写真があるらしいの。
これから 見に行く。

うん じゃあ 後で。

あ~ ありました ありました。

このうちの何枚かだと
思うんですが 覚えてませんな。

あ~ どうぞ。
あっ すいません。

これ お借りできます?
結構ですよ。

(クラクション)

冬子? 何してんの? こんな所で。

千恵が いなくなったの
実家にも 会社にも。

それに
裕介さんも 昨日から 行方が。

2人とも?
嫌な予感がする。

真澄の別荘が 日御碕にあるの。

2人が一緒なら
そこ以外に考えられない。

とにかく 一緒に来て!
うん 分かった。

あれっ?
妙な所で…。

京都府警の刑事さん
こんなとこで 何してるんですか?

うん まあ…。

小川 理佐 釈放されましたね。
うん まあ…。

何か 真実でも
つかんだんですか?

うん まあ…。

うん まあ… うん まあ… じゃ
分からないな。

警部さん いいかげん
たぬき寝入り やめてくださいね。

この 眼鏡だぬきちゃん。

まあ… いいでしょう。

あなたには 勝てません。

アリバイトリックを
崩していただいたことに免じて

特別に お教えしましょう。

はい。

逮捕状は まだですが
重要参考人として

谷 裕介に
出頭を求めるつもりです。

ホント?
犯行現場付近で

不審な車を 目撃した人がいる。

真澄さんが殺される前日から
止まっていて

翌日には 消えていた。

京都ナンバー グレーのセダン。

調べたところ 谷 裕介の 車と
非常に よく似ている。

じゃあ やっぱり…。
うん 裕介は

ゆうべのうちに こっちへ向かった
という情報がありまして

現在
行方を追っているところです。

ところで…。

沢木さんは?

思い出したの あのボールペン。

どこで見たの?
千恵の部屋。

千恵…。

ここよ。
うん。

(着信音)

はい。 もしもし? 誰?

どうしたんすか?
シーッ!

いい所ね。

ここが… 日御碕!

沢木さんからですか?

日御碕… 誰かと一緒みたい。

おい! 車に乗って
電話を切らずに。 はい!

はい はい!

この先よ。

千恵は ここには いないわ。

何 言ってるの?

それより 写真屋さんに行かない?

頼みたい プリントがあるの。

たぶん あなたが写ってる。

どうして?

やけどの痕。

《どれ どれ…》

《あっ… やけどの痕》

《天ぷら 揚げてて…》

それ 清乃屋の火事のときの
やけどでしょ?

冬子 目を覚ましてよ!

あなた だまされてるのよ!

だまされてる?

あなたたち いったい…。

共犯は 冬子さん?
うん… あれっ?

あれっ?

あっ 切れた。
えっ!?

バッテリーかな?

もう 何やってるんですか?
こんな大事なときに!

私じゃないもの
向こうの携帯だもの 切れたの。

はい こちら 京都府警
捜査一課 狩矢 緊急事態 発生。

パトカーを 至急 回してください。

じゃあ 小林君とのことも
全部 芝居だったのね。

そういうこと。

2年前
真澄は この人に 夢中になったわ。

理佐も 千恵もね。

私も もちろん
すてきな人だなとは思ったけど

初めから 諦めてた。

真澄に勝てるわけないもん。

でも 彼は 私を選んでくれた。

初めは 信じられなかったけど
彼は 本気だった。

でも どうして? 真澄と
一番 仲が良かったじゃない。

高校のときから ずっと 一緒で。

ずっと 真澄を憎んでた。

真澄は 私のこと
親友だなんて言ってたけど

あれは 嘘。

彼女は 私を 昔から 軽蔑してた。

暗くて 地味な女を 引き立て役に
使ってただけなのよ。

ずっと それを感じてた。

私たちが付き合い始めたのは
誰も知らなかった。

それで 思い付いたの。

今なら 真澄の全てが奪えるって。

何もかも奪い取れるって。

《サンキュー》
《うん》

旅行のときを選んだのは
アリバイ工作のため。

真澄が殺されれば

まず 遺産を相続する
この人が疑われる。

それだけは避けたかった。

《あ~ ごめん。 ちょっと待って》

《ルームサービスが来た》

《ああ 俺 長くなったんで
いったん 切ったんだ ああ》

それで 新幹線に乗ったのね。

そうだ。

松江に着いてから もう一度
電話をして 彼女を呼び出した。

急用があると言ってね。

《どうしたの? いったい》

《ねえ どうしたのよ?
何 そんな怖い顔してんのよ?》

《ちょ… ちょっと 何!?》

《あっ… やめて!》

《あっ うっ…》

薬物を盗んだのは 裕介でしょう。

2年ほど前 例の メッキ工場で
働いていた男がいるんですが

その男が
裕介の なじみの店の常連で

以前 薬物の保管場所を
話したことがあると

供述が取れました。

理佐の髪の毛は 冬子が用意した。

友達同士だから…。
チャンスは いくらでもあった。

それで 増田君を?

仕方なかったのよ。

あんな写真
持ってると思わなかった。

増田君 私たちを脅迫したの。

それで やるしか…。

2年越しの計画なの。

もう 後戻りできない。

ネガを ちょうだい!

ネガを ちょうだい。

さあ…。

残念ね 全部 筒抜けよ。

切れてる。
えっ?

バッテリー…。

あっ…。

麻沙子!

あっ!

あっ うっ…。

沢木さん!

あっ!

待って 待って!
離して!

うっ! あっ…。
あっ…。

≪(サイレン)

あっ!
うっ… 冬子!

谷 裕介!

冬子 やめて!

これも
初めから 決めてたことなの。

失敗したら
そのときは 死のうって。

子供まで 殺すの?

おなかの中に
赤ちゃん いるんでしょ。

冗談じゃないわよ!
子供に会いたくたって

会えない親だって
いるっていうのに。

あんたは 自分で 子供を殺す気?

子供は 関係ないじゃない。

今 一生懸命
おなかの中で 生きてるのよ?

あんたたちの子だよ!

死ぬんだったら
産んでからにしな!

そうなのか?

冬子…。

(泣き声)

(泣き声)

(泣き声)

あの2人
とことん 愛し合ってたんだな。

バカだね それで 十分なのに。

世の中には 愛に飢えた人間が
腐るほど いるっていうのに。

うん 例えば 富永さんね。

いっ… 痛いな…。
カメラ!

(富永・沖)えっ?
持ってきた?

いや 一応
デジカメは 持ってきてますよ。

撮ろう!
一服しようよ。 腹 減っちゃった。

何 言ってるのよ? 今よ 今!

この瞬間でしか
伝えられないことがあるでしょ!

それが 報道ってもんでしょ。

さあ 撮ろう! もたもたしない。

ったく 沢木さん
誰かに似てきちゃって

嫌になっちゃったな。
いてっ! 暴力ディレクター!

コラッ!
ふざけるな 真面目にやれ!

(富永・沖)はい。

いきましょう。

いくか。 よし…。
はい!

本番! 3 2 1…。

松江 宍道湖から始まり
京都へと つながった

忌まわしい 殺人事件は

ここ 日御碕で
ようやく 幕を閉じました。

動機が
よく分からないんですよね。

そこには
非常に悲しい状況がありました。

このボードにある
人間関係の裏側に

もう1つの関係が
隠されていたのです。

Mさんと 真澄さんの夫である
Tさんが出会ったときに

生まれました。
はい 1カメ ボードに寄って。

彼らを脅迫したために

その命を
狙われたというわけなんです。

自分の友人が 一連の殺人事件に
深く 関わっていたことは

非常に つらく 悲しいことです。

ですが そんな彼女の悲しみに
気付いてあげられなかったことが

私の推理の
最大の欠点だったかもしれません。